小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

06月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

梅雨といえば紫陽花 

もう6月も末になりました。
明日からは7月です。さて、「六月」の和名は「水無月」、では「七月」は?










自分で書いておいて忘れました。

葉月」は、…「八月」だよな。

なんだっけ? 後で調べよう。



すっかり真夏並の暑さかと思えば、しとしとザンザン雨も降る季節です。
蒸し暑いのですが、紫陽花のきれいな季節なので嫌いではないです。
雑誌を整理していたら、紫陽花特集なんてのが載っていて面白かったのでちょっと紹介してみます。



【紫陽花特集】


(中略)
この時期至るところで目にする花ですが、私たちは意外にその素顔を知らないのではないでしょうか。
かつてヨーロッパでは「東洋のバラ」とも賞された、その神秘に迫ります。



色の変化について
酸性土壌では青色アルカリ性土壌では赤色となるのは有名ですが、これは土中のアルミニウムに関係があります。
アジサイはアルミニウムを吸収するとくなり、吸収しないとが強まるという性質があります。
で、このアルミニウムは酸性土壌の場合に吸収されやすくなるため、赤から青、などの変化が起きるのです。(ほー)


*「オタクサ」とシーボルト
アジサイは1789年にヨーロッパに渡りました。
そして1823年に来日したドイツ人医師・シーボルトもまた、その魅力にとりつかれ、詳細な解説を加えて世界中に魅力を伝えました。
彼はいく種類もあるアジサイのひとつに「オタクサ」と名前を付けています。
これは日本を追われた際、やむなく残してきた妻・お滝さんのこと。
楚々とした花姿に、日本人女性の面影を見たのでしょうか。


*語源について
多くの花が集まっていることから「」(あづ)、花の美しい青色から「集真藍」(あづさいゐ←*修正:あづさあゐ)が転じて「あづさい」→「あじさい」になったといわれています。
(へぇ~、へぇ~、へぇ~!)




ヤマアジサイの一種「」(くれない)
紅
咲き始めは真っ白。
 ↓
次第に赤色が強くなり、
 ↓
ルビーのような紅色になる。





赤色といっても、普段私がイメージするアジサイの赤はどちらかというと“赤紫”。
こんなに真っ赤になるアジサイもあるんですね~。




さて、アジサイの英語名は?





-- 続きを読む --
スポンサーサイト
日記 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

ドイツW杯: イタリアVSオーストラリア 

日本時間6月27日(火)深夜1:55 イタリアVSオーストラリア、1-0で試合終了!
★【試合経過


激しいタックルで当たったり削ったり、イエローカードが舞う、舞う。
しかしどちらも得点を逃し、0-0で後半を迎える。

1人退場で10人のカテナチオで守りきったアズーリが、後半ロスタイムでPK獲得。

まさにミラクル!

ロスタイムは3分。
これでスコアレスならイタリアは延長30分をこの10人で闘わなければならない。

オーストラリアは3人の選手交代枠を1人だけ投入し、延長を睨んで残り2人を温存、ピッチを広く使いイタリア選手の体力を消耗させる作戦で攻めるが10人のカテナチオを破れず。


PKはまさにそのロスタイム2分20秒のところで得る!



もう蹴る前からイタリア選手たちは歓喜直前の笑顔。


しかーし、忘れてはならない。
イタリアはPKが苦手だということを。

過去のW杯においても、ほぼ得点するのが当然のPKを外して呆然と勝利を逃した歴史が頭を過ぎったのは私だけではないでしょう。

どうもイタリア人はじりじりしたプレッシャーが苦手のようだ。
過去肝心のシーンでPKをあり得ない方向に外した経験を持ち、一時イタリアでも戦犯扱いされたこともあるロベルト・バッジオ(ロベルト・バッジョ)はそのプレッシャーがどれほど大きいか、またそれを克服することがいかに困難かを語っていたことを思い出す。








が、ここはトッティががっちりゴールを決め、イタリアの死闘は歓喜で幕を降ろしました。


あの苦しい試合を最後の最後まで諦めずに守り、ここぞという時には攻撃を繰り出し続けたイタリアの粘り勝ちです。

もちろん延長になったら苦しいのはイタリアの方。

イタリアは是が非でも90分で試合を制する必要があったとはいえ、ロスタイムまで全力で走りきったその執念がいったいどこから来るのか不思議でなりません。

ふと延長を考えて足が止まるってことはないんでしょうか。



あー、でもなんかイタリアって面白くて好きなチームです♪
ヨーロッパの国の中でもイタリア人の顔って一番目に馴染んでるっていうか、イイお顔が多いっていうか?(笑)

