小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

カテゴリー 映画(洋画) の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

荻上直子監督の『かもめ食堂』つながりで ⑤ ジェイミー・オリバーの『給食革命』 

過去記事ですが、最近うれしいコメントがついたので再アップしてみました♪
まだ続くのか!?>【荻上直子監督の『かもめ食堂』つながりで】シリーズw第5弾。(ずっと前にやりかけて忘れていたともいう…)



といっても、かなーり前のシリーズ③で登場したイギリス人タレントシェフ、ジェイミー・オリバー君のドキュメントシリーズの続きなんだけど。(なんだかんだで結構気に入ってるこの番組^^;)

やる気のない口先だらけの怠け者の若者15人を相手に「一流レストランのシェフに育て上げる」シリーズは番組ラストでもちょろと紹介されていたように、翌年も続いていたらしい。
しかし、「生まれた時から5分も黙っていたことがない」というおしゃべりシェフ・ジェイミー君は、またまた新たなプロジェクト(それもかなり無謀な計画の)を立ち上げる。

それが後にイギリスの国家予算をも動かすことになる『ジェイミーの給食革命』(原題は ジェイミーのスクールディナー(2005年英) Jamie's school dinners)シリーズだ!





ジェイミーのスクール・ディナー DVD-BOX ジェイミーのスクール・ディナー DVD-BOX
TVバラエティ、ジェイミー・オリヴァー 他 (2007/01/25)
アーティストハウス
 *詳細を見る






いやいや、驚きのドキュメントです。(マジで!?やらせじゃなくて!?と思うほど驚いた)
前回の『ジェイミーズ・キッチン』でシェフ志望の無職の若者(問題児)たちが味に無頓着だったり、知らない味に対して非常に臆病であるとか、自身の苛立ちを料理の材料で八つ当たりをするといったことが不思議で不思議でならなかったんだけど、この番組を見てなんとなーく納得。
すべてのイギリスの給食がそうではないのだろうと思うんだけど(*番組では"低所得者層の学校"がターゲットだったと思う。裕福な学校はまだ違うのだろう…と思いたい)、小さな子供の時からジャンクフードやチョコレートバーなどといった偏った"給食"を食べ、また家庭でも同じものを食べるといった食生活を続けていればあのような若者が出来上がるわけだ…と他所の国のことながら愕然としましたわ。

もともとイギリス=メシのマズイ国、というイメージがあったんだけど、それは「食い意地が汚い事は宗教的によろしくないとされているから」→「料理そのものに感心が薄い」ということなのだろーなぁと勝手に解釈していたんだよね。
でも、事実はそのような単純なものではなかったらしい。

ジェイミー君は今回子供のくせに意固地な小中学校の生徒と、規則や手順を重要視する頑固な学校の給食おばさんたち、予算に縛られるお硬い役人を相手にイギリスのお粗末な給食事情を改善するべく孤軍奮闘するのであります。

最初は私も結構簡単な問題なんじゃないかと思ったんだよ。
ジャンクフードばかり食べるのも、未知の味に臆病なのも、ただ単に「体に良いおいしいものを知らないからじゃないの?」って。
だから、「おいしいものを食べさせてみればいいだけじゃない?」ってね。







しかーし、三つ子の魂なんとやらで、油ギットギトのジャンクフードを「おいしい」と言い、新鮮な野菜やグリルで調理したチキンでさえ「マヅイ!」と捨てる生徒が続出の結果に驚いたのはジェイミー君だけでなく見ている我々も同じじゃなかろうか。

"貧困層地区"の学校っていうけど、生徒たちは皆小綺麗でオシャレさんだし持ち物も古臭くないし、貧乏だからと痩せてガリガリ君な生徒は見当たらない。(むしろデ…げふんげふん)
ただただ「おいしくない」「今までに食べたことがないから気持ち悪い」というあきれた理由でお皿に乗った料理(フツウにおいしそうなのに!)をためらいもなくゴミ箱に捨てていく。
私から見ればヘルシーだしとっても美味しそうなのにぃーーーー

捨てるなんてありえへーーーん!!(これが貧困層なのか?)



彼らは要するに自分の食べたいものしか食べたくないワガママ食わず嫌い貧乏のようのだ。

すみません、私、自分が子供の頃は朝ごはんきっちり食べてもお昼にはお腹ぺこぺこで学校の給食は完食が基本でしたけど何か…?




