小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

03月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

安野モヨコ 『さくらん』 

映画『さくらん』の原作は、『美人画報』や『ハッピーマニア』、最近では『シュガシュガルーン』『働きマン』のマンガでおなじみの安野モヨコの同名マンガ『さくらん』です。

さくらん さくらん
安野 モヨコ (2003/11)
講談社

*詳細を見る


<作品メモ>
安野モヨコ
『さくらん』(第1部:全13話)
イブニングKCDX
講談社【イブニング】
2001年(平成13年)9月号、2002年(平成14年)1、2、4、6、8、12月号、2003年(平成15年)1~5月号、7月号に掲載。
(*現在第2部は休載中で未完となっている)
2003年(平成15年)11月に初版発行
2003年(平成15年)12月 第3刷分
定価 : 857円(税別) P300

ところでマンガ『さくらん』の表紙右がわには作者の名前安野モヨコと縦書きしてあるが、その下には「庵野百世」という落款がついている。
言わずとしれたことだろうが、庵野とは安野モヨコの夫でアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の監督でも有名な庵野秀明の「庵野」だと思われ。
そう言えば、映画『さくらん』の中にも庵野監督出てました…。
きよ葉の初めての男は「俺だ!」「いや俺だ!」「俺だよ!」と言い張る俺だくんのひとりに出演しております。w(何やってんすか監督~!)
映画をご覧の方はそちらもご注目ください。

★【安野モヨコオフィシャルウェブサイト「蜂蜜」

★【映画『さくらん』公式HP


映画では、江戸は吉原遊郭を舞台にして描かれた遊女の中の遊女、「花魁」の物語。
もともと身売りされた幼少の頃から気の強さと負けん気が人一倍のきよ葉(*幼名「とめき」(*映画では子ども時代からきよ葉という名になっている)、花魁になってからは「日暮」)が最後には玉菊屋の花魁に昇り詰めるというある種のサクセスストーリーの様になっている。

しかしマンガではもっと暗いというか、人間の卑しい部分や逞しい部分、訳もなく不機嫌で遊女仲間の禿(かむろ)をいじめたりする、女の哀しい部分などは映画よりも強く滲み出ているかもしれない。
もちろん、きよ葉のあのさばさばしたところは同じだが、こちらももっと意地の悪い感じだ。

映画の方が色彩もキャラクターたちも華やかで玉菊屋の女将もほかの遊女たちも明るく愉快な表情を見せてくれていた。
マンガの中にある気だるげな物憂い雰囲気があまりなかったように見える。
多分、物憂いなダルイ雰囲気を払拭する勢いが椎名林檎の音楽にもあったのかもしれない。

平成風俗 平成風俗
椎名林檎×斎藤ネコ (2007/02/21)
東芝EMI

*詳細を見る


マンガには音楽がないからね。
豪華絢爛な色彩もびりびりくるような音楽も華麗な舞台装置もないマンガの『さくらん』。
では何があのマンガの魅力は何か?

それは、キャラクターの表情です。
もちろんストーリーや絵の上手さがあってこそだけども、映画との比較で優れている点を上げるとしたら、あの紙の上で描かれるキャラクターのインパクトでしょう。
そりゃあ映画の中の土屋アンナ菅野美穂木村佳乃も綺麗でしたよ、華麗でしたよ、艶やかでしたよ。
清次役の安藤政信は髷が似合いすぎてびっくりさ。

けども、まだ子どものとめき(きよ葉)が川原で同じ時頃の少女お染と泣くシーンや、新造になったきよ葉の「にやり笑い」、玉菊屋の遊女仲間、遣り手ばばあ達の人の不幸や失敗を楽しむ時のあの「ほくそ笑い」、助けてもらったきよ葉に信じて信じられる間夫がいて「随分幸せなんだなぁ…」と嫉妬する遊女仲間若菊の虚ろな顔、惚れた間夫にあっさり見切られた後のきよ葉の呆然とした表情…。

ふてくされ、妬み、恋焦がれ、信じて、裏切られて、でも笑う。

映画ではその豪華な小道具や音楽で彩られている部分をマンガでは(当たり前だが)ペン一本で表現している。
色も音もないからこそ、乱れた髪の一筋や光のない瞳や眉間のシワ1本が登場人物の心を雄弁に語るのだ。