でもそれだけでなく、国民性というのか、なんなのか?
なんか、怒る時も喜ぶ時もみんなして「ワイワイがやがや♪ワイワイがやがや♪」 、落ち込んだら落ち込んだで「おーーーう!どうしてなんだ、どうしてなんだー?」と、勝っても負けてもオモシロイ。




しかし、デルピエーロが出ていたらしいんだけど、いったいどこにいるのか分からない。

と、デルピエーロが交代でアウトになった時。
…え? あれ?   あのハゲスキンヘッドだったのか…。
つい巻き毛くるくるのデルを探してしまった。



★【アズーリ中間考査】→【Yahoo!JAPAN Sport】より。

しかし、

「◇デル・ピエーロ(FW):6.5   音信不通。」って…(笑)。


ところで、今回のアズーリの注目選手↓。
イタリア 8番 MF ガットゥーゾ

いいわー、ガットゥーゾ
もう、むさくるしいオッサンだし、もうイエロー確実なドスコイディフェンス平気でするし、相手に度突かれるとがんがん文句たれるけど(しかもきっと相手が分からなくてもイタリア語で)。

あのスタミナ!あの瞬発力!
スゴイ、スゴイ!信じられない!
特に華麗なプレーをするわけではないんだけど、彼の存在感って強烈(@ @)でした。

デルピエーロが【イタリアの至宝】(ロベルト・バッジオもそう呼ばれていたが、デルの場合はルックスのキュートさも含まれていると思われ)なら、ガットゥーゾは【イタリアの執念】と言ったところでしょうか。


あ、オッサンなんていったけど、まだ28歳だった…。



ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

ドイツW杯: 決勝トーナメント開始 

★【W杯:決勝トーナメント対戦カード】 【Yahoo!JAPAN Sports】より


日本時間6月24日(土)夜24時、ドイツVSスウェーデンキックオフ。

ちょうど試合が始まってすぐ、ドイツが先制点を挙げたところです。
いやー、地元ドイツ盛り上がってますね。


もう日本代表も無事帰国して(心配した、選手や監督を野次るとか生卵投げるとかいうこともなかったみたいだ)、
「ああ~、日本のW杯は終わっちゃったんだなぁ…」
と思ったんだけど。


ブラジル陣は

「決勝トーナメントからがほんとの意味でのワールドカップだよ」

なんて言ってます。
先日はすっかりフテていた私ですが、もうこうなったらブラジルにとことん勝ち上がってもらいたいと思っていますとも。

しかし、ふと思ったのは、予選リーグ敗退とはいえ日本代表も、“ほんとのワールドカップ”というやつを現地で観戦してこれないものか?と。
そもそも観戦チケットがない?
それとも予算を無駄使いできないとか?(でもホテルとか一応W杯期間中は押さえてあるのじゃ?)



それでも、選手たちも世界のサッカーに憧れてプロになった人たちなわけだし、誰よりもW杯をその目で観戦したいのではないかと思うし、厳しくも華麗なプレーを実際に見ることは日本代表としてもいい勉強になるんじゃないのかなぁと思うのですが。



…なんて書いているうちにドイツ、2点目追加!盛り上がってます。

ドイツはエーベルバッハ少佐の祖国。
きっと

「任務中に浮かれとる場合か!ばかもーん!」

と部下たちを叱責怒号しつつ、トイレに行った時にはひとりにま~っとして

「ふん、ふん♪」

とご機嫌になっていることでしょう。
ええ、私には見えます。





そうこうしているうちに、スウェーデンルチッチが2枚目のイエローカードで累積レッドの退場に。まだ前半36分なのに。
ドイツ軍…もといドイツサポーター、俄然盛り上がってます。

ははは、主審さん、笑顔でレッド出すってもう、
これもワールドカップなんですね。



予選敗退はした我が日本代表ですが、もう次の2010年 南アW杯が待っています。
アジア枠が少なくなるとか、オーストラリアがアジア枠に入るとか噂がありますし、またレギュレーションの変更もあるのでしょうが、日本代表には日本の戦い方を極めてほしいです。


日本のワールドカップの歴史はこれからなのですから。


ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

ドイツW杯: 日本VSブラジル 

ジーコ監督
「ブラジルには髪の毛一本でもしがみつくつもりで行く」

中田
「もう、やるだけです」

ブラジル陣営
「ジーコは僕のアイドルだけど、試合になったらそれは忘れるよ」

ぶるる。

武者震いってやつかしら。
ぞくぞくする。

あと2時間20分後、早朝4時にキックオフ。

























日本時間6月23日(金)朝6時。試合終了。

結果、    1-4      完敗。

★【日本VSブラジル】 【Yahoo!JAPAN Sportsより

前半34分。
玉田選手が、サントス選手からのスルーパスを受けて豪快なシュートを放つ。
ゴール!?

