小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

01月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

銀シャリマーガリン!?&海外における日本食レストラン認定制度その2 

最近、こんなん見つけて食べてます~。

「銀シャリからマーガリン」

銀シャリマーガリン

★【銀シャリ本舗HP


米から作ったマーガリンで銀シャリ本舗エコソフト
普通のマーガリンよりやや価格は高め。コンビニで約300円だったかねぇ。

小岩井農場のブランドバター並のお値段だけど、珍しくて買っちゃったよ(´∇`;)。

見た目もお味もたしかに「マーガリン」でした。
米からもマーガリンって作れるんだなぁ。






…なんて記事出そうかと思ったら瑠璃子さまから改めて「海外の日本料理認定制度」についてコメント頂いてたのでついでにこちらでお返事も兼ねさせて頂くことにいたします。

例の何年か前の南米であった日本食レストランでの食中毒寄生虫問題のニュース、検索してたら↓こんなんありました。
生鮭の寄生虫調査「レストラン側も被害に対処」「政府、チリ産輸入を禁止か」「替えて冷凍のものを」by ニッケイ新聞

2004年3月から2005年3月までに大都市圏で28人に寄生虫の感染が認められたことによって、日本食レストランの売上げは60%落ち込んだ。サンパウロで販売されている寿司・刺身の半分は、サケだという。

フォーリャデ・デ・サンパウロ紙』4月13日付けより抜粋


で日付が2005年4月15日のものなので、多分私がどっかで知ったニュースの元記事がこれだと思います。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
ニュース *  TB: 1  *  CM: 1  * top △ 

海外における「日本料理検定制度」について 

竹島問題とは違うのだが、最近ニュースでも取り上げられるようになってきた海外での「日本料理検定制度」について。(*「正しい和食認定制度」)

つい先日、私の数少ないお気に入りニュース番組WBSサテライト版で、この波紋を呼んでいるという「日本料理検定制度」・「正しい和食認定制度」を取り上げていた。

しかし、くう!やはり小谷さんと大浜さんがいないとパンチ☆が足りん!
金使って取材してるんだからもっとことの本質をはっきりさせなよ!と不満たらたらのこるち。(と、なんでそんなに怒ってるの?と不思議顔のくろん君)

*特集の流れ*
「日本食が今アメリカやイギリス、フランスでも人気!」
     ↓
「でもその日本食のレストランを経営してるのは日本料理を勉強してない現地の華僑系中国人がほとんど(本来の日本食からかけ離れている)」
     ↓
「摩訶不思議な日本にはありえない日本食が定着しつつあり」
     ↓
「海外でも安心して食べられる日本食レストランの表示を進めたいと思い…」(by農水省)
     ↓
「でも、日本もかつてトンカツとかナポリタンとかアレンジして日本の洋食のジャンルが定着したんだから…」
     ↓
「日本のイタリア料理やフランス料理も現地にはない日本風のアレンジのメニューが定番になってるようですし…でもねぇ…」



こらこらこら!

この日本食検定制度の本質はそんなアレンジ云々の問題じゃないだろうがーーー!!

この問題の本質については去年ですがらんさんのブログの記事↓が的を射てありますので一部紹介します。

★【中華的生活「多少銭?」】byらんさん。

(略)
和食が外国で自由にアレンジされてたって自由。
それはその通りさ。

ただね、和食が他の国の料理と絶対的に違うのは「生食」するってこと
刺身だよ刺身。

世界中で生の魚を「日常的に」食べる地域ってのは実に少ない。
私の知る限りでは、ニューカレドニアみたいな海に浮かぶ島がいくつか、あと地中海の周辺の一部の国、旧ソ連のアムール川沿岸の一部とか。

つまり「新鮮で安全な魚がすぐに手に入る環境」が整った国じゃないと食わないってことだ。

その数少ない「刺身を食べる国」である日本の料理が、世界に広がってるわけ。
それこそ「新鮮で安全な魚がすぐ手に入る環境」じゃない「不衛生な」場所にまで満遍なくね。

どのようにその国の文化、食をアレンジしようと、キムチを日本食だといって出そうと、鶏肉で「かつどん」だと言おうとも自由だけども、そこに「刺身の事情」「安全性」はあるのかい?



この「和食認定」の本質は、「刺身」があることにより「安全性」が問われる料理だから認定するんです、ってことを、日本政府はもっとアピールした方がいい。
大事なのは「キムチ臭い和食」じゃなくて、「刺身の扱い方」だろ?