セックスのシーンなんて、映画の方がよっぽど健全だった。
マンガの方がむしろ陰気で気だるく物悲しいのにそそる雰囲気がある。
ま、どっちが好みかは人によりけりでありんすね。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

蜷川実花監督 『さくらん』 

「てめえの人生、てめえで咲かす」

「てめえの人生、てめえで咲かす」

百花繚乱!
極彩色エンタテインメントムービー『さくらん』を見よ!
さくらの花よりも早く咲いて散った女の華、見るなら今だよ!さぁ、寄ってらっさい見てらっしゃい!
花街吉原で見るより豪華絢爛の舞台意匠、いや衣装。
妖しい女の色香もさることながらてめえの体ひとつで意地も張るのが吉原花魁
なりとうてもなれん奴の方が多いんじゃタワケ!と花魁街道張れるのは華一輪。
なれるもんならなってみやがれ、媚びと張りは使い分け。
金さえ出しゃあ女が買える女郎街だと思ったら大間違い、野暮な男はごめんだよっ!と口を利いてもらえるまで通い口説かにゃ男もすたる、そんな男に惚れたら地獄。
惚れた張れたは女にゃ命。
他の男に抱かれても、抱いて信じる間夫はおまえ一人となぜ信じてくれぬ。
いっそお前を殺してわっちも死ぬ!
死んだらなにもかも終わりじゃねぇか、あたいは自分の力でここから出てやらぁ。
咲かぬさくらはないんじゃよと教えてくれたおまいさん。
嘘偽って愛されるよりゃあ、まっすぐ信じて添い遂げようぜ。
女は花魁、花はさくらん!?




監督 : 蜷川実花
★【NINAGAWA MIKA OFFICIAL WEBSITE



主演 : 土屋アンナ
さくらん1

★【ANNA TSUCHIYA OFFICIAL WEB SITE
映画『下妻物語』でつっぱりヤンキー少女いちごを好演。こちらも必見!w



脚本 : タナダユキ

1975年福岡県生まれ。
主演も務めた初監督作『モル』は、各界からの絶賛を受け、PFFアワード2001グランプリとブリリアント賞(日活)の二冠に輝く。
フォークシンガー高田渡氏のドキュメンタリー『タカダワタル的』(2004年)は東京国際映画祭特別招待作品になる。
最新作は『月とチェリー』(2004年)。
今、日本映画で最も期待される若手監督の一人。
★【Tokyo Source:004タナダユキ(映画監督)】より



音楽 : 椎名林檎
★【椎名林檎Virjin Music Co.:東芝EMI



美術 : 岩城南海子
蜷川実花がもつ独特な色彩世界を表現する上で重要な役割を果たしているのが美術セット。ステキ!
撮影所に丸ごと一軒の遊郭が再現され、目も眩むほど色鮮やかな障子、若草色の、そして龍の絵柄が印象的な張見世など浮世絵をベースに作られた美術セットはゴージャスで非日常的な吉原の遊郭を作り上げている。
作品の象徴といえる金魚鉢を埋め込んだ独創的な吉原の大門は圧巻!

「美術のこだわりとしては、玉菊屋の構造と色大門。(略)壁や格子の赤床や柱の黒畳の緑各遊女のキャラクターに合わせたカラー
特に赤色に関しては何色も作ってもらった中で納得のいく色にもっていくのに苦労しましたね(笑)」

「大門は、吉原の大門というよりも蜷川組の大門を作りたいと考えている中で、今作品のキーでもあり遊女の象徴でもある金魚から突然の思いつきで生まれました。
『さくらん』美術は私的に実験的な要素満載でかなり遊ばせて頂きました」



劇中花 : 東信(あずま まこと)
国内外から注目を集める新進気鋭のアーティスト東信が手がけた劇中花。
花をモチーフにした作品の多い蜷川実花とのコラボレーションにより、それぞれのキャラクターに季節やドラマに合わせ生けられている「床の間」の花にもご注目!
斬新で大胆に小さいながらも美しい空間「床の間」にも『さくらん』の世界が映し出されている。
★【花屋の日常、東信:ステラWEBマガジン