   ゴ
   |
   |
   |
   ッ
   ル
   !!


早朝、ひっそりと自宅で観戦していた私は(よおっしゃーーーっ!!)とひっそりとガッツ。
こんなに、ゴールがこんなに嬉しいと思ったのは久しぶりな気がした。

でも、すぐに気持ちは引き締まる。
オーストラリア戦でも、先制しておきながら逆転された。

相手はブラジル。
前半が終了する直前、(それもロスタイム1分で!)ロ那独活(ロナウドと入力したらこんな漢字が…くそっ、もうこれで書く)がコーナーからガツンっとヘッドで同点弾。

後半、でもまだまだ時間はある。
しかし、あれよあれよで後半にブラジルゴール連発で3点追加。

もう、目の醒めるようなミドルシュート!
そんなところからシュートするってことに、当たり前田のクラッカーのはずなんだけど
「そこから打ってもいいのね…」
と間抜けな感想。

すっかり余裕ぶちかましのお気楽ベンチ。
ブラジルが控えのゴールキーパーまで交代させた時には、悔しくて拳がふるふる震えた。
(こんのぉおおお、ナメやがってぇえええ)

後半になるとブラジルがボールを持つことが増え、点差で気楽になったのかものすごく余裕でプレーしているように見える。…見えてムカつく。

ムカつくけど、いちいち見とれる自分にもムカつくーーーーっ!!


90分はあっという間に終了。
ロスタイムもあったか分からなかったくらい、さらっと終了。



ものすごく、悔しい。
ブラジル相手だからしょうがない、とは思わない。

この3戦中一番悔しい試合かもしれない。
これで二次リーグに出れないから、とかそんなんじゃなくて、もうひたすら悔しい。




不貞寝してやるぅ!
と思ったんだけど、悔しさのあまり眠れない。




不貞寝もせずにフテテたら、台所でガァーリグォーリ、ガーリゴーリ…。

「元気だして…」 ζ(・ω・)トン。

と淹れたてのコーヒーが。

「あ、ありがとう。(やさしいなぁ、くろん君は)





 …ん?」


スタバで買ったそのコーヒー豆には

BRAZIL/IPANEMA BOURBON
の文字が…。







なめとんのか、ぐぉるらぁーーー!!(゜д゜#)
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

ドイツW杯: 日本VSクロアチア 

★【中村俊輔公式サイト】 応援してる選手NO.1、もう成長する我が子を見守る境地です。
「う、あんなにひょろひょろだったあのコが…(涙)」みたいな。

★【クロアチア戦後:日本代表コメント】Yahoo!JAPAN Sportsより


日本時間6月18日(日)夜10時 
日本VSクロアチア= キックオフ

結果、0-0 スコアレスドロー。


がっかりしたファンも多いとは思うけど、個人的にはオーストラリア戦よりもおもしろかったです。

試合全体としては、オーストラリア戦の方が終始ヤキモキしてて、もう「きぃぃーーーっ!!」って感じだったのに対し、今回のクロアチア戦は始まる時から前回の落ち込みから考えれば自分でも驚くほど、とてもリラッススして観戦できました。



先日のコートジボワールのオランダ戦のお陰でか、何かしら今までとは別の気持ちで日本の試合を観戦できた、ような気がします。
多分、この試合を観ていなければオーストラリア戦で逆転負けしたブルーで悲壮な面持ちのままクロアチア戦を迎えたと思います。

そして試合後、それぞれ各ブログ等やコメントで溢れていたように“批判めいた感想”しか持てなかったかもしれません。


ものすごーく悲壮感の漂うでもなく、かと言ってやたらと「どうせ日本なんて…」と卑下したり「だから○○はダメなんだよ!!」と無闇に選手に怒りをぶつけたりするでもなく。

---そうではない視点で。



今回の試合はとてもリラックスした気持ちで、でも、しっかり試合を、サッカーを楽しみたいと思いました。
悲壮感漂う気持ちでいるよりは、せっかくの4年に一度のワールドカップなんだから試合そのものを楽しみたいな、と。