同じイギリス人のジェイミー君も

「子供ってこんなんだったっけ…???
ボクも学生の頃は相当やんちゃだったし生意気な方だったかもしれないけど、あんなに意固地じゃなかったよ?」


と困惑するほどの敗北結果が続く。
低予算でできるだけヘルシーでおいしいものを作ってもどんなに食事が大事か説明しても子供達の態度は頑なで、おいしそうで新鮮なサラダなどは残され、“いつもの”酸化油っぽい訳わからなさげなジャンクフードばかりが「あれが食べたい!」と求められる。

もう私からしたら「食べるものを粗末にするなんてっ!!!!(怒)」と屁理屈ばかり言う生徒にまたまたイライラするというw(これってそーゆー演出なのかと思うくらいだ)

また頑固な給食おばさん(ノーラ)とも気が合わなくって、ジェイミー君もイライラしっぱなし。
しかし、このノーラおばさんがジェイミー君と衝突しながらも、後にこの給食革命でなくてはならない重要な人物に育っていくのは意外だった。
頑固なだけにその心に訴え一度信頼を得ると実に心強い相棒になるんだな。
もともと仕事にプライドを持っているが故の頑なさだったのか、食事(給食)が子供たちの健康にどれほど影響を及ぼすのかを理解すると率先して子供達を説得しようと努力する。
その姿は見ているこちらも好ましく頼もしいとうれしくなってしまうほどだ。




で、最初学校の中でだけ給食について改革しようとしていたジェイミー君だが、問題の根本は「家庭」からあるということに気がつく。
とある家庭を訪問し、その「家庭料理」の実態に直面してまた愕然。
そらそーだわな、「お弁当」=家庭で保護者が子供に持たせるものなんだから。
お昼にお菓子を食べてるコは親にそれを渡されているんだし。



「いつもそんなもの(ジャンクフードorお菓子)ばかりお弁当に持たせるの?」

「家は昔からこうね。楽だし、それに子供がほしがるし」


そうやって家庭での様子をしばらく観察してみる。
学校の様子もなんじゃこりゃだったけど、家庭でも子供達は腕白…というよりちょっとキレ気味のDQN…(げふんげふん)自分のワガママが通らないとすぐに奇声を上げて暴れるみたいな。
さらにその家庭での食事の様子を見ていたジェイミー君、本業シェフ魂が燃えるのか、「家庭でも出来る簡単でおいしくて栄養バランスのよい料理」(もちろんお値段もやさしい)をママンに伝授、食事がいかに子供の成長に重要であるか説明し、1週間でいいからとその食事を実践させてみる。



後日その家庭を再訪し、ママンにどうだったか聞き込み開始。

「驚いたのは…、きちんと料理した食事を与えると、子供たちがとてもおとなしいの」

「おとなしい?」

「いつもはすぐ大声出したり暴れたりするの。
でも最初の一日目から、なんて言うのかしら、そうとても落ちついたっていうか…」


「一日目から?」

「ええ、たった一日で。こんなに変わるなんて…驚いたわ」


食事が子供に与える影響が、身体的な面だけでなくその精神的な面にもこんなに如実に表れるもんなのか!?という目の前の事実に当のジェイミー君も本当に驚いたようだった。

しかし理屈の通る大人は説明で説得できても、意固地な子供ほど説得するのは難しい。
ジェイミー君はそんなわからずやの子供達相手に食事の大切さを時に楽しませ、時に笑わかせ、時にショックを与え、泣かせてしまう場合も怯まずにしかしユーモアとやさしさも忘れずにコツコツと訴え続けるのだった。






その甲斐あって、当初誰からもその趣旨を理解されず孤立無援状態だったジェイミー君の「イギリスの給食事情を改善したい!」という熱意は、給食おばさんから家庭のママン、当事者の子供達、そしてなくてはならない予算を仕切るお役所の会計担当者、果てはイギリス国家の首相(当時はブレアさん)にまで届くことになる。

一介のテレビタレントシェフが、学校給食のために国家予算から大幅に資金を増やすことに成功するのである。
ここまで見ると、こちらまで感慨深くなる。
まあ、もともとの予算が少なすぎたのだろうけども、どこの国でもお役所の予算をもぎ取るなんてなかなかできませんぞ。>あっぱれ!ジェイミー君。

もちろんこれはほんの序章にすぎなくて、ここから先が本当に大変なのだろう

全体を通して思ったのは、「食事ってやっぱ大事だよなぁ」ということ。
だって小学生の子供がそういった偏った食事が原因で便秘になって病院に担ぎ込まれるのがフツウって普通じゃないでしょ!?






