小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

10月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

ロシア エルミタージュ美術館 

つい先日、TVを見ていたら山口智子がナビゲーターのエカテリーナ2世の恋文を辿ってエルミタージュ美術館についてレポートする、という風な番組をやっていた。

よくよくみると、ダイワハウスが提供する「大エルミタージュ美術館展」の協賛番組らしかった。

★【大エルミタージュ美術館展について
東京都美術館にて開催中。
2006年10月19日(木)~12月24日(日)

<巡回展>
★名古屋市美術館
2007年 1月 5日(金)~3月 4日(日)

★京都市美術館
2007年 3月14日(水)~5月13日(日) 

エカテリーナ2世とその家臣にして恋人であったポチョムキンとの間で交わされた1162通という膨大な数の手紙を独自に翻訳。
山口智子も自ら多くの資料を探り、その恋文全てを熟読、解読して、ロシアロケに臨む。
歴史から抹殺されていた女帝エカテリーナのたった一度の純愛、命がけの恋のストーリーと、女帝にすべてを捧げた一人の男の存在、そして、その純愛と共に歴史の闇に消えたままになっているロマノフ王朝の失われた財宝。
時代を超えて、心を揺り動かす“究極の愛の世界”に、山口智子がいざなう。

ダイワハウススペシャル 山口智子「女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ」by日テレ 10月24日(火)夜9時放送
大エルミタージュ美術館展開催記念番組より



恋文 女帝エカテリーナ二世 発見された千百六十二通の手紙 恋文 女帝エカテリーナ二世 発見された千百六十二通の手紙
小野 理子、山口智子 他 (2006/10/19)
アーティストハウスパブリッシャーズ

*詳細を見る



久しぶりに見た山口智子はちょっとお年を感じさせたがそれでもこれで42歳(と言っていたような)とは!と驚くような溌剌さであったよ。

1000通を超える恋文を日本語に訳してもらい、その手紙に沿って美術館、というより、世紀の淫乱とも呼ばれたロシアの女帝エカテリーナ2世(エカテリーナ・アレクセーエヴナ )の人生をあくまで山口智子の視点でより人間的に描き出していく、そんな構成だったと思う。

私は特に山口智子のファンでもないし、彼女が憧れの…というわけでもないのだが、エルミタージュ美術館はぜひとも行ってみたい美術館リストに入っているうちのひとつなのでなんとはなしに見ていた。

★【エルミタージュ美術館公式サイト


-- 続きを読む --
スポンサーサイト
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

北村龍平監督 『ヴァーサス VERSUS』 

B級映画第4弾♪
とか言いつつすっかり「B級映画の数珠つながり」状態です。ハイ。


さて、低予算新人監督近未来アクション映画(もう覚えて頂けました?^^;)の栄えある殿堂入りを果たした↓こちら!
北村龍平監督の『ヴァーサス Versus』ですわ。
殿堂入りなだけにやたらにだらだら長くなりますが、ゆるーくお付き合いのほど。
VERSUS ヴァーサス VERSUS ヴァーサス
坂口拓 (2002/04/26)
ジーダス

*詳細を見る



日本映画界の風雲児、北村龍平監督の第3作目!(メジャー作品では2作目)
versus

最強のゾンビ集団を相手に、記憶を失くした脱走囚人が謎めいた女を守るために森の中で壮絶なバトルを繰り広げる!
これが初主演となるアクション俳優坂口拓(下)のクールなアクションと、榊英雄(上)のキレ味の良い殺陣は瞬き禁止♪

VERSUS = 対決 というだけあって、とにかく登場人物がひたすら戦って戦って戦い倒すという映画。
現在と過去(平安時代くらい?)が交錯して女と男の関係が明らかになっていくという2段構成にもなっています。
でもまあ、細かい設定は気にしない、気にしない!
バトルにSFが入っていて且つ1999年に撮影に入ったものなのに、なぜかヒロインの女の子が80年代テイストで監督の好みなのか!?といぶかしむ。
ちょっとオタクな男の子が好きそうな感じ?
「もうっ」とふくれっ面になるところなんかアニメのキャラのようだった…。

