小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

08月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

荻上直子監督の『かもめ食堂』つながりで② 

なにげにもう8月も終わるのねー。
涼しくなってうれしいわ♪

で、『かもめ食堂』つながりでもう一本みた映画がベント・ハーメル監督の『キッチンストーリー』(2003年)。


キッチン・ストーリー キッチン・ストーリー
ヨアキム・カルメイヤー、トーマス・ノールストローム 他 (2004/11/05)
エスピーオー

*詳細を見る



ノルウェースウェーデンを舞台にした合作?映画で、監督はノルウェー人です。
物語はスウェーデンの家庭研究所の調査員がノルウェーの独身男性の台所での動線を調査するために2週間その行動を観察する…という奇妙なもの。


キッチンストーリー1



ヘンな研究ですが、これは監督が昔見た主婦の台所の動線を調査した動線図から思いついたもののようです。

北欧の映画って観たことなかったんだけど、有名なのがカウリスマキという監督らしく、このノルウェー人監督のベント・ハーメルは「カウリスマキの後継者」という評判の北欧期待の新星監督らしい。
あの『かもめ食堂』の荻上直子監督カウリスマキ監督の映画が大好きらしく、それであの映画を撮ったとどっかにあったし、『かもめ食堂』を観たフィンランドの観客も「カウリスマキの映画の印象と似ている」とも語っていたらしい。

むふふ、何も知らなくてなんとなく手にとって観ようと思った『キッチン・ストーリー』だったけどちゃんと繋がっててよ。

監督・脚本・製作 : ベント・ハーメル

撮影 : フィリップ・オガールド

編集 : ポール・ゲンゲンバック

音楽 : ハンス・マティーセン

出演はヨアキム・カルメイヤートーマス・ノールストローム、レイネ・ブリノルフソン、ビョルン・フロベリーといったノルウェーやスウェーデンの俳優さんたち。


ものすっごいハンサムとか存在感がある…というよりも、監督の思った通りに「どこにでもいそうな」人々を淡々と演じられるベテラン俳優さんたちを選んだらしい。
なんとなく北欧の小林聡美もたいまさこって感じですか。

映画もよく考えると、もっさりしたあましオサレでないオッサン版『かもめ食堂』!?って感じです。

でも好きですわ、この映画。
なんというかー、北欧って日本とは遠く離れている国々で歴史も文化もまったく違うんだけど、この映画を観てるとどこか似ているような気がして親近感が湧くの。
うん、地味~な映画だけどなんかほのぼのするし。
それもただほのぼのするだけでなく、オヤジ(A)の心を動かして仲良くなったオヤジ(B)にオヤジ(C)が嫉妬してトレーラーごと線路の踏み切りの上に置き去りにしたり(ひょー!)、あくまでも契約を果たせ!と二人の仲(オヤジAとオヤジB)を引き裂く上司がいたり、ラストではオヤジ(B)とオヤジ(C)が仲良くしてたり…とこんな書き方ではな、なにか大きく誤解されてしまいそうな気もするが、とにかく北欧だろうが日本だろうが人間関係における感情的なやりとりって似てるんだなぁ「わかる、わかる」と頷いてしまいそうな描写もあって、なんの事件も大きな展開もアクションもないけど、最後まで見入ってしまう不思議なほのぼの映画なのだ。

特に好きなシーンが後半の、オヤジ(A)の誕生日を二人でお祝いするシーン。
もっさいオヤジふたりでかわいいケーキを囲んでお茶飲んでお酒飲んで…「誕生日を人に祝ってもらうのは何年ぶりだろう!」ってご機嫌になって。
ほんとは調査対象者と調査員は口をきいたり一緒に食事してはいけないって規則がある研究だったんだけど「そんなもん知るかい!」って食事を楽しんでいるの。

