小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

04月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

GWです。黄金週間開幕です。 

風邪ひきました…。

でも、ツーリングに行ってきます。
ヨロ…。

明日出発できるだろうか…。
スポンサーサイト
バイク *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

終わってしまった… 

あああああ~、またひとつ終わってしまった…。

結構楽しみにしていた深夜アニメ…『闘牌伝説アカギ』。

結局牌運びなんて少しも分からぬまま、最終回(第26話)を迎えてしまった(T T)。
-- 続きを読む --
アニメ *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

秋里和国 『デッド・エンド -袋小路-』 ② 

タイタンへの招待客
改めて、『デッド・エンド -袋小路-』に収録されている短編SF作品です。
*【別冊少女コミック】 昭和57年(1982年) 11月号増刊掲載

<登場人物>
ユウコ: タイタンへ招待された地球側の宇宙飛行士。脳天気な好奇心旺盛なお嬢さん。エバンを慕っている。

エバン: ユウコと違い、神経質で無愛想なタイプ。「デリケートでリリックな」性格でタイタンまでの航海中は食欲不振に不眠症になる。

所長?: タイタンと交渉する地球側の担当者。タヌキオヤジ。

ソギエ: タイタン人♂。本名ソギエ・ベヘーレン。

レーエン: タイタン人♀。本名レーエン・セベイエ。

コラーナ: タイタン人♂。タイタン人の長。

-------------------------------------------

地球土星の衛星・タイタンを発見してから1年。
タイタン側から非公式に招待を受け任務に赴いた2名の宇宙飛行士がいた。
地球人として初めてタイタン人と接触する重要な任務に選ばれたのは、神経質なエバンと脳天気少女ユウコ
タイタンの荒野を宇宙服で散歩中、タイタン人・ソギエに出会い、タイタン人の歓迎を受けるユウコ。
地球人のユウコが転ぶと同じように痛がるタイタン人。
タイタン人には激しい感情の波動を敏感に受け取る繊細な能力を持っていた---。

「いたー」

「いった~」

「なんでいたいの?」

「あんさんが痛いからやおまへんか、あー、痛い」

「?」

「わっ!、こりゃい痛いわ」

「え?」

「地球人の感情が出す波動は強い 聞いとったがこない強いとは思わんかったわ」


と激しい喜怒哀楽に免疫のないタイタン人はユウコの些細な痛みや驚き、喜びや悲しみにも敏感に共感してしまう。

(タイタン人が変な関西弁なのは「きつーい西部なまりの米語」でしゃべっているという設定なためです。)

歓迎を受ける最中、うっかりレーエン♀の足を踏んずけてしまったユウコに騒然となるタイタン人。

タイタンでは足を踏む行為は「求婚」の合図だった。

人口比率の関係上なのか同性同士の結婚も問題ないとするタイタン人。
レーエンが足を踏み返せば結婚は成立するという。
滞在中、エバンが事故死するというアクシデントに混乱するユウコとその激しい喜怒哀楽に引きずられるソギエ♂とレーエン♀。
感情に突っ走った三人が辿り着いた果ては…?
-- 続きを読む --

ギンコ椅子発見☆ 

★北欧はデンマークの家具などのニュースを発信中の【北欧アラカルト】コペンさんのブログから発見!↓参照
★Ginko椅子!?


お値段は3,300Kr(クローネ)
     ∥
1kr=19.18円  (2006年2月3日付、円安クローネ高だそうで)
     ∥
   63,294円!
た、高いよぅ☆(@‐@)!  
(でも北欧家具にしては妥当なお値段だそうです)




むむむ、物価が高いのはビミョーだが、行ってみたいな北の国。
北欧って、この字(音)から受ける印象がとても好影響を与えている気がする。
日本旅行北欧部門・北欧旅行
KLMオランダ航空のオンライン予約のHP
北欧総合情報サイト-マーブル・プラス-
北欧専門旅行会社フィンツアー *現地も日本語サポート付き!
★日常的な北欧ことばならHoppeさんのブログ→【ちょこっと北欧語