で、結果は引き分けで勝てなかったことはとても残念です。
でも悪いことだらけでもなかったと、こるちは思いましたよ。





-- 続きを読む --
ニュース *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

ドイツW杯 : オランダVSコートジボワール戦 

敗退決定のコートジボワール、「善戦したとほめられても… 」 
2006FIFAワールドカップ・Yahoo!Sports】ニュースより

現地時間16日に行なわれた2006年W杯グループCのオランダ戦で、惜しくも1対2と黒星を喫し、世界の舞台から姿を消すことになったコートジボワール
チームの大黒柱、FWディディエ・ドログバがその悔しさを語っている。
ロイター通信が報じた。

今回がW杯初出場となったコートジボワールは、初戦のアルゼンチン戦でも1対2と敗れ、グループリーグ最終節を待たずして大会を去ることが決定。
それでも強豪に恐れず向かい、ビハインドを背負いながらもゴールを決めてみせる姿勢は高評価されている。

しかしドログバはそうは思えないようで、

「がっかりしたなんてもんじゃないよ。
あっと言わせるようなプレーをして、オランダを倒したかったのに。
相手の弱点だって見えていた。なのに、結局向こうが勝ってしまった。
アルゼンチン戦と同じだよ」


と強敵を苦しめながらも同点にすら追い付けなかったことを悔やむ。
そして

「誰もが僕らはいいプレーをしたと褒める。
でも、それが何だっていうんだ。いいプレーなんておまけみたいなもの。
一番大事なのは結果に決まってる。今日はそれが身に沁みたよ」


とショックを隠しきれない。
それでも最後は

「チームの皆を誇りに思う。
国のためにすばらしいことをやり遂げたのは確かだからね」


とコメントしていた。
また、アンリ・ミシェル監督ドログバと同じ気持ちのようで、

「我々は大きな志を持って大会に臨んだのに、2試合とも同じような結果になってしまった。
周りは皆、我々のプレーは質が高いと言うが、それを聞くたびに辛くなる。
国際舞台では質だけが高くてもダメだ。それがちゃんと効果を発揮しないと」


と述べる。

それでも、MFロマリッチ

「結果は出せなかったけど、自分たちのよい面は随所に出せたと思う。
まだ若いチームだし、可能性は目の前に開けている。今回自分たちの犯したミスを繰り返さないように学んでいきたい」


とコメント。2010年W杯に向け、気持ちを切り替えていた。






6月16日、日本時間夜中の1時に始まったC組のオランダVSコートジボワールは、「どうせオランダが勝つでしょ」とあまり気にも止めずオセロなんかしながら適当に観戦していたわけですが…。

いやー、結果的にも2-1でオランダの勝利だったものの、予想に反してオモシロイ試合でしたえ!



オランダには行ったこともある国ということで、コートジボワールってどこにあるっけ?とほとんどお国情報もない国の対戦カードの場合、だいたい知っている方の国や有名強豪国についつい応援視点になるものなんですが、どうしてなぜだか試合が進むたびに自分の応援視点がコートジボワール寄りになっていきます。

どうしてだ!?


-- 続きを読む --
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

2006年W杯・ドイツ 日本vsオーストラリア 

★【YAHOO!Sports】報道サイトの写真シリーズ


6月12日(月)日本時間夜10時キックオフ =日本VSオーストラリア=








…結果

1-3 で負け。




この、先制しておきながら後半の10分でばたばたと押し込まれるってのはヒジョーに気分が落ち込みますね。

がっくし…。





が、しかし、   しかーし!

負けは負け、終わってしまったものをサポーターが落ち込んでいてはダメッすよ!!
(新聞の社説とかってムカついて読めねぇよ!)

逆境に耐えてこそニッポン人でがしょ?

まだ今回のW杯は終わってないっすよ!うがーーーっ\(゜□゜)/!!






☆6月18日(日)夜10時 =日本VSクロアチア= 

がんばろう!ニッポン! 
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

TV番組 『世界ふしぎ発見!』 

結構好きな番組のひとつです。

日立の『世界ふしぎ発見!』。

先日の特集はスロヴェニアでした。




あまりにも自然が美しいので、俄然行ってみたい国にランクイン!て感じです。
なので、忘れないようにメモしておこう“〆(。。)mっと。


<第964回> ★知られざるスロヴェニア ヨーロッパ最大の地底世界を行く
 2006/06/10(土)21:00~ 放送。
今回のは、1991年ユーゴスラビアから独立を果たしたスロヴェニアの特集。
古くからヨーロッパ屈指の山岳リゾートとして知られ、四国ほどの小さな国土のお国です。。
今回のミステリーハンターは「はまじ」の愛称で雑誌・CMなどで活躍中のモデル、浜島直子さん。なかなかチャーミングな方ですね!
そんな浜島さんの目に映ったスロヴェニアは・・・?
スロヴェニア・アルプスの瞳