しかし、アクションの静と動の間合いが「これこれこれだよ!」と悶絶しそうな一品。

★【AMUSE CINEQUANON】より


『ヴァーサス-VERSUS-』スタッフ一覧


-- 続きを読む --

中田圭監督 『ブレイド 剣-Tsurugi-』 

B級映画第3弾!?
疾風 -HAYATE-Basement Fight』の繋がりになりますが清水あすかさんって、「鳳龍院心拳護衛護身術17代目宗師」ってマジですごいのか!?(アクションのキレがいいのに納得…)
★【清水あすかオフィシャルウェブ


そうそう、『疾風-HAYATE-』の次に見てこんなところにも出てるのかっ!とびっくらこいた同じく低予算新人監督近未来アクション映画ってこれ↓っす。

ブレイド ~剣 TSURUGI~ ブレイド ~剣 TSURUGI~
加藤靖久 (2006/05/25)
GPミュージアムソフト

*詳細を見る

中田圭 監督『ブレイド 剣~Tsurugi
2006年(平成18年)4月公開。日本映画 77分。
清水あすかさんはマスター・キラー役でも出ていましたよ!




はじめにぶっちゃけちゃうと、この映画さしておもしろくはありません。(爆)
どうしてかって理由はけっこうありますが、まず主人公の加藤靖久さんより脇役の松田賢二さんの方が存在感あったりでもう大変。
だってこの松田さんは同じく低予算新人監督近未来アクション映画の殿堂(*こるちが勝手に認定)にも入っている、今や既にかなりメジャーになった北村龍平監督の『ヴァーサス Versus』にも出てたし、主役喰っちゃってるんだもーん。


てーか、中田監督がこの舞台出身の新人俳優=主人公より松田さんをヨイショしててそれがそのまま映画に出ちゃってる感あり。
そういう意味では、これを主役の力量不足って言っちゃかわいそうだ。
これは監督の責任ね。
 
『ブレイド 剣-Tsurugi-』公式ブログ

<内容>
世界各地での大災害、紛争の後、補完計画の名の元に世界は区分される。
“ゾーン”と名付けられたその場所は番号によって認識され、徹底された管理態勢が施されていた。
各地区の指導者たちは、規律と態勢を維持する為に警備強化を決定。
守護戦士たちの育成を開始する。
結果、遺伝子操作による肉体改造を受け、強力な戦士たちが誕生。
そして彼らはこう呼ばれた“ガーディアン”と・・・。
マスターを守るために生き、戦うことのみに創造された戦士。

しかし彼らは、自由を求め行動し、自らの意思を持ち始める。
戦わなければならないという宿命が、また新たな戦いへと繋がっていく・・・。

燃え尽きるまで戦え!!
驚異のハイパー・ソード・アクション誕生!
世界の謎を解くために剣を手に戦いを挑む男の姿を描いたソード・アクション。
★【東映チャンネルロードショー】より


キャスト一覧★ ←公式ブログより


-- 続きを読む --

原口智生監督 『さくや 妖怪伝』 

えー、洋物B級映画を紹介したからついでに和物も紹介せねば♪

ほい( ¨)つ<作品メモ>
2000年(平成12年) 8月公開 日本映画 88分
さくや 妖怪伝
さくや妖怪伝
「この世に神の力及ばざる時、妖魔を持って妖魔を討つ!
公儀妖怪討伐士、榊咲夜!」
チャキッ!

原案・監督 : 原口智生 初監督。『帝都物語』(1988年)、平成ガメラシリーズ、で特殊メイク・造形担当。
        2000年 『さくや 妖怪伝』 初監督
        2001年 『RedShadow 赤影』 特撮監督
        2003年 『跋扈妖怪伝 牙吉』 監督
        2003年 『キューティーハニー』 特殊メイク
        2003年 『陰陽師2』 特殊メイク・造形
        2005年 『阿修羅城の瞳』 特殊造形
      