とやや強引に『蟲師』繋がりで紹介してみました~。
…つか、終わっちゃったんだよぅ(>‐<)°TVアニメの『蟲師』。
26話分のアニメ化は決まっていたので、当然26話分放送すると思っていたら、民放TV放送は全20話までだったのだ…。
-- 続きを読む --
アニメ *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

秋里和国 『デッド・エンド -袋小路-』 ① 

デッド・エンド

双子のフットボール選手、マークルーカス
弟を愛するがゆえ、自分の中にある‘スター性’を恨むマーク。
彼らのたどる皮肉な運命を、イラストレーター・メイベリの目を通して鮮やかに描く、感動のグッバイ・ストーリー。
表題作ほか、「オリジナル・シン」「タイタンへの招待客」収録

(表紙裏扉より)


<作品メモ>
デッド・エンド -袋小路-』
秋里和国傑作集
小学館 【別コミ フラワーコミックス】 出版
昭和60年(1985年) 9月 初版発行
定価: 370円 (本体 359円) P189 *平成2年(1990年)第17刷発行分
ああ、消費税3%の頃ですね。橋本龍太郎め~。消費税は上がらないんじゃなかったのかよ~(怒)。中●に媚売って国まで売る気かっ(怒)。



デッド・エンド -袋小路-
別冊少女コミック
昭和59年(1984年) 10月号、11月号に掲載

オリジナル・シン -原罪-
【別冊少女コミック】
昭和60年(1985年) 7月号に掲載

タイタンへの招待客
【別冊少女コミック】
昭和57年(1982年) 11月号増刊に掲載

『巻末おまけのページ』

------------------------------

『デッド・エンド -袋小路-』
この作品は、ゴダイゴのアルバムの中にあった『DEAD-END』という曲があり、タイトルはそこから頂いた、と作中オマケの1/4ページで作者が語っております。
私はこの曲は知らないのですが、作者が

「デッド・エンドかァ、響きがいいなァ。行き止まりかァ、つかえるなァ」

と、呟いているところを見ると、どうもタイトルからストーリーが生まれたタイプの作品のようです。
-- 続きを読む --

フィリップ・ノイス監督 『裸足の1500マイル』 

<作品メモ>
2002年 オーストラリア映画(UNIVERSITY OF QUEENSLAND PRESS)
原題:『RABBIT-PROOF FENCE
邦題:『裸足の1500マイル』2003年公開
裸足の1500マイル
GAGAホームページ

監督・製作:フィリップ・ノイス PHILLIP NOYCE
1950年 オーストラリアニューサウスウェールズ州グリフィス生まれ。
その他の関係作品:
ラスト・ジゴロ』'87
『ブラインド』'89
パトリオット・ゲーム』'92
硝子の塔』'93
今そこにある危機』'94
『セイント』'97
ボーン・コレクター』'99
『The Qwiet Amerikan』'02


製作総指揮:ジェレミー・トーマス JEREMY THOMAS
1949年 イギリスロンドン生まれ。
関連作品:
戦場のメリークリスマス』'83
ラストエンペラー』'87
『シェルタリング・スカイ』'90
リトル・ブッダ』'93
『魅せられて』'96
BROTHER』'01


撮影監督:クリストファー・ドイル CHRISTOPHR DOYLE 中国名:杜可風
1952年 オーストラリアシドニー生まれ。
関連作品:
欲望の翼』'90
楽園の瑕』'94
恋する惑星』'94
天使の涙』'95
ブエノスアイレス』'97
初恋』'97
サイコ』'98
花様年華』'00
HERO』'02


音楽:ピーター・ガブリエル PETER GABRIEL
1950年 イギリス、ロンドン生まれ
プログレッシブ・バンド「ジェネシス」の元メンバー。
脱退後はソロで活動中。