「いいんじゃないの?」2006年12月13日の記事より抜粋。



ほ、惚れたぜ姐さん!
そう、これは去年の記事だけども、ここだろ?大事なところは。

アレンジ云々じゃなくて「安全性」
正直、日本料理へのリスペクトも日本への愛着もない人間が売れるからという理由で「日本食レストラン」を経営しているってことが問題でもあると私は思っている。

安全性にうるさい日本ででさえ、板前さんが魚捌くのに何年もかけてるって事実忘れてないか?

どこでだったか日本人は刺身を好んで食べるというのは有名になっていて、アラスカだかどこかで現地の人が気を利かせて釣ったばかりの鮭を「今釣ったばかりで新鮮だから!」と刺身にしてくれたって話があった。

ところが、日本でもサーモンの刺身や寿司ネタはよくあるけれども、それは必ず一度は冷凍にしてあるものだ。

なぜか?

生のサーモン、鮭の身には寄生虫がいることがままある。
そのまま生食するのはとっても危険なのだ。

だから寄生虫を殺すためどんなに新鮮であろうと鮭は一度は冷凍しなければ生食はできない。

その人は頑張ってその危険性を説明したかったらしいが通じない。
日本人=刺身大好き…ってまったくの好意で鮭を捌いてくれた相手の好意を無にできないお人好し日本人そのものの彼は結局おそるおそる一切れだけは食べてみせたそうだ。

が、結果的にこの好意への好意をもった対応は、釣りたての鮭を生で食べても大丈夫と示したことにもなったんじゃないだろうか?
これ、かなり危険な話だよ?だよ?






…って日本の外食産業じゃきちんと知れ渡ってるからどんなに安い回転寿司でもサーモンの寿司を安心して食べられるし、子供にも食べさせられる。(でも、この生サーモンには寄生虫がいるって話、くろん君は知らなかったようだ)

だけど、日本食=刺身=安全、ヘルシーってイメージだけで、その安全性(危険性)を理解しないまま調理して見様見真似で提供されているって現状があるってなんでTVで言わない!>WBSサテライト版(爆)

あほー、そこが肝心なポイントなんだってばー(T T)。
チョコナッツロール寿司を食べて「むがぐっく×△*!?」なんて笑ってるレベルのお話じゃないっつーの。


竹島プロジェクト2007、始動。 

竹島の日*2月22日
画像提供:
★【JOKER×JOKER】管理人恭介さまより。


★【フィオリーナの以心伝心
管理人小林少年さまの
「日韓友好は実現可能か? 小林少年的試行錯誤 否定 肯定 なんでもありのネタブログ 日韓交流の最前線、九州は福岡からの情報発信」ブログより
プロジェクトの↓お誘いを頂きました。題して、

*竹島プロジェクト2007*
みんなで竹島の日を盛り上げよう!キャンペーン始動。




微力ながらこの問題を考えるきっかけになればいいなと思い参加させて頂きました。m(_”_)m(というか、去年からひっそり参加継続中だったりします)

「よその国があんなに怒ってるし…」とか

「こんな小さな島でごたごたするのなんてみみっちぃ話…」とか

「私は日本人だけど関係ないし…」とか

「俺は漁師じゃないから関係ないよ」とか、果ては

「戦争の火種になりかねないこんな島、某○国にくれてやれ」とか

すべからく事なかれ主義でお考えの方にこそ見てもらいたい記事でございます。

-- 続きを読む --
ニュース *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

アニメ 『BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)』 

アニメ『蟲師』のTV放送が終了して久しいですが、DVDで毎度見る度に心洗われて涙しているこるちです。

【じるこん堂】へようこそ!

でも最近は『BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)』なんかも見ちゃってますよ。
絵がすげー!とは思いつつも「大丈夫かよ、このアニメ。よくTV放送できたな…」と2ndシーズン見て仰け反りました。

BLACK LAGOON 1 初回限定版 BLACK LAGOON 1 初回限定版
筱雅律 (2006/07/26)
ジェネオン エンタテインメント

*詳細を見る


BLACK LAGOON The Second Barrage 001〈初回限定版〉 BLACK LAGOON The Second Barrage 001〈初回限定版〉
筱雅律 (2007/01/31)
ジェネオン エンタテインメント

*詳細を見る



どうもあるTV放送局が「差別的な言葉が使用されている」というので勝手に台詞をぶっちぎっちゃったという事件があったようです。
なので製作サイドが意図しない編集をさけるため、それ以降自発的に音声を消して放送したといういわくつきアニメ。(DVD版ではノーカット)