特技監督 : 樋口真嗣 平成ガメラシリーズ、『修羅雪姫』(2001年)、特撮技術担当。

プロデューサー : 桜井勉

脚本 : 光益公映

コンセプトデザイン : 冬目景 漫画家『羊のうた』、『イエスタデイをうたって』、『黒鉄』ほか。

撮影 : 江原祥二

音楽 : 川井憲次 『機動警察パトレイバー』、『攻殻機動隊』、『イノセンス』ほか。あ、『修羅雪姫』もだ。いや他にもいろいろ(中略)。
てか、この川井憲次さんって一体…。何気にすごい作曲家でいらっしゃるようです。

企画 : 岸川靖

出演 :

公儀妖怪討伐士、榊咲夜(さかきさくや) = 安藤希

妖怪河童、咲夜の弟、榊太郎(さかきたろう) = 山内秀一

公儀御庭番甲賀忍者組頭、似烏周造(にがらすしゅうぞう) = 嶋田久作

公儀御庭番、伊賀忍者組頭、猿鬼兵衛(ましらぎひょうえ) = 逆木圭一郎

古寺の怪猫(かいびょう) = 絵沢途萌子

人形の娘ハナ = 吉田桂子

旅人、傀儡師(ぐくつし) = 塚本晋也

若年寄、久世大和守重之(くぜやまとのかみしげゆき) = 黒田勇樹

刀匠、橘善之助(たちばなぜんのすけ) = 石倉英彦

咲夜の父、榊備前守芳明(さかきびぜんのかみよしあき) = 藤田弘

語り部 = 竹中直人

大老、井伊掃部頭直興(いいかもんのかみなおおき) = 今はもう亡き丹波哲郎 合掌。

草薙の土蜘蛛(つちぐも)、妖魔の女王(ひめみこ) = 女優、松坂慶子


物語 :

西暦1707年、宝永4年

駿河の国は霊峰富士が噴火、それを機に地中に封じ込められていた妖魔が解き放たれ巷に跋扈し始めていた。
人の世は荒み、神々の力も弱まっており、草薙の地に遠い昔、橘善之助妖刀・村正で封じた妖魔の党首・土蜘蛛の女王が、結界を破って日の本六十余州を再び妖怪の手で支配せんと蠢き始めていたのである。
代々公儀妖怪討伐士の家系である榊咲夜の元に江戸幕府より妖怪異変の元凶を絶つべく命令が下る。
妖刀村正の使い手咲夜とその弟太郎(河童)は甲賀伊賀忍者両組頭を引き連れて東は駿河の国へ妖魔退治へと旅立った。




-- 続きを読む --

ティム T.カニンガム監督 『女子高生ロボット戦争』 

小泉さんから安倍総理にバトンタッチ、中韓訪問して実にお国柄の出る会談だったなと微笑ましい中、韓国の外相さんが国連の総長になったり、それを見計らったように北朝鮮が核実験したらしいとかで慌しい国際情勢になっていますが、そんな時は「女子高生パワー」で押し切っちゃえ♪

てことで、だいぶ前に観た映画ですが、ある意味おもしろかったwのでご紹介。

<作品メモ>
2001年(平成13年) アメリカ 84分
原題: 【XTRACURRICULAR

邦題: 【女子高生ロボット戦争
女子高生ロボット戦争

恋、友情、ロボ!!

監督・脚本: ティム T.カニンガム TIM T.CUNNINGHAM

製作: ジョン・R・ローランド JON R.ROLAND

撮影: ジェイ・P・リパ JAY P.LIPA

音楽: ジェイソン・グレース JASON GRACE

登場人物:
ブリトニー・コーンブラム = ミッシェル・フェアバンクス MICHELLE FAIRBANKS
とある田舎町、パラス高校の女子高生。学校一の秀才、学内ほとんどの文科系クラブの発起人、学力試験・討論・模擬裁・スペリング競争では小学学校から負け知らずのガリ勉強、通称ダサ女。チェス大会ではコンピューター相手に勝ったこともある天才9歳児にも勝った。リッチなお家のお嬢様。昔からよくいじめられる子だがプライドは高い。


アリー・コッチ = マリア・ジョーンズ MARIA JONES
同じくパラス高校の女子高生。ブリトニーの親友。性格も家庭環境も正反対だが、いじめられているブリトニーを守ってくれる唯一の友達。学内の運動部を掛持ちするスポーツ万能なアメフト部の花形RBでもあるスーパーガール。両親とも毎日プロテインドリンクと生卵を飲むのを欠かさない、筋肉至上健康家族で育った超健康優良児。