キッチンストーリー


ただ食事を楽しむっていうか、このシーンを観て「人生を楽しむ」ってこーゆー感じかなぁと。

昔は「一瞬の幸せなんてしょうもない、意味がない」とか「どうせ人間いつ死ぬかわからないんだから」…って漠然と考えて生きている時間をおざなりに(*未だになおざりとどっちがどっちだっけ!?と考える)してた部分があったんだけど、最近は生きているうちに感じられる幸せはたとえそれが短い時間でも宝物だよなぁ、って思えるようになってきたかなぁ。ああ、長生きしてよかった。


なんというかー、「人間の感じる幸せな時間」を表現したらこんな感じかなーと私は観てて思ったじんわり系の映画です。


キッチンストーリー』と『かもめ食堂』、併せてご覧になると面白いかもしれません。




関連記事~。

★【荻上直子監督の『かもめ食堂』つながりで①

★【コピ・ルアック♪『かもめ食堂』に行きたーい!

★【映画『笑う大天使(ミカエル)』



スポンサーサイト

荻上直子監督の『かもめ食堂』つながりで① 

かもめ食堂』はレンタルDVD屋(やはり今でも「レンタルビデオ屋」の方が語呂はしっくりくるなぁ)ではそうたくさん置かれている映画ではないようなのだが、こるちの中では邦画ランキングでかなりのスマッシュヒット&お気に入りの位置についている大好きな映画に入っております。



その『かもめ食堂』の荻上直子監督の他の映画は実は見たことがあったんだった。
それは『バーバー吉野』。
どこにでもありそうな、でもちょっと不思議な雰囲気のとある田舎の理髪店を中心に物語が進んでいくほのぼの(?ちょっと違うなぁ)映画だ。
この映画にももたいまさこが出ていた。


バーバー吉野 スペシャル・エディション バーバー吉野 スペシャル・エディション
もたいまさこ、米田良 他 (2004/10/22)
ハピネット・ピクチャーズ

*詳細を見る





ま、『バーバー吉野』のことはこの辺にして(はやっ笑)、『かもめ食堂』を見た直後だったので、同じ監督の他の作品が観たくなって監督作品第2作目という『恋は五・七・五!』を観ましたよ。
やっぱりもたいまさこが出ていたw。
監督、よっぽど好きなんですねー、もたいまさこ



『恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会』 関めぐみ初主演映画 恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会
関めぐみ、小林きな子 他 (2005/09/22)
東北新社

*詳細を見る



かもめ食堂』と比較するとまだ映画としては編集にぎこちなさは感じるのだけど、ま、その辺は映画初主演の関めぐみちゃんがカワユイからいーんです。

この関めぐみちゃん、ただ今放送中の現代的超絶いじめドラマ『ライフ』にも出演していて主人公椎葉くん(北乃きい)の心の支えという役どころ(羽鳥くん)をなかなかクールに演じております。
個人的にはサイコないじめ役のまなみちゃん(福田沙紀)もけっこう好きです。
いじめ役を好演というのもちょっとヘンな表現ですがwあそこまで徹底してもらえると返って爽やかな気分になります。
途中で中途半端に改心して「今までごめんね、あたし、なんてひどいことを…(涙)」なぁーんて反省することなくブイブイといじめ街道をつっ走っていってほしい。
個人的には主人公にとって一番の危険人物は実は関めぐみちゃんの役どころかと思ってたりします。>椎葉を見守るクラスのアウトサイダー羽鳥。
ふふふ、最も信頼している人物、最も親しい友達の裏切りが一番ダメージ大きいんだぜ。
「敵」のえげつない攻撃よりも「味方(だと思っていた人物)」の裏切りの方が人の心をズタズタにしますからな。

というわけで、こるちの中で『ガラスの仮面』初期の姫川亜弓と北島マヤのような立ち位置で(いじめ役&いじめられ役)でドラマをひっぱっていってほしい。

『ライフ』:フジテレビオフィシャルサイト

ドラマはすえのぶけいこ原作のマンガですが、マンガの方が内容は激しいようです。(まだマンガはちゃんと読んでないのですが)



