小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

カテゴリー マンガ家別・さ行 の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

杉浦日向子 『百物語』 

江戸時代に「耳かき屋」なる商売がすでにあったと知って、江戸と言えばで杉浦日向子氏をすぐ浮かべたこるちです。

先日コメントで頂いたので早速『百物語』へ突入~。

百物語 百物語
杉浦 日向子 (1995/11)
新潮社

*詳細を見る

杉浦日向子
百物語

<作品メモ>
本書は1988年(昭和63年)8月、1990年(平成2年)12月、1993年(平成5年)7月に『百物語』(壱)、(弐)、(参)として【新潮社】から刊行されたものをまとめて文庫本1冊に改めて再発行したものです。
原稿は1986年(昭和61年)4月号~1993年(平成5年)2月号までの約8年間に渡って【小説新潮】に掲載。
途中半年間の休載期間あり。

1995年(平成7年)11月 初版発行
新潮社【新潮文庫
660P (解説含まず) 定価760円(本体738円)

杉浦日向子
1958年(昭和33年)、東京生まれ。
日本大学芸術学部中退後、江戸文化に魅かれ稲垣史生氏のもとで時代考証を学ぶ。
以後、江戸を題材とした漫画を描き、1984年(昭和59年)合葬』で日本漫画家協会賞優秀賞、1988年(昭和63年)風流江戸雀』で文藝春秋漫画賞を受賞。
また、『江戸へようこそ』『大江戸観光』など漫画作品以外の著書も多数。
1991年(平成3年)より‘隠居生活’へ入る。

---表紙裏扉より



この物語は、ご隠居が庭師を呼び寄せて閑居の退屈しのぎに奇妙な話を聞き始める…というところから始まり、最後の九十九話までこのご隠居さんが聞いた物語という構成になっている。

杉浦日向子氏はこの『百物語』で絵筆を置いて後、本当に「隠居生活」に入ってしまったようだ。
こんな面白い漫画を描いておいて絵筆を折る、なんて困ったお人だ。
まだ若かったのに。(当時まだ30代)
亡くなった今となっては本当に形見送りの文庫本になってしまった。

改めて、合掌。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。