クリス・ケーニッヒ = マシュー・ジョーンズ MATTHEW JONES
ブリトニーらの住む小さな町にLAから引っ越してきた‘J.ティンバークレイばりにカッコイイ’と評判の転校生。都会的な男の子でクラスの女子の注目の的。彼の登場で、ブリトニーとアリーの友情は許しがたい恋のライバルへ。

 
ケイト = フェイス・ショーンフェルド FAITH SCHOENFELD
クリスに夢中になっている女優志望の女の子のひとり。派手なカッコに似合わず純情な面もある。クリスと付き合っているのにだんだん地味になっていくのは何故?

 
エコー = クレイトン・スミス CLAYTON SMITH
アリーに好意を抱くシャイで口下手でトロい純朴な高校生。アリーにはいつもテキトーにあしらわれている。

 
カウボーイガイ = ホーガン・チャコマ HAGEN CHACONA
いつもカウボーイハットをかぶっているブリトニーたちのクラスメイト。結構素直でイイやつ。名前はない!?…かと思ったら一応ジェイソンって名前はあったらしい。でもエンディングでは‘カウボーイガイ’としか書いてなかったけどなぁ。


ブリトニーのパパ、ヘンリー = ビル・ラッセル BILL RUSSELL
防衛関係会社の役員。役員会議にはブリトニーに企画内容のアドバイスも頼む。クールな家庭だが子供には甘い!?


アリーのパパ = グレッグ・ドーチャック GREG DORCHAK
毎朝アリーを叩き起こし家族で体を鍛えるのが趣味。アニーのスパークリングの相手も務める。筋肉頭なだけにビミョーなお年頃の娘の悩み事には弱い。


アンドリュー校長先生 = クリン・なんたら? グレンかも… C(G)LENN ZOCH
規則違反は許さない、きびし~いパラス高校の校長先生。







感想:
わははははははははは。

日本では未公開映画で最近になって(2004年(平成16年)から)、レンタルなどでお目見えしたアルバトロス配給のアメリカ映画です。
同配給会社の『女子高生チェーンソー』、『チアリーダー忍者』に続く女子高生シリーズの第3弾。

なんてったって【女子高生ロボット戦争】、このタイトルが…w。
原題【XTRCURRICULAR】の意味は‘特別授業’とか‘課外授業’みたいなカンジですが、そのまんまなら借りなかったであろうにそのおばかなタイトル故に手に取ったヒトはこるちだけではないでしょう。

しかし、‘ロボット戦争’とあるからと言ってその辺に期待するとがっかりするので要注意です。
むしろ‘少女マンガ的アメリカ青春映画’だと思えば笑えて楽しめます。


-- 続きを読む --

日本のお月見 

今年の十五夜は10月6日(金)。(明日ですよ!)
明日はお月見

晴れるといいなぁ。(今現在雨…(T T)…)

お月見団子

★【JMANbizSTYLE】 ←手帳活用情報「くらしの行事→お月見(十五夜)」より



-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

風神雷神図屏風 

風神雷神3者


10月1日までということで、慌てて見に行きました。
ええもの見せて頂きました。ナム~(‐人‐)と両手を合わせたいと思います。

イヤーエステ
 ↓
耳かき屋
 ↓
江戸時代
 ↓
杉浦日向子
 ↓
百物語
 ↓
上方文化
 ↓
江戸琳派

という訳で、2006年9月9日~10月1日までの【国宝 風神雷神図屏風 宗達・光琳・抱一 琳派芸術の継承と創造】展(東京・出光美術館)を見てきましたよ!(我ながらなんてスムーズな流れw)

きっと美術にそんなに興味はなくとも

「ああ、それ!学校の教科書で見たことある!」

とすぐに分かるほど、その絵柄はインパクトが大きいと思う。
そして誰が見ても

「風神と雷神でしょ」

と分かるであろう強烈な印象を残すことでしょう。


-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。