ライフ (1) ライフ (1)
すえのぶ けいこ (2002/08/09)
講談社

*詳細を見る




それにしても関めぐみちゃんて今いくつなのだ?
恋は五・七・五!』(2005年)でも高校生やってたけどまだ十代なのか!?
なんかOL演らせてもいけそうな年齢不詳な雰囲気がいいわぁ。
そういえば、この映画『恋は五・七・五!』でも帰国子女の漢字が苦手な主人公も「合気道」を披露します。
監督、もたいまさこ合気道がお好きなんですね…。



で、その関めぐみちゃんは例の川原泉のマンガ原作映画『笑う大天使』にも出演しておりまして、続けてこちらの映画もご覧になると、彼女のさまざまな魅力が堪能できますわよ。


映画笑う大天使



過去記事参照~。
★【映画『笑う大天使(ミカエル)』


笑う大天使(ミカエル) (竹書房文庫 (DR-193)) 笑う大天使(ミカエル) (竹書房文庫 (DR-193))
川原 泉、吉村 元希 他 (2006/07)
竹書房

*詳細を見る



この映画『笑う大天使』も観る人によっては「なんじゃこりゃー!?」とがっかりする人もいるかもしれませんが、個人的には結構好きですねー(笑)
特撮VFX畑出身の監督(小田一生:オダイッセイ)初作品ということで、全編に無駄にCGが散りばめられていますw
こるちは無駄なCGがキライなのでいつもだったら

「こんな目に疲れるCG多様映画なんか観れるかいっ!!」

と放り出すところですが、なぜか全体的に憎めない…、とまるで監督の風貌によく似た映画に仕上がってました。(あの小田一生監督はなんとなく憎めない)

うん、あの画面のキラキラ感は原作の「少女漫画」に対する敬意なのでは!?と許すことにしました。

特撮出身らしいという部分がふんだんに活かされていたのがアクションのシーンで、これは意外や意外になかなか主演3女優(上野樹里関めぐみ平愛梨)さんたちががんばってて燃えますw
すばらしいです。

原作では変態誘拐犯役のイタリア人神父は男性なのですが、映画では存在感のあるイタリア人美女になっており、アクションシーンを迫力ある「オンナとオンナの闘い」に仕立ててあります。

舞台挨拶で上野樹里など女優陣が「アクションなんかやったことないからどーしよーと思ったけど、やってみたらいけるんちゃう?うちら、と思った」と言っていたように、ほんとにアクション女優みたいな動きで観ているこちらも「ふんぬーっ!!」と力が入ります。
映画の中で平愛梨も「ちょっとあたしカッコイイ!?」と台詞でつぶやいてましたが、ほんとコロボックルのくせにカッコよかった!
関めぐみちゃんは映画の中ではアクションがんばってましたが、舞台挨拶で「今後またアクションは…」と聞かれて「え…私は、もういいです…」と及び腰でしたが、上野樹里にはやる気と根性感じて期待大です。
やる気あるな、上野樹里!
のだめもいいけど、またアクションやってくれ給え!
彼女、絶対アクション似合うと思うのよ。わくわく。

ええ、わたす、アクション大好きなんです♪
女優陣ががんばったのもあると思うけど、やはり撮り方がとてもうまいのだと思います。
安っぽいCGに引いてしまう方もいるかもしれないですが、これは「少女漫画」ですから、そーゆー演出ですから。(と思うことにしている)
個人的には「ダミアン」がほんとうに「ダミアン」のまま登場したことに驚きつつ、そこに監督の原作に対する敬意を感じて好ましく思っております。
麦チョコのシーンはさすがに無理だったみたいですがw



え?
で、何が言いたいかって?