原作:ドリス・ピルキングトン ガリマラDORIS PILKINGTON GARIMARA
1937年 西オーストラリアジガロングから60Km北西の集落生まれ。
映画の主人公、モリーの娘。
モリーと共にムーア・リバー居留地に強制収容された。
'02年現在、29人の孫を持つ祖母となっている。



出演:
モリー・クレイグ MOLLY CRAIG 
エヴァーリン・サンピ EVERLYN SAMPI
 1988年 西オーストラリア、ダービー生まれ。


グレイシー GRACIE
ローラ・モナガン LAURA MONAGHAN
 1980年 西オーストラリア、ボートヘッドランド育ち。


デイジー・クレイグ DAISY CRAIG KADIBIL
= ティアナ・サンズベリー TIANNA SANSBURY
 1992年 南オーストラリア、メートランド生まれ。


ネビル監督 NEVILLE
= ケネス・ブラナー KENNETH BRANAGH
 1960年 北アイルランドベルファスト生まれ。
関連作品:
『ヘンリー5世』'89
から騒ぎ』'93
ハムレット』'96
『セレブリティ』'98
『恋の骨折り損』'99
ワイルド・ワイド・ウェスト』'99
ハリー・ポッターと秘密の部屋』'02





見たのは最近ですが、かなりお気に入りの映画です。

もともと見ようと思ったのは以前(それこそ'02年頃ですか…遠い目)映画館でこの映画の予告を見た時に【撮影 クリストファー・ドイル】とクレジットがあったからでした。
-- 続きを読む --

桜 さくら サクラ SAKURA そしてお花見♪ 

やっと桜が咲きました♪
桜1

川に沿ってたっぷりと桜が咲いています。
桜2


桜3


桜4
桜のこの皮からとれる染料を使うと、咲きほころぶ花と同じ薄紅色に染め上がるといいます。


桜5
桜を見るのも楽しいけど、花見をしているヒトを観察するのも楽しい♪

桜6


桜7

桜咲く、さくら咲く、見上げると春を謳う。








桜8

何気ない日常の風景も、この一瞬の季節は美しくて。

桜9

-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 6  * top △ 

祝 2000ヒット! 

うわーい、よく分からないけどなんだかうれしい!(^∇^)!


公園マンガの蟲干し(むしぼし)と思いつつ始めましたが、どうも脱線気味で未だ「あ行」の「あ」からも抜け出ていない【じるこん堂】です。
まま、こんな僻地にようこそ!

お茶でもいかがです?
抹茶と和菓子
こんな季節にぴったりの和菓子と一緒にまったりしていってください。


あー、今日はぽかぽかと暖かないいお天気ですねぇ。


今週末は雨っぽいらしいですが、やっと桜のお花見に行けそうです。
夜桜、雨桜、なんでも桜を見るとひっそりとわくわくするのはどうしてなんでしょうか。


格子窓

今年のこるち家のメインカレンダーは日産 NISSANの車カレンダーなのですが、この2006年のテーマが「風の国」と題して、日本各地にあるそれぞれの季節を表現する「風」の名前と風景&日産の車(笑)が紹介されているものです。
いやしかし、なかなか風流ですよ。
縁側




例えばこの4月では石川県金沢の「風」がこう紹介されています。

花の下風【はなのしたかぜ】
「まだまだ日差しがやわらかい春の頃、桜の木の下を静かに抜ける風にこの名前がある。
古都の小道を行き過ぎると、薄紅色の桜の花びらが優しく風に舞いながら迎えてくれ、流れる時間までも洒落た雰囲気になる。」
日産マーチ MARCH



ね、ステキでしょ?