実は仕事で知り合った方がイギリスの軍人さんと結婚して今月にはあちらで結婚式を挙げることになっているので、ふと思い出して昔書きかけて放っておいたこの記事をひっぱりだしてみたのだったりするw
がんばっておいしいゴハンを家庭で作ってあげてほしいなぁ。(多分、彼女なら大丈夫だと思う)

いつか彼女のお家にお邪魔してイギリスのゴハン事情を生で覗いてみたい。
あ、ついでにジェイミー君のレストランにも行ってみたいw
スポンサーサイト

フラン・ルーベル・クズイ監督 『TOKYO POP』 ②尾崎豊とダイアモンド☆ユカイ 

実は、この映画で歌ってる「Natural Woman」♪のキャリーとユカイ君の掛け合いがすっごく好きだ。


★【『TOKYO POP』ユカイ&キャリー・ハミルトン「NATURAL WOMAN」




ユカイ君はもともと声量はあるから、キャリーと張り合うつもりでがなろうと思えばいくらでもがなれるんだよね。
でも、この歌の時はキャリーの声に寄り添うようにエスコートしてるようにやさしい。

私はこんな風にやさしいユカイ君の歌声がもっともっと聴きたいんだけどなぁ。

ちなみに、このベッドシーンは監督がじれるくらいユカイ君が照れて恥ずかしがって大変だったそうだw。(ただ上半身裸でベッドにいるだけのシーン)
ほんとにカワユイ男だよ。

この時ウエンディを慰めるためにユカイ君(ヒロ)が「ナチュラル・ウーマン」を「ユーメイクミ♪フィールラァイク、ナーチュラル…マァン♪」とお茶目に変えて歌ってたけど、後に同じタイトルでユカイ君について語った本が出ている。>「NATURAL MAN」(多分もう絶版…)

あ、まだあった?

ナチュラル・マン ダイアモンド・ユカイパーソナルブックナチュラル・マン ダイアモンド・ユカイパーソナルブック
(1989/07)
田所 豊、朱雀 正道 他

*詳細を見る




昔、某ラジオ局で「SFロック・ステーション」という深夜番組があってその中で最初の15分間の「ロックンロール宣言」というコーナー(*最終回は1993年7月2日)でパーソナリティーを務めていた藤沢映子さんがインタビューしそれをまとめた、バンド本「HAPPY」となんか混乱してるな^^;。


HAPPY RED WARRIORS―レッドウォーリアーズ・ストーリーブックHAPPY RED WARRIORS―レッドウォーリアーズ・ストーリーブック
(1988/11)
藤沢 映子

*詳細を見る



ロック番組って今あんのかしらね…^^;。
ラジオのロック番組って言うとハーフか帰国子女かと思うような英語流暢辛口ノリノリでワイワイワッショーイ「イエ~イ!!みんな、ノッてるかーい!!」的なお祭り騒ぎなイメージがあるかもしれないけど、この番組はパーソナリティーの人柄か、とても静かでまじめなでも音楽に対して真摯な情熱を感じさせるひたむきな雰囲気があって好きだったなぁ。(時にはキツイ意見もあったような気がするけど)
英語もそう流暢でもなかったけど、やたら形容詞に英語を挟んだりして「ロックっぽく」聴かせるってこともなく、リスナーに対してもバンドや歌い手に対してもリスペクトを忘れない、けど堅苦しくないってところが人気のあった所以だったと思う。
なので、彼女がインタビューするとガードの固い歌い手もついべらべら己をさらけ出しちゃうという伝説もあったとかなかったとか。

そういえば、当時ネット環境はおろかTVも持ってなかった私が唯一音楽情報源として仕入れていたのがこの「SFロック・ステーション」だったかもしれない。




ところで監督のフラン・ルーベル・クズイ氏は、最初このヒロの役を探して日本の音楽シーンを漁っていて、その頃音楽PVで見た尾崎豊に目も心も釘付け「彼しかいない!!」と監督自らわざわざ日本の事務所にまで出演依頼の交渉をしに来ている。


壊れた扉から壊れた扉から
(2001/04/25)
尾崎豊

*詳細を見る



監督が直接会って話した尾崎はPVのイメージよりも「まじめで知的で真摯、そしてなによりハンサムだった」そうだ。
しかし、尾崎本人とこの映画の脚本について話し合った結果、「これは僕の役ではないと思う」という結論に達し、監督もそう感じて尾崎主演の映画となるはずだったプランは消えたのだった。
ちょっと観てみたかった気もするなぁ>尾崎豊の『TOKTO POP』。

「尾崎しかいない!」と意気込んでやってきたクズイ監督が、「じゃぁ誰にしよう…」と思案していた時に当時同じ事務所だった、じゃらじゃらしたアクセサリーに長髪スレンダー、ひょろ長いのっぽのシャケが登場。

