小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

カテゴリー マンガ家別・あ行 の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

秋里和国 『Jazz-Tango』 

「ジャズ・タンゴ」= 男女の見境なく色欲にふけること。
「スイッチ・ヒッター」= 男でも女でもどっちともできるいわゆる「両刀遣い」のこと。

Jazz-Tango Jazz-Tango
秋里 和国 (1998/06)
小学館

*詳細を見る


優しい両親。頼れる悪友。水泳部のホープにして、湘南を闊歩するサーファー・鳥羽一臣の平穏な日常が、自分とそっくりの容姿をした山王丸が現れた日から、少しずつ変わりはじめ…。
愛憎の表裏にせまるサスペンス・ロマン!

-表紙裏扉より-



<作品メモ>
秋里和国
『Jazz-Tango』ジャズ・タンゴ


小学館プチフラワー】(#1~#5)
1997年(平成9年)9月号~1998年(平成10年)5月号に掲載。
小学館【PFコミックス】 1998年(平成10年)7月 初版発行版
定価 : 510円(本体486円)



=登場人物=

鳥羽一臣(うば かずおみ) 愛称:ズオミ
男子校の花形水泳部員(神奈川代表、真面目にやれば日本代表も夢じゃないと言われている)であり学園の「抱かれたい男No.1」のアイドルでもある。「俺はガキとバカの売る喧嘩は買わない」がROE(Rules Of Engagement)の鎌倉は湘南のサーファー、好物はバタール。私立鎌倉山学園の高校3年生(17歳)。

「シダ」れ桜 風に吹かれし 若枝を

ロッカーの落書き「シダ」に対し、一臣が書いた和歌の上の句。

梅原(うめはら) 愛称:梅ちゃん
一臣の悪友で高校の生徒会長。17歳。

鳥羽由実子(うば ゆみこ)
一臣の母。かわいらしい、天然ボケの女性。47歳。

鳥羽猛史(うば たけし)
一臣の父。禿げちょびんのおっちょこちょい。50歳。

山王丸夜明(さんのうまる よあけ) *名前が「夜明」だっただ!(今気がついた…)
一臣のそっくりさん。ロンゲのサーファーで趣味は「ジャズ・タンゴ」。一臣の前にルーズソックス&ミニスカートの女子高生の制服、髪に花の髪留めをつけた姿で現れる。山梨から鎌倉へ転校してきたアブノーマルな男子高校生。実は10歳の時から本田勇人に引き取られて水泳をやっていて非公式で日本記録タイを持つスイマーでもある。17歳。

手折りて君の 腕を縛らん

一臣の上の句に対して詠んだ山王丸の下の句。

本田勇人(ほんだ ゆうじん)
鎌倉山学園水泳部にやってきた新しいコーチ。元オリンピック強化チームのスイマーだったが、6、7年前の交通事故で左腕(ひじ下?)を失している。山王丸の保護者であり、水泳選手としてのコーチ。性格は…かなり歪んでいる。スイス人(シダという不治の病気で入院中)の妻オリビエがいる。
黒髪に口ひげの風貌は友井さん似。(作者の好みか?)


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

秋里和国 『ルネッサンス』 全2巻 

秋里和国(あきさと わくに)
ルネッサンス』全2巻

ルネッサンス1 -Renaissance- ルネッサンス:復興・復活の意。

14世紀頃の古典文芸の復興運動がもとで一般的には文芸・宗教・美術などの復活を意味する。



<作品メモ>
第1巻
プチフラワー
1989年(*平成元年*1月8日から) 11月号
1989年(昭和64年)は1月7日まで。
1990年(平成2年) 1月号、3月号、5月号 掲載
小学館【PFコミックス】
1990年(平成2年) 9月 初版発行
1990年(平成2年) 9月 初版版
定価: 500円 (本体485円) P193

オゾン層が破壊され白人だけが滅びた数百年後の地球。
警察官エドワードは、身元不明のアカリと秘密に同棲していたが、ある日、二人の前に滅びたはずの白人女性が現れ…!?
待望のSFヒューマン・サスペンス、第1集。

-表紙扉より



「このガンは確実に子どもに遺伝する…。

もうだめだ…今さら紫外線をさけて地下にもぐっても手遅れで…。
このままでは人類が滅亡してしまう」


「人類が滅亡する?