衣装 : 伊賀大介杉山優子
京都の老舗「京朋」とコラボレーションで製作された劇中衣装。
正絹の反物に反応染料を吹き付けて着色する「京朋」最新鋭技術“友禅グラフィック”を駆使して作られた衣装は眼にも鮮やかでいてクラシックな良さも残してある。
艶やかで色鮮やかな衣装は型友禅の見本裂や綴りの中から役柄に合ったものを選び、一着一着こだわりをもって作られている。
蜷川監督の写真を大胆にプリントした衣装もあるので良く見てみよう!

粧ひ(菅野美穂)、きよ葉(日暮:土屋アンナ)、高尾(木村佳乃)

「誰が“どっからどう観ても”“気にしなくても”“一瞬でも”一発で分かってしまうモノじゃねぇとココは、ね。という気分と気合のモトこの娘たちが産まれて来たってぇ寸法。
女の子は女の子らしく、紅いモノはより紅く、キレイなモノはキラッとさせて”まぁまぁ観る前からディティールってヤツを語るのも野暮ってモンです、そんなんじゃぁ花魁にもソッポ向かれちまいますよ、旦那。
“目ぇひんむいて、よーく御覧なさいな”」
by伊賀大介

「新しい感覚でありながら、日本の着物だからこそのものも(伝統として受け継がれて在る形・柄など)を必ず持っている衣装にしたいと考えました。
(略)沢山の古い着物やハギレ・資料を素に、一点一点のデザインや配色・仕立てをするのは大変でしたが、それにも増して古くからの着物の素晴らしい技術やセンス(派手さにも!)驚くことばかりでした
花魁は女性が憧れるファッションリーダーだったようです」
 by杉山優子



★【映画『さくらん』公式HP



原作 : 安野モヨコ
★【安野モヨコオフィシャルウェブサイト「蜂蜜」
さくらん さくらん
安野 モヨコ (2003/11)
講談社

*詳細を見る



★【『さくらん』クランクアップ記者会見:CINEMA COMIN'SOONシネマブログ

さくらん写真集 さくらん写真集
蜷川 実花 (2007/02)
講談社

*詳細を見る


キネマ旬報 2007年 3/1号 [雑誌] キネマ旬報 2007年 3/1号 [雑誌]
(2007/02/20)
キネマ旬報社

*詳細を見る


『さくらん』オフィシャルガイドブック 『さくらん』オフィシャルガイドブック
1週間編集部 (2007/02/09)
講談社

*詳細を見る


さくらん ~花魁音楽画巻~ さくらん ~花魁音楽画巻~
土屋アンナ、 他 (2007/02/21)
角川エンタテインメント

*詳細を見る




さあ、吉原の遊郭に興味が湧いてきたらこんな本でさらに「顔見せ1会」「挨拶2会」「馴染み3会」が人間心理を突いたシステムだったと分かって尚おもしろくなってくるかもしれません。

=花魁と馴染みになれるには=
1回目(初会)
客はまず引き手茶屋を通して見世に案内される。
長時間待たされ(焦らされ)、じきに花魁新造禿(かむろ)を連れて部屋に現れる。
花魁は客より上座に座る
直接言葉を交わすことは禁止。
酒を飲み、初会終了。祝儀は1両2分。

2回目(裏)
2回目に会うことを「裏を返す」という。
花魁と初めて言葉を交わせる。
花魁が客を「ぬしさん」と呼んでくれる。
酒を注ぐと飲んでくれる。祝儀は2両3分。

3回目(馴染み)
馴染み金という新たなご祝儀を払い、初めて花魁の部屋に通される。
宴会が始まり花魁がやっと名前で呼んでくれる。
花魁が客のことを気に入れば専用のお箸が用意され、馴染みとなれる。
以降、客の浮気は許されない。(遊女とはいえ、その付き合いは遊郭における夫婦関係に近い)
祝儀は13両3分。

*これまでの合計18両
現代に換算して約144万円也!
当時の職人の月収3ヶ月分だったという。

この馴染みになると、初めて花魁が茶屋まで迎えに来てくれる。
これが憧れの花魁道中だ!