ですがー、聞いてみると「ん?これか?」と思うような程度だったというのが個人的感想。
実写なら「ジャップ!」でも「小日本」でも「日本鬼子」でも「倭人」でも「日本猿たち」でもいいけど、アニメじゃ国籍のついた侮蔑語はとにかくイカン!ということでしょうか?w(あ、これは例えですよ、例え)
まぁ確かに日本語的には不自然なほど下品な台詞が連発されていたと思いますが(苦笑)。
それも設定では掃き溜めの街だからみんなが過激なのさってことらしいです。

多分台詞をカットしたのは、アニメ=お子様が見るものって感覚なのかなぁ。

「だってテレビで言ってたもーん」

と子供たちが真似しちゃいけないわっ、て?
真似してたら「TVの言うことなんか真に受けるんじゃない!」と言ったれよ。


-- 続きを読む --
マンガ *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

秋里和国 『青のメソポタミア』 ④ 

第2巻
青のメソポタミア<番外編>エシュマ 荘厳な宮殿」*ネタばれ注意

アッカド王妃の隠し子カイン・アベル・サルゴン
彼の補佐官として非業の死を遂げたエシュマ・ナハリオ
これはその二人の出会いの物語である。




「宇宙から王制をなくす」
…これが最終目的のアモリ人(蛙顔の小児体型の民族)とはその為、有史以来王制のエンリルとは紛争が絶えず900年にもわたる戦いが続いていた。
野心家の成り上がり者として評判の軍人サルゴンは、その功績で少佐に昇進した頃、補佐官ナハリオと出会う。
奇しくもナハリオの名は「エシュマ」。
サルゴンが幼い頃より憧れてやまない王宮の神殿と同じ名前だった。

少佐になると将校には盾となる優秀な補佐官が付く。
補佐官の退役は30歳(“青”年では300歳?)まで。
補佐官は優秀な人材である将校を無駄死にさせないため、幼少よりの徹底した教育で、ロボットに代わる護衛として将校を命がけで守るよう感情を廃してあらゆる任務を遂行するため、一般人からは「泣く子も黙る補佐官」と言われるほど恐れられている存在でもあった。

補佐官とは実戦で適性検査期間を置いて合意できた後、王宮の神殿にて正式に任命されるのが慣わしである。

サルゴン少佐の戦地はエンリルから遠く離れた惑星“緑”。
“緑”はゴリラの惑星で、スンピカ王女(黒ゴリラ)が統治しており、“緑”とエンリルは同盟関係を結んでいる。
少数民族「白ゴリラ解放機構」による独立要求の武装蜂起に対し、王女からエンリルの宇宙開発局にその鎮圧を求める要請があり、サルゴン少佐は劣悪な環境の前線で部隊を率い白ゴリラのゲリラと戦いの日々を送っていた…。

異星のジャングルでのゲリラ戦で白ゴリラ解放機構に捕まったナハリオ達。
そこで分かったのは、少数民族の白ゴリラたちの武装蜂起を影で操っていたのがエンリルと植民地紛争の絶えないアモリ人たちだったということだった。
彼らが白ゴリラたちに打倒王制の甘い思想を吹き込み、内戦させることで武器商人として暗躍していたのだ。(敵の友は敵という図ですな)

「お前らエンリルも(略)アッカド王朝をつぶして
 人民の国家を築きあげればよいものを。

 わがアモリのように」


「アモリのように?
 独裁者の支配体制に民が貧困にあえぐような?」


(このアモリって国はどこぞの某国がモデルのような…?いえ、気にしすぎですw)
割と秋里和国のマンガではこういったプチ社会学的なニュアンスがぽろっと出てきます。
あのおちゃらけマンガの『花のO-ENステップ』シリーズでもそういった社会情勢を盛り込んだ台詞がちょろっと出てきてます。
★【秋里和国『花のO-ENステップ』全8巻】過去記事参照。

ですが、少女マンガですので、だからどうだとかこうするべきだとか深くつっこまなくてよろしいです。
もしそういうところでひっかかるとしたら、それは作者や作品に問題があるのではなく、読んでいるこちらにそういうものをひっかけるアンテナがあるにすぎないと思うからです。
だって、大昔読んでいた時には上記の台詞やシーンは単なる「いちシーン」でしかなく読者としてはさして重要な意味のあるシーンでもなかったのですしね。