だから『かもめ食堂』から『バーバー吉野』、『恋は五・七・五!』、『ライフ』、『笑う大天使』は繋がっているということですわ。おほほほほ。

62年目の新聞を見て。 

終戦記念日の新聞を読んだとき、かつてないほどムカムカした。
○○新聞だったかな、「アジアに対し反省を」だかでっかい見出しが出てたのを見て髪の毛から電気が放電しそうだった。

なにか違うと激しく思った。




-- 続きを読む --
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

黙祷。 

1945年8月6日午前8時15分。
米軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」により、原子爆弾「リトルボーイ」が広島市に投下。
これにより一瞬のうちに14万人が死亡、市街は壊滅。


1945年8月9日午前11時2分。
米軍のB-29爆撃機「ボックスカー」により、プルトニウム原子爆弾「ファットマン」が長崎市に投下。
およそ7万人が死亡、市街は壊滅。


現在までの原爆被災による被害者は広島で40万人、長崎で20万人と言われている。






大昔に修学旅行で長崎に行った。
その時に見た被爆写真は忘れられない。
それは、私にはただただ恐ろしかった。
怖くて恐ろしくて本当に体がブルブル震えた。
写真を見たのは戦争が終わって半世紀近く経った頃だったが、あの時感じた恐怖は今でも忘れていない。




笑いながらヒトがヒトを焼き殺すというおぞましさは、私には未だに理解はできない。
しかし、私はもう「ただただ戦争はいけない!」「とにかく憲法9条を守れ!」という単純な考えには戻らないだろう。
もし日本という国に不利益と不名誉を与えることを善しとする勢力があるのなら、それに対しては泥をかぶってでも対抗すべきだと最近は考える。

同時に、日本人らしい情緒や歴史観は失わずに両立できるものだとも考える。





日本人には日本人の立場があり、日本人でしか表現し得ない歴史観があるんじゃないだろうか。



夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

*詳細を見る




日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

コピ・ルアック♪ 『かもめ食堂』に行きたーい! 

映画『かもめ食堂』にはまった!
2006年(平成18年)3月11日に全国公開、同年フィンランドでも公開。

前前から小林聡美が好きだし、宣伝のあの雰囲気と、北欧の国フィンランドヘルシンキという都市で日本人が食堂を開くっていう設定がまた興味をそそるし、観たいなぁ、観たいなぁと思っていたのですが、この前やっと観たらやっぱり期待を裏切らないステキな映画でしたよ!しみじみ~。

かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美 片桐はいり もたいまさこ 他 (2006/09/27)
バップ
*詳細を見る


監督 : 荻上直子

原作 : 群ようこ(幻冬舎刊)
脚本 : 荻上直子
撮影 : トゥオモ・ヴィルタネン
音楽 : 近藤達郎
編集 : 普嶋信一
写真 : 高橋ヨーコ
製作 : 日本テレビ、バップ、幻冬舎、シャシャ・コーポレイション、パラダイス・カフェ、メディア・スーツ

エンディング♪ : 井上陽水「クレイジーラブ」(フォーライフミュージックエンタテイメント)

=登場人物=
サチエ : 小林聡美
ミドリ : 片桐はいり
マサコ : もたいまさこ
マッティ(コピ・ルアックのおじさん) : マルック・ペルトラ
トンミ・ヒルトネン(日本かぶれの青年) : ヤルッコ・ニエミ
酔っ払い主婦(名前失念) : タリア・マルクス


ああ、大好きよ!
こういう観た後に「うふふ♪」と微笑みが自然にもれるような、ほんわかした気分でエンドロールを眺められるような映画。
どうでもよいが、もたいまさこ(マサエさん)って不思議なキャラよね…。
撮影でテンパってたフィンランド人スタッフも、彼女のあの不思議に穏やかな微笑みにものすごーく癒されたり励まされたりしたらしい。

あんな風に歳をとるのもいいな~。(かなり難しいと思うけど)



「かもめ食堂」オリジナル・サウンドトラック 「かもめ食堂」オリジナル・サウンドトラック
サントラ (2006/03/15)
フォーライフミュージックエンタテインメント

*詳細を見る



群ようこの小説が原作だったのね。(映画のための書き下ろしなので映画オリジナルみたいなもの?)
言われてみれば「群ようこっぽい」お話だったかも。(小説では映画で触れていない細かい設定もあるらしい)
昔はなんとなく群ようこって好きじゃなかったのよね。
なんでだろ?
…うーん、多分小ざかしいカッコイイもの好きだった昔の己からすると、彼女のお話はどこか「ドン臭い」感じがして(*注:イメージです)そのドン臭さがイヤだったような気がします。