昔から神の住む山として、また民族独立の象徴として人々に崇められてきたトリグラウ山や、アルプスの瞳と呼ばれるブレッド湖、さらに日本の鍾乳洞とは桁違いのスケールだという巨大な地底世界を紹介していただきました。

-- 続きを読む --
旅行 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

ベルギーへの旅 ⑫メモ"〆(^ ^) 

えっらい前にメモしてて、また忘れてた記事がありましたf(^_^;。
えーと、すでに時期外れなメモもあるけど、ま、いっか!




いろいろなトコロから情報が発信されていたので、メモがてら参照サイトを載せてみました。
★【欧州エキスプレス】の「地図で見るヨーロッパ」→「ベルギー」→「ブルージュ」からどうぞ。
欧州地図からは→ココ





地球の歩き方HPよりベルギー特集が載っています。→「旅の旬はプロに聞け!」



ベネルクス3国(ベルギー・オランダ・ルクセンブルク)の旅行観光・留学・生活情報のリンクはこちら。→ココ



その他、政府観光局HPのリンクはこちら。→ココ



ホントの地球の歩き方?ベルギー編はこちら。→ココ



ベルギー他、ヨーロッパ数カ国の情報HPはこちら。→ココ



在ベルギー日本大使館のHPはこちら。→ココ



ベルギー格安旅行ツアー・ベルギーホテル宿泊予約のHPはこちら。→ココからココへ移動した模様。



世界都市情報、ベルギー編のHPはこちら。→ココ
あらー、ユーロの流通が2002年からで、もうあのBF(ベルギーフラン)は2002年2月28日でもって流通停止してたんですねぇ。しみじみ。



ヨーロッパなどの政府観光局・地方・地域情報のリンクがたっぷりのHPはこちら。→ココ



「Recommended Regional WWW Sites」の膨大なヨーロッパ観光サイトはこちら。→ココ
日本語のサイトもあります。



なでなで地球・旅行者応援サイトはこちら。→ココ
元旅行会社勤務の管理人さんによる旅行者応援サイトです。



World Navigator(世界地図から世界の情報発信)のHPはこちら。→ベルギーからはココ



株式会社ユーラシア旅行社のHP。フランス・オランダ・ベルギー編はこちら。→ココ
3年に一度あるというイーペルの「猫祭り」
前回が2003年だったので、今年2006年5月にもあります。もともと、魔女狩りで黒猫がたくさん殺されたっていう暗い歴史が起源のこのお祭り。今ではその殺された魔女とされた女性や猫たちを悼むという趣旨のお祭りになってます。

*つか、もう終わってたし。すると次回の「猫祭り」は2009年になりますな。



オンラインホテル予約HPはこちら。→ココ
ベルギーだけでなく、幅広くホテルを紹介しています。
地図機能がついていて便利かも♪
-- 続きを読む --
旅行 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

アニメ 『母をたずねて三千里』 

タイムマシンのせいで、ついうっかり1980年(昭和55年)4月公開の劇場版…のつもりで『MARCO ~母をたずねて三千里~』借りて観ちゃいましたよ。(1980年版のDVDなんて存在してない!?)
MARCO 母をたずねて三千里 MARCO 母をたずねて三千里
樋口智恵子、 他 (1999/12/18)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る




もう、冒頭から泣かせる、泣かせる。

てか、マルコ、君もイタリア人だったんだな(笑)。

<作品メモ>
世界名作劇場
フランダースの犬』→『母をたずねて三千里』→『あらいぐまラスカル

世界名作劇場『母をたずねて三千里』

世界名作劇場全23シリーズ

放送期間 : 1976年(昭和51年)1月4日~12月26日
原作 :エドモンド・デ・アミーチス 『クオレ
    *Edmondo de Amicis "Cuore"


-- 続きを読む --
アニメ *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

もうすぐドイツ・W杯2006です。 

気が付いたら6月になっていて、しかももう!W杯の季節じゃあありませんか。

こんな季節になってマジ風邪ひいたりしてました。喉いたーい。げほっ。




とりあえず、ドイツW杯用にテンプレート変えて気分を切り替えてみました。

がんばれ、 SAMURAI BLUE ジーコJAPAN !!
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。