最近いろいろな方面から世の中を考えるようになってきて、「これってこういうことなんじゃないか?」とか「TV報道も額面通りに受け取ってられないなぁ」とか、新しい視点を持つようになった(良くも悪くも)せいか、すぐこーゆうところに反応しちゃいます^^;。

ま、それはおいて置いて(つ¨)つノノ。



ともかくナハリオの働きによって、サルゴン少佐は九死に一生を得、白ゴリラ解放機構の鎮圧に成功する。
そうした死に物狂いの適性期間を得て、ナハリオはサルゴン少佐の補佐官となり、サルゴンは長年の望みであるエシュマ(荘厳な神殿)での任命式に出席することが叶うのだが…。

-- 続きを読む --

秋里和国 『青のメソポタミア』 ③ 

アマゾン君には『青のメソポタミア』のイメージがない…。
しかも、ジャンルがコミックBLっ!?
えーと、そ、そうか、これってBLの範囲だったのか…って、えー!?違うだろー!?
青のメソポタミア 青のメソポタミア
秋里 和国 (1988/10)
白泉社

 *詳細を見る


青のメソポタミア (2) 青のメソポタミア (2)
秋里 和国 (1991/11)
白泉社

*詳細を見る


第2巻
第3部(基本ネタばれ注意です)

「その昔、神々は人を絶やそうと決意し地に大洪水を起こした。

 王ジウスドラは箱舟を作り生命の種を救った。

 人間を滅ぼそうとしたことを後悔した神々は
 ジウスドラに永遠の命を与えた。」

---聖書ノアの箱舟の原典といわれているシュメールの神話である---


<登場人物>
☆イム王
惑星エンリル・アッカド王朝の現王。
惑星“青”に暗殺されたはずのアダム王子が築いたシュメール文明が栄えていることを知り、困惑していた。

「惑星“青”のシュメール文明を消去せよ」



☆イルガル大佐(アリ・イルガル)
ジウスドラ王の腹心として働きながら、惑星“青”で現地調査を行っているエンリルの宇宙開発局調査団を率いる。
現地ウルの国王の腹心となるほど馴染む。(“青”年にして3年)
惑星“青”のシュメールの生活に憧憬の念を抱いている。

「それでも私はシュメールを愛しく思いますよ」



☆エア補佐官(エア・ラクロウ)
イルガル大佐の補佐官。
現地“青”ではイルガルの「妻」として行動している。
(補佐官は皆男性だが男性機能切除のため、女性っぽい風貌をしている)
無表情だが、賢く勇ましく美人(これ重要!?w)で原住民からも慕われている。

「さしたる違いがありましょうか。
 100人殺すも100万人殺すも同じことです。

 直接手を下すのはわたしです。
 大佐はなんら手を汚すことはないのです。
 気に病むことはありません」




☆ジウスドラ王(ウルの国王)
各都市の王が覇権争いで戦いに明け暮れ、同じシュメール人同士で殺しあっていることを嘆かわしくも感じている賢王。

「永遠に終わりなき戦いか…。
 最後まで見届けてみたい気もするな」




☆ドゥムジ王子
ジウスドラ王の息子。(10歳くらい?)
エア補佐官を母のように姉のように恋人のように慕っている。
「美人」なエアを無邪気に好いている。

「エア!!
 元気でねっっ、もうイルガルとケンカしちゃダメだからね!」





“青”のシュメールでは宇宙の法則を定めた神を「エンリル」、ウルの国の守護神は「ナンナ」、冥界の神は「エレキシュガル」太陽神は「ウトゥ」と呼ばれて祀られていた。
この頃、ウルの周辺にはエリドゥウルクラガシュニップールキシュ、マリ、ニネヴェなどシュメール人の国家都市が覇権を争っていた。

-- 続きを読む --

秋里和国 『青のメソポタミア』 ② 

第1巻
第2部(*基本ネタばれ注意です^^;)

紀元前23世紀頃のメソポタミア地方
ティグリス川ユーフラテス川に挟まれた肥沃な大地。
この地方のシュメール人国家は、都市国家ウルクの王・ルガルザグギシが支配していた。

その地方都市国家キシュで、無能な王・ウルザババを蹴落としてキシュの王となった宰相がいた。

彼の名はサルゴン

イアンナ神の子としてシュメール人に戦いを挑むサルゴン。
彼はキシュの王としてルガルザグギシを倒し、またたくまにティグリス・ユーフラテス川流域、果ては地中海からペルシャ湾までもを制覇し、古代史上初の大帝国を築き上げた。