他にも3月では福島県裏磐梯の「風」

光風【こうふう】
「うららかな春日和が続く頃に吹き寄せる風や、雨上がりに草木の間を吹き渡る風の名前。
確かに色付いた木々の新芽が水滴で輝きながら揺れると、風が光るような気がする。
その景色と暖かな空気に、旅の心がいきいきと弾んでいくようだ。」
日産セレナ SERENA





ううーん、『風の名前』って本が読みたくなります。
とりあえず2000ヒット記念ということで、店主…ではなく友人のロビン君に和菓子を届けてもらいました。
友情出演

「どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします(^‐^)」

日記 *  TB: 0  *  CM: 3  * top △ 

秋里和国 『花のO-ENステップ』全8巻 

花のO-ENステップw
何か女らしさのある男と
何か男らしさのある女が
いま----一番美しい…!!
わっくんのフラワーコミックス
大好評発売中

第8巻巻末(1984年当時)より
(注:写真はワイド版)
…ちゅーか、もうワイド版でしか出版されていない?

秋里和国(あきさと わくに)
花のO-ENステップ』シリーズ全8巻(ワイド版では全4巻になっています)

なんだか久々のマンガエントリー。
しかもまだ「あ行」から脱していないσ(^^;)…。
まね、気長に行きましょー。



〈作品メモ〉*初期オリジナル版
☆『花のO-ENステップ』シリーズ第1巻
花のO-ENステップ1

この学ランにたすきの彼女が主人公・江口浩美ちゃんです。
昭和57~58年(1982年~1983年) 【週刊少女コミック】掲載
小学館 【別コミ フラワーコミックス
昭和58年(1983年) 5月 初版発行
定価 360円 P191

第1巻収録作品
花のO-ENステップ』昭和57年(1982年) 第22~24号 掲載

背中に花をしょって』昭和57年(1982年) 第15号 掲載

気分はもう正方形昭和58年(1983年) 第3号 掲載
↑*こんな初期に『マンハッタンシンドローム』→『TOMOI』に発展する元脇役キャラ・友井久嗣(ともいひさつぐ)がすでに既出。『TOMOI』ファン要チェックですわよ。

デビュー作が2番目の『背中に花をしょって』で小学館新人コミック大賞に入賞(昭和57年 1982年)した作品です。
この初版が出た時点で、【週刊少女コミック】に『花のO-ENステップ』はシリーズ化して掲載中となっています。


消費税?まだないですよね、この頃。(遠い目)
安いなあ…ってマンガ家さんのギャラ(原稿料?)って青池保子先生でさえこの10年据え置かれてるって嘆いていましたっけ。いいのか!?日本のマンガ業界
大型中古書店非難してるバヤイなのだろうか…。
でもだからって単価が値上げされるのも困るなぁ。

むむむ、しかし単行本の単価が安いから学生でも頑張って買えるわけで、でも安いから本家作家のマンガ家さんのギャラ(原稿料?)は安いままなわけで、でもだからって中古書店を非難するのはどうなのだろう。うーむ。
個人的には、BOOK・OFF(ブックオフ)の出現は私にとって福音そのものだったわけで。
それこそ大量に生産され、小さな本屋のマンガスペースがどんどん新しいマンガで占められ、欲しかったマンガがどんどん消えていく現状とお財布の問題も伴い、出版業界が大型中古書店に規制をかけようという動きはマンガを読む側からすれば困ったことでもあるんですよねぇ。

-- 続きを読む --

ある日のお買い物。 

土岐麻子アルバムいろいろ
土岐麻子
この中のソロデビュー作『Debut』を何気に購入。
今まで聴いたことも意識したこともないのですが、本屋さんでかかっていて尚且つ目の前にアルバムがあったものですから。ふらっと。
もともとお父様の土岐英史さんが‘日本屈指のジャズサックスプレイヤー’で、彼女自身もジャズバンド?Cymbalsのヴォーカリストとして活躍していた方のようです。
ソロで活動したのがバンド解散直後の2004年2月で、このアルバム『Debut』は2005年9月にリリースされたものでした。
プロデューサーも父である土岐英史さんですな。

ジャズというのは不思議なジャンルの音楽です。
曲のことは分からなくても、耳にすれば何故か何を聞いてもしっくりくるというか、耳に馴染んでいるというか。
何を聴いても同じに聞こえるという意味ではなくて。
ええーと、説明するのは難しいですね(^^;)。