「バンドマン探してるんだって?
 昼飯おごってやるから付いて来なよ、ぴったりなヤツ紹介するからさ」


監督けっこうビビったらしいw(ヘンなところ連れ込まれたらどうしようって)




「で、連れて行かれたのが下町のカレー屋で紹介してもらったのがユカイだったってわけw」

最初紹介されたときは尾崎と正反対なユカイ君に「えーーーー???」と思ったという監督、あなたは立派にオンナですね。
尾崎はぱっと見「ハンサムガイ」だけどユカイ君はどっちかってーと「ファニーフェイス」だもの。
それに尾崎の音楽PVを見て「これだ!!」と思った人がレッズのPV見れば「真逆じゃねーかよw」と思うじゃろ。



しかし、しばらくユカイ君とお話ししているうちに笑い転げて

「ヒロ役はユカイしかいないわ」

と思うのにそう時間はかからなかったという。
ちなみにユカイ君の名前は田所豊
ちなみにベースのキヨシ君は、同じ事務所所属の尾崎豊のローディー(裏方)くんだった。
レッズがメジャーデビューすると決まって「おれ、表舞台でやっていけるかなぁ…」と悩んでいた時に、「キヨシならやれるって!」と背中を押したのも尾崎だった。

というわけで、尾崎がいなければキヨシ君がレッズでベースを弾いていなかったかもしれないし、ユカイ君主演の『TOKYO POP』は存在しなかったかもしれない。




★【『TOKYO POP』フラン・ルーベル・クズイ監督インタビュー&RED WARRIORS 「WINE&ROSES バラとワイン」





当時ユカイ君の英語は映画の役まんま実にブロークンで、まるででたらめだったらしいけどしゃべっているとおかしくて楽しかったんだそうな。
あっち(アメリカ)でもでたらめ英語で臆することなくいつの間にかスタッフとも溶け込んでいって「おまえっておもしれーな!」とすぐコミュニケーションがとれたとか。

この映画の成り行きそのものも、当時の時代の匂いをも醸し出してると思う。
映画の作りそのものは、昨今の「よく出来てる映画」と比べると技術や予算の関係もあって安っぽく見えるような気がするけど、でも、

ユカイ君の魅力バクハツな映画なので、大好きで何度も観たし、また観たくなったー。

それにもうすぐクリスマスだ。
クリスマスソングっていろいろ出てるけど、こるちのベストクリスマスソング集には必ず入っているのがレッズのこの「バラとワイン」。

時代を反映してかなりバブリーな雰囲気だけど、こんな楽しいクリスマスソングってあんまりないよね。
下品だけどシャイ!?ふざけてるけどピュア!?貧乏だけど心は錦!!みたいなところが今も大好きだ!




フラン・ルーベル・クズイ監督 『TOKYO POP』 ①ダイアモンド☆ユカイ初出演映画 

そのユカイ君が主演した映画がある。(あれ?主役はキャリーだっけか?なんかインパクトはユカイ君の方が強いんだけど)
日本が舞台のアメリカ映画なので、ちょっと「なんじゃこりゃ!?」な部分もあるけど、おおまかには違和感はなかったかなぁ。
なんちゃってやくざ&デカ映画の『ブラック・レイン』よりは…。
あ、役者や映画のノリは好きですよw
でも日本の暴走族、オフロードバイク使いませんからー!! 
つか刀振り回して片手でバイクなんか乗れるかーー!(*刀=右手だったらアクセル使えない、刀=左手だったらクラッチ使えない)
せっかくの残酷シーンなのに笑っちゃったじゃないかー。





トーキョー・ポップ』(1987年)はクズイ・エンタープライズの制作。
当時まだできたての制作会社だったのでは。
監督の脚本がよかったと思うけど、ある意味ナチュラルな「日本」(ガイジンの目から見た)を描いてあったように覚えている。

でも多分、ユカイ君のあのキュートさは脚本の段階では想定外だったんじゃないかな。



★【TOKYO POP ダイアモンド☆ユカイ  BLUE SUEDE SHOUS




うーん、映画での他のメンバーって「ああ、80年代の匂いがする~…」と思っちゃうんだけど、ユカイ君だけは時代を感じない!?
20年前の映画なんだけど、ユカイ君って…ユカイ君のまんまなんだなぁ。