名君、アッカド王朝創始者・サルゴン大王である。
アッカド王朝は、その後5代140年間続く。


メソポタミア地方

★【店主随想第十六話「麦酒」】より地図参照。



が、物語はそのサルゴン大王が帝国を築くさらに1700年ほど前に遡る…。

-- 続きを読む --

秋里和国 『青のメソポタミア』 全2巻 ① 

青のメソポタミア1

<作品メモ>
秋里和国 (あきさと わくに)
青のメソポタミア』全2巻

第1巻
第1部 【LALA1987年(昭和62年) 10月号、11月号掲載 P99
第2部 【LALA】1988年(昭和63年) 8月号掲載 P84

白泉社【LETS COMICS】
1988年(昭和63年) 10月 初版発行
定価 : 800円 (税別777円) 
1990年(平成2年) 5月 第10刷版 (消費税3%の頃)


第2巻
第3部 【LALA】1989年(平成元年) 5月号掲載 P100
青のメソポタミア」番外編荘厳な神殿 -エシュマ-
【LALA】1989年(平成元年) 8月号~9月号掲載 P100

白泉社【LETS COMICS】
1991年(平成3年) 12月初版発行 
定価 : 800円 (本体777円)



<登場人物>
第1部
☆アダム王子(アダム・サクエス・エ・シュメール)
惑星エンリルのシュメール王家の王子で宇宙開発局の少尉。
小麦色の髪に茶色の瞳、お人好しでやさしい性格。
王族の政権争いに嫌気がさしていて王位継承を自ら退くが、調査派遣先の惑星“青”で謎の暗殺者に襲われ…。

「醜い紛争を見るくらいなら、わたしはここで青人として暮らしたい」


☆ジウド王子(後に王となるジウド7世)
黒髪で焦げ茶色の瞳。
戦うことより音楽を愛するが、継母王妃の言い成りの気が弱くて臆病者。
アダムとは子のなかった前王の後継ぎとして養子に迎えられた王族の従兄弟同士にあたる。

「あ、アダム!…気をつけて」


☆未亡人となった皇太后(アダムとジウドの継母)
惑星エンリル、2000年の歴史を持つアッカド王朝の王妃。
王亡き後、次期王となった年若いジウドを影で操る。

「ジウド、おまえは私のかわいい人形。
 なにも心配することはないのよ…」



☆サルゴン中佐(カイン・アベル・サルゴン)
気に入らない人物は「原子分解してやりたい」が口癖。
気性は荒いが高貴な血筋を感じさせる。
惑星“青”の調査団を指揮する責任者。
王族が大嫌いだが…。

「ところがどうだ。人間の中身は腐ったまんまだ」


☆フロン博士(エバ・ユング・フロン)
アダム王子を慕う可愛らしい言語学者。
惑星“青”の調査団のひとり。
可愛い顔だがサバイバル向きな性格!?

「カイン・アベル・サルゴン中佐。
 子供ができたらあなたの名前をつけてあげるわ、お元気で!」




☆サマル
フロン博士の弟。
ギャンブル好きの姉想いな愚弟。
姉がアダム王子と親密になるのを邪魔しようとする。

「ぼくはね、後々姉さんの悲しむ姿を見たくないの」


☆ナハリオ(エシュマ・ナハリオ)
サルゴン中佐の補佐官。
補佐官は上級将校ひとりに付き、あらゆる補佐の職務をこなす。
身の回りのことも献身的に世話し、感情を押し殺した限りなく機械に近い人間。記憶力、身体能力も抜群。

「私はあなたの補佐官です。
 いつでも中佐にとって最善となるべきことだけ考えてます」



惑星“青”
恒星トウト(太陽)に率いられる9つの惑星の第3惑星。
(*この頃まだ冥王星は“惑星”扱いだったのだ…)
9つの中で唯一水を保有するとみられる星なため、アッカド王朝の3番目の殖民星とすることができるかどうかを調査するのが目的で調査団が派遣される。
直径約12,742㎞、恒星トウトからの距離約1億4,950万㎞。
距離38万㎞のところに直径3,476㎞の衛星(月)を有する。
エンリルよりも小さい惑星、軌道のため1日1年がエンリルと比べるとかなり短い。

エンリルの銀河系協定では、ホモ・サピエンスのいる星の植民地化は禁じられているが…。

神は自分のかたちに人を創造された。

すなわち神のかたちに創造し
男と女を創造された。

神は彼らを祝福して言われた。

「生めよ、ふえよ、
 地に満ちよ、地を従わせよ。
 また海の魚と、空の鳥と、
 地に動くすべての生き物とを治めよ。」




-- 続きを読む --

新年早々英語のお勉強…!? 