滅びるのはあんたら白人だろ



-- 続きを読む --

安野モヨコ 『さくらん』 

映画『さくらん』の原作は、『美人画報』や『ハッピーマニア』、最近では『シュガシュガルーン』『働きマン』のマンガでおなじみの安野モヨコの同名マンガ『さくらん』です。

さくらん さくらん
安野 モヨコ (2003/11)
講談社

*詳細を見る


<作品メモ>
安野モヨコ
『さくらん』(第1部:全13話)
イブニングKCDX
講談社【イブニング】
2001年(平成13年)9月号、2002年(平成14年)1、2、4、6、8、12月号、2003年(平成15年)1~5月号、7月号に掲載。
(*現在第2部は休載中で未完となっている)
2003年(平成15年)11月に初版発行
2003年(平成15年)12月 第3刷分
定価 : 857円(税別) P300

ところでマンガ『さくらん』の表紙右がわには作者の名前安野モヨコと縦書きしてあるが、その下には「庵野百世」という落款がついている。
言わずとしれたことだろうが、庵野とは安野モヨコの夫でアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の監督でも有名な庵野秀明の「庵野」だと思われ。
そう言えば、映画『さくらん』の中にも庵野監督出てました…。
きよ葉の初めての男は「俺だ!」「いや俺だ!」「俺だよ!」と言い張る俺だくんのひとりに出演しております。w(何やってんすか監督~!)
映画をご覧の方はそちらもご注目ください。

★【安野モヨコオフィシャルウェブサイト「蜂蜜」

★【映画『さくらん』公式HP


映画では、江戸は吉原遊郭を舞台にして描かれた遊女の中の遊女、「花魁」の物語。
もともと身売りされた幼少の頃から気の強さと負けん気が人一倍のきよ葉(*幼名「とめき」(*映画では子ども時代からきよ葉という名になっている)、花魁になってからは「日暮」)が最後には玉菊屋の花魁に昇り詰めるというある種のサクセスストーリーの様になっている。

しかしマンガではもっと暗いというか、人間の卑しい部分や逞しい部分、訳もなく不機嫌で遊女仲間の禿(かむろ)をいじめたりする、女の哀しい部分などは映画よりも強く滲み出ているかもしれない。
もちろん、きよ葉のあのさばさばしたところは同じだが、こちらももっと意地の悪い感じだ。

映画の方が色彩もキャラクターたちも華やかで玉菊屋の女将もほかの遊女たちも明るく愉快な表情を見せてくれていた。
マンガの中にある気だるげな物憂い雰囲気があまりなかったように見える。
多分、物憂いなダルイ雰囲気を払拭する勢いが椎名林檎の音楽にもあったのかもしれない。

平成風俗 平成風俗
椎名林檎×斎藤ネコ (2007/02/21)
東芝EMI

*詳細を見る


マンガには音楽がないからね。
豪華絢爛な色彩もびりびりくるような音楽も華麗な舞台装置もないマンガの『さくらん』。
では何があのマンガの魅力は何か?

それは、キャラクターの表情です。
もちろんストーリーや絵の上手さがあってこそだけども、映画との比較で優れている点を上げるとしたら、あの紙の上で描かれるキャラクターのインパクトでしょう。
そりゃあ映画の中の土屋アンナ菅野美穂木村佳乃も綺麗でしたよ、華麗でしたよ、艶やかでしたよ。
清次役の安藤政信は髷が似合いすぎてびっくりさ。

けども、まだ子どものとめき(きよ葉)が川原で同じ時頃の少女お染と泣くシーンや、新造になったきよ葉の「にやり笑い」、玉菊屋の遊女仲間、遣り手ばばあ達の人の不幸や失敗を楽しむ時のあの「ほくそ笑い」、助けてもらったきよ葉に信じて信じられる間夫がいて「随分幸せなんだなぁ…」と嫉妬する遊女仲間若菊の虚ろな顔、惚れた間夫にあっさり見切られた後のきよ葉の呆然とした表情…。

ふてくされ、妬み、恋焦がれ、信じて、裏切られて、でも笑う。

映画ではその豪華な小道具や音楽で彩られている部分をマンガでは(当たり前だが)ペン一本で表現している。
色も音もないからこそ、乱れた髪の一筋や光のない瞳や眉間のシワ1本が登場人物の心を雄弁に語るのだ。


セックスのシーンなんて、映画の方がよっぽど健全だった。
マンガの方がむしろ陰気で気だるく物悲しいのにそそる雰囲気がある。
ま、どっちが好みかは人によりけりでありんすね。

-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。