志ん生で味わう江戸情緒[2] 江戸の花街「遊廓」がわかる [CD-ROM付] 志ん生で味わう江戸情緒[2] 江戸の花街「遊廓」がわかる [CD-ROM付]
凡平 (2005/08/05)
技術評論社

*詳細を見る

=目次=
第1章 : 江戸の遊廓「吉原」
江戸の不夜城・吉原遊廓
吉原は色の夢里
いざ吉原へ
五丁町と仲之町
茶屋と見世
見世の格付け
見世のつくり
吉原遊び
目指すは間夫
遊女の手練手管
 散策コース (1)浅草寺と奥山
 散策コース (2)富岡八幡宮と深川えんま堂
 地図で読む江戸今昔 吉原遊廓の“廻し”

第2章 : 吉原の歴史と伝説
格子向こうの吉原の花
新吉原の変遷
明治以降の新吉原
伝説のお大尽遊び
座敷遊びと料理
観光名所・吉原
花魁道中
江戸文化の華
 ありんす国の花魁伝説
 散策コース (3)柳橋と鳥越神社
 地図で読む江戸今昔 浅草は江戸の解放区

第3章 : 遊廓に暮らす人々
娘たちの十年間の吉原生活
遊女の一日
遊女人生
吉原の年中行事
吉原モード
遊女屋で働く男たち
遊女屋に出入りする人々
 散策コース (4)吉原遊廓と鷲神社
 地図で読む江戸今昔 芸者の男名前の由来

第4章 : 四宿と岡場所
庶民が通った色里
四宿と岡場所
宿場と飯盛旅籠
四宿の遊び
南国・品川宿の飯盛旅籠
岡場所と女郎アラカルト
気っ風が売りの深川
 散策コース (5)内藤新宿と追分跡
 散策コース (6)板橋宿と縁切榎
 地図で読む江戸今昔 四宿と宿場女郎

落語速記
付き馬
二階ぞめき
幾代餅
品川心中



ちなみにこの吉原の遊郭は幕府によって閉鎖を強いられてきたが、潰されては何度も復活し、「町人文化の意地と張り」で華ひらいた江戸情緒満開の夢のような一時代を築いたのでありんす。





さあ、映画を観る前にやたら知識を仕入れるのも野暮といえば野暮。
とにもかくにも原作、監督、脚本、音楽がそろいもそろって女の子の女による女のための女情念を描いた今までにない遊女映画、ハリウッドのなんちゃって芸者映画『SAYURI』なんか目じゃあないぜ!?!
さぁさぁ、さぁさぁ!さくらの花見よりも兎にも角にもこっちの『さくらん』ご覧あれ!






ところで、ラストの快晴&桜満開&菜の花満開のシーンはCGでも合成でもありんせん。
幸手権現堂堤桜と菜の花

2006年4月6日に、埼玉県の幸手市にある幸手権現堂堤という場所で実際にロケ撮影された時のものでありんす。
豪華絢爛玉菊屋のセットや花魁の衣装など作られたゴージャスな美術とも違う、いえ、それらと対を成す別の美しさを表現しているようで圧巻でありんす。







★【桜の街、埼玉県幸手市へようこそ!

★【幸手市観光協会

★【幸手市観光協会による桜・菜の花の開花情報
所在地 : 埼玉県幸手市大字内国府間地内
交通 : 電車/東武日光線「幸手駅」下車徒歩30分
        「幸手駅」~五霞町役場前行き「権現堂」下車1分
(*さくら祭り期間中は駐車場1日500円)

2007年3月26日にここでの桜の開花宣言が出されています。
この情報は4月11日まで毎日更新されるでありんす。

春分の日:お彼岸にはおはぎでありんす。 

玄関の国旗


今日3月21日は春分の日。祝日でーす。
春分の日って昼と夜の長さが同じ日だってことやんね?