さて、そのユカイ君の役どころはまんまチンケな日本のアマチュアバンドマンで、アメリカからやってきたワイルドな金髪美女ウェンディ(もともとはブルネット?)と恋に落ち、一緒にバンドを組んでデビュー→大ヒットをかますというサクセスストーリー。
…というのはホントのような冗談なような下地で、英語の歌を歌うくせに英語はしゃべれないしよく分からないチンピラ日本人バンドマン(ヒロ)と、アメリカはN.Y.で歌手を目指したものの挫折、友人からの手紙で日本での成功を夢を見てやってきたキャリー・ハミルトン演じるウェンディが出会い、文化の違いから衝突しつつお互い「歌で成功したいんだ!!」という共通の夢を通じてバンドを組んだら、日本でメジャーデビュー&大成功…でもそれって「ワタシがガイジンだからじゃないの???」と気がつき…という内容はアメリカ映画の割りにまっとうな文化論を投げかけたアメリカ映画だったと記憶している。

ちなみに出演したのはレッズのメンバー全員じゃなくVoのユカイ君だけで、映画でのバンドのメンバーは別に召集してある。(レッズのメンバーで出せばええに…と思った)
あ、でもこの映画には丹波哲郎とか塩沢トキとか黒木瞳とか、当時まだ無名の三上博史とかアマチュア時代のX-JAPANのYOSHIKIとかけっこうメジャーどころが出演していたらしい。
あれ、メンバーのシャケ、キヨシ、コンマ君も、クソミソに言われている事務所の社長さんもエキストラで出ておったようだ。(詳細はすっかり忘れてるなぁ…)



ただ、レッズが映画のプロモーションを兼ねてTVの歌番組に出た時は
「最近勢い付いてるレッズのユカイ君が今度はアメリカ映画の主演に抜擢~!!」
「日本のバンドが全米でメジャーに!?」
とやや大風呂敷な感じで紹介されてるのが、レッズらしいといえばレッズらしいw。
(古館のからみは今見るとなんかやらしくてキライ…)




★【RED WARRIORS 「FOOLISH GAMBLER」 LIVE ON TV




TVでも言われてるけど、悪ぶってるけどやっぱカワイイんだよねー>ユカイ君。

FOOLISH GAMBLER」も、歌のモデルはユカイ君の友達なんだよ。
曲は…やっぱシャケだなぁ。

このシャケがよく弾いている青いストラトビルローレンスのかなり安いタイプのものだ。(たしか当時で2,3万円代だったような)
だいたいメジャーになるとギタリストは何十万円もするような高級レアギターを手にしたがるものらしいけど、シャケはメジャーになって売れても基本はこの青いギターを好んで弾いていた。
ギターの構造的なことはさっぱり分からないが、「シングルでピックアップ1個というシンプルさ」がまたシャケのこだわりに合ったらしい。

「安いけど気に入ってるんだよね。
高いギターとかいろいろな機能付きの弾きゃ巧いとかカッコイイってもんでもないし、むしろ安いギターだけども俺の方が弾けてるって方がカッコイイよなーっなんてw

それに○○モデルって売り出してるようなギターは高くて貧乏学生には手が出ないけど、これだったら中学生でも買えるしねw」





シャケのそんなところが好きでした…。

その青いストラトシャケモデルとかシャケギターと呼ばれている。
当時は年間販売台数で2年間首位だったというくらい売れたらしい。(今も売ってるのかな)
他にもシャケの「S」とドル箱スターの「$」をもじったイメージのビルローレンスのファイヤーバードというシルバーのギターはシャケデザインで、そのストレートなところもまた好きでした。



トリビュート・トゥ・ストラトキャスター~誕生50周年トリビュート・トゥ・ストラトキャスター~誕生50周年
(2004/08/04)
オムニバス

*詳細を見る


↑意味はあまりない上に映画とも関係はない^^;。
ストラトって意味もわからずあの頃憧れのギターだったなぁ…。





さて、いきなり映画に戻ると、最後でウェンディは「ガイジン」として成功した日本を去り、自分のホームN.Y.で新たに自分自身の挑戦を続けることを決める。
ヒロはヒロで、「ガイジン」パワーで受けていたバンドではなく、「自分自身の歌を歌う」ことを目指す。
それは、恋人だったふたりが離れ離れになるということを意味するのだが、最後に彼らはとても大事なものをお互い手に入れるのだ。

★【TOKYO POP







最後に、ユカイ君がキャリーの顎を「ちょいちょい」と引き寄せてキスするんだけど、キュート過ぎです。(爆死)
照れ笑いのキャリーが素っぽくてこっちまで恥ずかしくなりそうなくらい。
そのウェンディ役のキャリー・ハミルトンは、後年癌のため38歳の若さで他界してました…。(-人-)合掌。


tokyopop ユカイ&キャリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。