新年、とっくに明けてましてオメデトウございますm(_"_)m。
今年は随分暖かい年明けとなりました。

昨年は年末(クリスマス前)からPCに触らない生活を送ってまして、これが今年の書初めならぬ、「叩き初め!?」となりました。
昔人間なせいか、ネットに触らない生活もさほど退屈もせず過ごせます。


ああ、平和だなぁ。



そうそう、おやつに出したミニチョコパイ(ふたつだけ残っていたもの)をくろん君が一人でふたつとも食べた時は

「こいつ……(怒)」

と、ぐーで頭をぐりぐりしたり、例えば震災でおにぎりがふたつ配給された時でも

「ご、ごめんっ!お、おなか空いてて、つつつつい無意識に全部食べちゃったの…」

とかやりそうだなオイ、とか心の中でシュミレーションしてみたり、そんときゃあ本気のぐーパンチだ!とか瞬時に考えたりしましたが、総じて平和な年明けでしたよ。ほほほ。(食べ物の恨みはなんとやらと申します)


しかし

「チョ、チョコパイ君はさっきね、旅に出るって出かけてったんだよっ! そ、そのうち帰ってくるよ!(汗)」

と誤魔化す相方に誤魔化される自分もあほぅですが、それも平和な証拠ですね。







さて、昨年はてるま様に教えて頂いたように、件の意味不明な英文コメントは他のブログにも多々見られ、どうやらスパムTBに変わる変体スパムのようなのでサクッと削除することに致します。

しかしながら、ぱっと見これがまともなコメントなのか文章から判断できないのは我ながら情けない英文和訳力…。
年末から年始にかけて頂いた英文変体スパムも一応それなりの文章なので、自動翻訳こんにゃく君に訳してもらおう。


その1。

microscopic view of sperm cells

As soon as Deerslayer believed himself to be done.


☆精子の微細な見方

Deerslayerが彼自身が役立たれると思うとすぐに。





その2。

walled lake consolidated schools

Fortunately, the wisest of all that had held many a gap in the woods, the eye, chief- did you ever hit anything human or intelligible: did you walk from the castle were still standing on the scene of action, and my duty infutur', some had even been known to themselves as a whole life have been completed, is purified and without the reappearance of the subject were not without an owner.


☆壁に囲まれた湖統合学校

幸いにも、木、目、チーフの多くの隙間を占拠した全てで最も賢明であるもの-、あなたはこれまでに人間的であるかわかりやすい何でも打ちました:あなたが、城から歩いて行動と私の任務infuturの場面の上にまだ立っていた』、いくつかは彼ら自身に知られていさえしました、生涯は完了されました、浄化されて、そして、主題の再来なしで、所有者なしでなかった。






その3。

back pain medication

And Lucy's admirers--and Lucyherself-- How, and join the Colonel and Miss Burney, and his sister, in order to wash away the Frenchman's launch in capital condition, Miles, a year, said Mr.


☆背中の痛み薬物

そして、ルーシーのファン — とLucyherself — How、そして、大佐とバーニー嬢に加わってください、そして、彼の姉妹は、主要な状態、マイルス、1年にフランス人の発射を流しなさいという命令で、ミスターを言いました。






その4。

three sample cover letters the third

It was evident that the master of an instinctive navigator; true as any American well can have no difficulty in carrying on the ship.


☆3つの試料カバーは、第3に文字をしるします

それは明白でしたその本能的なナビゲーターの達人;一人のアメリカ人もよく船を載せることが困難であることができなくて、本当の。





うーむ、ほんの数行の英文なのにやはり意味不明っす。
このスパム英文コメント、嫌がらせ以外になにか意味あるのだろうか…?
ま、いっか!サクッとな!




そういや今年のキーワードは「捨てる!」
あー、お家のガラクタもこうやってサクッと捨てられたらいいのになぁ。

はっ!いやいや、早速弱気になってどうするの。

「捨てるどーーーっ!!」(ヨイ子風)






ん、捨てるどー…「捨てる道」

…。


よし!
今年はこの道、極めるどーー!w








うっかりしてましたが、だらだらと更新して気がついてみれば開店して1年経っておりました。
脱線も多く、だらだらし過ぎて今だ「あ行」から脱していない【じるこん堂】ですが、今年ものんびりお付き合いのほどよろしくお願い致します。

まま、一服お茶でもいかが^^?



日記 *  TB: 0  *  CM: 3  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。