=春分の日とは?=
昭和23年(1948年)に開始された祝日。
意義は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日。
春の彼岸の中日にあたる。
戦前は「春季皇霊祭」と言った。
太陽が春分点を通過する日(春分日という)と、一応天文学と関係する祝日なので年によってたまに変化する。
(*ほぼ春分の日は3月20か21日、秋分の日は9月22日か23日になるようだ)
ある年の春分の日が何日になるかは、閣議で決定され前年の2月の官報に掲載される。
天文学的な春分日なら、将来まで計算できるが同じ日になるかは別。
(*将来の春分・秋分日参照)

★【こよみのページ:現在の祝日一覧】参照。



こるちが子どもの頃、どこのうちでも当たり前のように祝日には玄関に国旗を飾ってあったよなぁ…と思い出した。
外で遊んでいると軒先に翻る日の丸が「特別な日だー!」という気分を掻き立ててウキウキしたことも。

思い出す…というほど最近はあまり見かけなくなったということだと思い当たってちょっと愕然とする。
アパートやマンションにはそういえば国旗を飾るための設備がほとんどないということも。
だからそこ、こうして玄関に日の丸の国旗が掲げてある光景がまぶしく見えます。



-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

三島由紀夫 『春の雪』-豊饒の海(1)- 

今年は冬に一度も雪を見ることなく、このまま暖かい春になってしまうのかなぁ、生活するには過ごしやすかったけどキンと冷える空気を感じず、雪も降らないまま桜を見るのもなにやら物足りないなぁ…などとお天気話をそこかしこでしていたら、3月になって雪が降ってきたよ!あーびっくりした!

というわけで、春に降る雪か~とすぐに溶けた雪にちょっとホッとしつつ思い出したのでこちらをば。つ三島由紀夫春の雪』*豊饒の海全4部作のうちの第1部。

春の雪 春の雪-豊饒の海(1)-
三島 由紀夫 (1977/07)
新潮社

*詳細を見る


この作品は昭和44年1月に新潮社から出版された。
こるちが持っているのは昭和52年7月初版発行された文庫版の第45刷版(平成9年9月発行本)、定価552円(税別)の朱色の背表紙の新潮文庫だ。

維新の功臣を祖父にもつ侯爵家の若き嫡子松枝清顕(まつがえきよあき)と伯爵家の美貌の令嬢綾倉聡子(あやくらさとこ)のついに結ばれることのない恋。
誇り高い青年が、「禁じられた恋」に生命を賭して求めたものは何であったか?
…大正初期の貴族社会を舞台に、破滅へと運命づけられた悲劇的な愛を優雅絢爛たる筆で描く。現世の営為を越えた混沌に誘われて展開する夢と転生の壮麗な物語『豊饒の海』第1巻。

裏表紙より。




たしか、この小説、妻夫木聡がこの偏屈天邪鬼青年清顕を、竹内結子が誇り高く行動的な令嬢聡子、及川ミッチーが聡子の婚約者として登場する宮家の治典王殿下(はるのりおうでんか)役で出演して豪華なんたらな大正初期の貴族映画になっていた。

春の雪 春の雪
妻夫木聡 (2006/04/28)
東宝

*詳細を見る


実は映画は観ていませーん。
でも原作を読んだだけですが、配役はまあまあ違和感なくいいんじゃないかなーと思います。

ただ、この『春の雪』を大正時代の青年貴族の悲恋物語としてだけ捉えてもあまりおもしろくないんじゃないかなぁ…と思ったりしています。(観てないからなんともいえないのですが)

この物語は、その美しい青年と令嬢の悲恋の物語だとか、後4部作となるために導入部としての輪廻転生の物語でもあるとか内容を語ることもありなのですが、改めて読み直してみて、これは内容が素晴らしいとかそういう小説ではないような気がしました。

こんなことを言っては緻密に計算して書き上げた作家に失礼かもしれない。
でもこるちは、この小説は「文字が美しい」とか「音が美しい」とかそう表現したくなる文章の絵画だと思っています。

ほんとうに「ほう…」と読みながらため息が漏れます。
文字が美しくて。
フォントがきれいとかそういう意味じゃないですよ!(^^;