ジャズといえばアメリカ・ニューオリンズ
特に詳しくなくてもそれくらいは頭に浮かぶくらい、メジャーな音楽部門なわけですが、そんなジャズもご当地アメリカで、ほんの100年ほど前には‘悪魔の音楽’として排斥運動の対象にもなった時代があったなんて信じられます?
もともと黒人音楽からのジャンルで、人種差別の激しい時代だったのだと推察されます。

ま、ビートルズだってこるちが初めて聴いた頃は(のんびりした音楽だなぁ)と思っていたものが、そのデビュー当時は‘不良の音楽’と騒がれていたと知りかなりカルチャーショック☆を受けましたものね。
そんなビートルズだって今では学校の音楽の教科書に載っているんですから。

音楽もまた生き物のようです。
どこからか生まれ、増殖したり駆逐されたり生き残ったり突然変異したりして、気が付くとそこに根付いている。
日本で発展しているこのジャンルもまた、発祥地アメリカとは別の趣を醸し出しているのかもしれません。

土岐麻子さんのこのオリジナルアルバムは、実に耳に心地よくすんなりと入り込んできます。
こるちは最近こんなやわらか~い、ふわふわした声にとても憧れます。
もともとこの手の音楽ジャンルは私的には縁遠いものだったのですが、聴いていてふと思ったのが、
「この音楽はどちらかと言うと、くろん君のジャンルだなぁ」
です。
こるちはどっちかってーと、がりがりのジャパニーズ☆ロック大好き♪派で、聴いていて胸にぎりぎりと穴の空きそうなあまり心地良くない!?音楽が好きだったので、こーゆう耳触りの良いふんわりした、午後のカフェが似合いそうな音楽は今までアウトオブ眼中だったのでした。



ここのところの朝の目覚ましCDに活躍中♪




最近知ったジャズ関係の人で他にはピアニストの上原ひろみさん。
上原ひろみ


たまたまTVの番組で見かけたのですが、すごくカッコイイ!という衝撃がありました。
ジャスのピアノなのに曲が『カンフー・ワールド・チャンピオン』!?
でもって、聴いてみたらほんとにピアノがカンフー・アクションしてるよ!!
これはねぇ、ライブで聴きたいピアノです。
★ユニバーサルミュージックによる上原ひろみ公式HP


★静岡地元ブログ【TNC静岡ジモティーズ】より。
-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

3月→4月 

3月になりすっかり暖かくなり、も満開。
もう雪も降るまいとスタッドレスタイヤもノーマルに履き替えたというのに、最後の最後で大雪が降りましたよ~。

もうすぐも咲こうってのに

なんで雪が積もってんですかっ!?


そのせいではないと思いますが、昨日は午後から体調を崩して仕事中にぶっ倒れてしまいました(T^T)。

朝から頭痛がひどかったのですが、頭痛が激しすぎて夕方になって急激に気分が悪くなり、とうとう吐いてしまいました。



頭が痛いのに何故吐き気!?



もー、そうなると縦になっていられないです。

しばらく更衣室で横になって休ませてもらい、退社時間まであと30分だったので書類を整理して凌ごうとしたのですが、もう座っていても‘縦’になっているだけでまた吐き気が襲ってきて、脂汗が出るわ、手も震えるわでその30分が耐えられません。

無理無理、もう無理。

早退しても自分で歩いて帰るエネルギーもなくなって、しばらく更衣室で腐乱死体と化す私…。



ああ、そんな日に奇跡のようにくろん君が平日なのにたまたまお休み!

ぶるぶる震える手でケータイを握り、この時ほどケータイという文明の機器を頼もしいと実感したことはありません。

それにも益し、職場まで車で駆けつけてくれたくろん君が白馬の王子さまに見えました。
心身共にこんな風にヒトを頼ったこともないかもしれないです。
-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。