正直言って、主人公の清顕も聡子も4部作の語り部として登場する清顕の唯一の学友本多青年も貴族である侯爵や伯爵も軍人としてほとんど感情を発露することなく登場した治典王殿下も、この物語で登場して思い入れるキャラはいないんですよ私には。
しかも、恋愛物って読んでいても「へー、ふーん、あ、そう」みたいに実はあまり感情移入できなかったりします。

悲恋とあっても「恋愛なんて大体そんなもんでしょーよ」で感想は終了!こんな感じです。

だから、内容じゃないんです。
P409(解説含まず)の長い長い文章に、飽きるところがまったくない。
どこを切り取って読んでも「美しい」。
キレイな画集をぱらぱらめくっているような気分で読める小説なのです。

三島由紀夫って、すごいなー。
もう読んだ後はこんな単純な感想しか出てこない。

読む前は、死んだ時のエピソードが強烈だったからか「痛いヒト」みたいな印象しかなかったんだけれども、このヒトの文章、小説を読んでみて始めて

「文章にも美しさってのがあるものなんだ!」

とこの同じ「文字」の羅列がその配列ひとつでこんなにも輝きが違うものなのかと実感できた時の衝撃ったら!

不思議なもので学生時代は日本文学にまったく興味もなく、三島由紀夫も心酔してる学友もいたし、熱烈に語って薦めてくれた人もいたと思うんですが、個人的には全然興味がなかった。そんな昔の人の作品なんて興味ないし、と。

有名過ぎる作家なので、三島由紀夫そのものや三島由紀夫の書いた小説の話はよく耳にするし、ものすごく分析も解説もされまくっているのは知っていたけれども、実際に自分で読んでみようとは思わずそのまま社会に出たわけだけど、はやりどんなに詳しく書かれていても、人が評論したものでその作家の真髄は理解できんものなのだと思いました。

だって、どんなに詳しく作家の経歴や物語の時代背景を詳細に解説してもらったって、だれもあの三島由紀夫の文章の美しさは表現しきれないんですもの。

心洗われるお話や、読んで悲しくて泣いたり切なくなってしまう小説はそれなりにあるけれども、読んでいて文字の「美しさ」にうっとりする小説なんてそうそうない。

こればかりは、自分でページをめくって一字一字読み進めていかなければ、あの文章の美しさに触れることはできないのだ。
正直、この「豊饒の海」シリーズがどういう結末になっているのか…とか、私はあまり興味がない。
ヘンな話、三島由紀夫の小説に「ストーリー」(内容)は求めていないのだ。

もっとも、それも作家自身が練りに練って計算しつくして小説として完結してるからこそ「気にしない」でいられる安心感があるせいなのだけども。



奔馬 奔馬-豊饒の海(2)-
三島 由紀夫 (1977/08)
新潮社

*詳細を見る


暁の寺 暁の寺-豊饒の海(3)-
三島 由紀夫 (1977/10)
新潮社

*詳細を見る


天人五衰 天人五衰-豊饒の海(4)-
三島 由紀夫 (1977/11)
新潮社

*詳細を見る



それとも最後まで読むと、また予期せぬ美しい扉が開かれるのだろうか?
タイトルの「春の雪」は、小説中では2月も末に降る雪で、「絵画」のような物語を包む淡い「額縁」のような印象を残すのでした。



小説 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 

生まれ変わっても日本人でいたいですか? 

もうひとつ和む記事をご紹介したいと思います。

2006年10月8日の主婦「くっくり」様による時事ネタぼやき、マスコミへのツッコミブログにて行われたアンケートについての記事です。

Q:生まれ変わっても日本人になりたい?

[投票期間]
 2006年9月25日 ~ 2006年10月6日

[投票数]
 2487票

[投票結果]
 なりたい   (2424票/97.5%)
 なりたくない (27票/1.1%)
 わからない  (36票/1.4%)

★【ぼやきくっくり:アンケート「生まれ変わっても日本人になりたい?」結果と全コメント】より




昨今の中韓寄りの偏向報道にうんざりしていたので、過去記事ですが詠ませて頂いて「へぇ~@@!」と新鮮な気持ちになりました。
もちろん、くっくり様のサイトに集まる人々という共通項はあるでしょうが、こんなにはっきりと「日本人でいたい」という好意的、肯定的な日本人自身の意思に触れることができて驚きました。

多分、こるちがこのアンケートに参加したとして、学生時代、1980年代、1990年代、2000年頃、2006年、と時代が違っていたら答えも変わっていただろうな。

今?
今だったらもちろん「やっぱり日本人でいたい^^!」かな。
なんだかんだと言われているけど、自分、日本のこと好きなんだよなぁ。

学生時代~1980年代だったら「せっかく生まれ変わるなら今とは違う人生を歩んでみたいじゃん?」て感じで「なりたくない」、で、なまじヘンな知識を仕入れてた1990年代~2000年頃だったら「こんなに酷い国じゃなくて、もっと平等で平和で社会福祉がしっかりしててプライドを持てる国の人間になりたい」と「なりたくない」に投じていたような気がします。

「なりたい」に投票された方のコメントの抜粋が425件掲載されていますが、改めて目からウロコが落ちる思いがしました。
学生時代に学友たちと日本の政治や国際交流について話し合った時になぜか最終的には

日本は海外から何もかも遅れている
こんなことだから日本はいつまでたっても国際社会から浮いているんだ
海外ではこんなに進んでいるのに、日本はまだまだダメだ

といった趣旨に落ち着いたものでしたが、そうなってしまう思考ってのはなんだったんだろう?と改めて考えさせられます。




もちろんそのブログの趣旨に賛同してる方がそのアンケートに参加している割合が圧倒的に多いでしょうから、好意的なの投票が多いのは当然でしょうが、それでもここ数日ネット環境から遠ざかりTV報道の「日本は孤立している」だの「もっと過去の歴史を反省しろ!」だの「もっと無条件で謝罪と賠償しろ!」だのと誰かに頼まれて宣伝でもしてるんですか?と穿った見方をしたくなるような情報にうんざりしていたので、実にほっとしたような爽やかな気分になりました。

謙虚なのは日本人の美徳ではありますが、必要以上に卑屈になることはない。
そうことばにして意識できるのとできないのとでは、まったく心持ちが違うものなのだなぁ、としみじみ実感します。

こういった意思に触れられる機会をもっと増やしていけたらいいなぁと思います。




ついでに最近のニュースでもよく聞かれますが、某国の北や南がわざわざ国外で騒いでくれたお陰でしょうか、CNNがこんなアンケートを行っていました。
★【CNNのアンケート「日本は慰安婦問題で謝罪すべきですか?」
2007年(平成19年)3月10日現在の結果も貼っておきまーす。

Created : Sunday, March 04, 2007, at 23:13:36 EDT
作成 : 2007年3月04日 日曜日(23:13:36)

Should Japan apologize again for its World War II military brothels?
日本は、もう一度その第二次世界大戦時の従軍慰安婦の問題について謝罪しなければなりませんか?


Yes「はい」 : 21% : 873,105 votes(票)

No「いいえ」 : 79% : 3,344,373 votes(票)

Total(合計) : 4,217,478 votes(票)

This QuickVote is not scientific and reflects the opinions of only those Internet users who have chosen to participate.
The results cannot be assumed to represent the opinions of Internet users in general, nor the public as a whole.
The QuickVote sponsor is not responsible for content, functionality or the opinions expressed therein.

このQuickVoteは科学的でなくて、参加する方を選んだインターネット利用者だけの意見を表してます。
結果は、全体として大方のインターネット利用者も市民もの意見を意味するわけではありません。
QuickVoteスポンサーは、その中で表される内容、機能または意見に対して責任を持ちません。



この結果を見て、某国は「日本のネット右翼が活躍しているせいだ!」とかなんとか分析して「我々も負けないように投票しなければならない!」(*YESの投票率を上げるようにしよう!)とかぞろ息巻いているらしいです。



こーれーだーかーらー、あの国の人々の思考回路で歴史をとやかく言われたくないとこるちは思う。
だって調査から結果を見るのではなく、もともとあるべき結果(日本が全部悪いに決まってる!みんなもそう思ってるに違いない!)を求めて行動してるんだから…。



ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。