かもめ食堂 かもめ食堂
群 ようこ (2006/01)
幻冬舎

*詳細を見る


でも不思議なもので、昔はなんとなく敬遠していたその「ドン臭い」感じが、今は自然に

「あ、いいじゃん、そーゆーのもありだわ」

と思えているから人間歳はとってみるものです。



座右の銘は「平常心」?、武道家の父に育てられ合気道の稽古と水泳を日課とする飄々とした主人公、かもめ食堂の女主人サチエさん(小林聡美)、なんとなく訳ありでオタクな匂いのミドリさん(片桐はいり)、そして20年来の介護生活から解放され、なんとなくフィンランドへやってきたおっとりした雰囲気の年齢不詳な三人目の女マサコさん(もたいまさこ)。

さてこの三人、はっきり申し上げると、「見目麗しい」と誰もが形容するタイプのご面相ではほとんど、けっして、断じて、ないと思う。
小林聡美も不細工ではないけどそう若くてぴちぴちしているわけではないし、片桐はいりは明らかに顔がデカイし、もたいまさこにいたってはちっちゃい昔ながらのおばちゃんでしかない。

なのに、なーのに!この映画で彼女たちはとてつもなくそれぞれに魅力的!
なんかね、そんなにおおげさな事件もアクションもないけど、三人三様の「これっ!」ってものがあって、それは比較して誰が一番ということでもなく、お互いが自分自身の色を持っていて、べったべたに混ざることもなく、かといって相反発したりすることもなく、ほどよく隣にあるという感じ?
あの距離感が見ているだけなのにとっても心地よいです。
それに「なんとなく北欧」な衣装や室内のインテリアもステキでした。

マサコ・サチエ・ミドリ


でまた、お料理のシーンがなんとも言えなくおいしそうで楽しそうでたまりません!
おいしそうなゴハンの出てくる映画大好き!
サチエさん、あなたを嫁にしたい~!

Ruokala Lokki ruokalosta(かもめ食堂メニュー)=
おにぎり(梅・鮭・おかか)
ONIGIRI riisipallot (ume,shake,okaka)
5.5ユーロ

鮭の網焼き
grillattua lohta
8.5ユーロ

豚のショウガ焼き
inkivaariporsasta
9ユーロ

とんかつ
friteerattua porsaanfiletta
9ユーロ

トマトサラダ
tomaattisalaatti
4ユーロ

ポテトサラダ
perunasalaatti
4ユーロ

スモークサーモンの和風サラダ
savustettulohisalaatti japanilaiseen tapaan
7.5ユーロ

サーモンの刺身
lohiviipaleet(raakaa kalaa)
5.5ユーロ

肉じゃが
keifettya porsasta ja vihanneksia japanilaiseen topaan
4.5ユーロ

なすの揚げ煮
friteerattua munakoisaa liemessa
4ユーロ

鶏の唐揚げ
friteerattua kanaa japanilaosottain maustetfuna
5ユーロ

パプリカのきんぴら
paprikaa chilimausteissa
3.5ユーロ

卵焼き
munakas
4.5ユーロ

青菜のおひたし(日替わり)
paivankasvis soija mausteella
3ユーロ

胡麻和え(日替わり)
paivankasvis seesami mausteella
3ユーロ

*注:フィンランド語はいい加減です…スペル違いありましたらご指摘くだされ。


★【映画『かもめ食堂』公式サイト

★【映画『かもめ食堂』オフィシャルブログ


そういえば何気に北欧の食器と和食って違和感ないのね。
一昔前には「北欧は景色も社会制度も人情も素晴らしいけどメシだけは異様にマズイ…」というのが定評だったように思うけど、最近はまた違うのかしら。

和のアルファベットスタイル―日本の器と北欧のデザイン 和のアルファベットスタイル―日本の器と北欧のデザイン
堀井 和子 (2001/10)
文化出版局

*詳細を見る




この映画を観て俄然フィンランド始め北欧の国への関心が高まったヒトは多いと思う。
もう私なんか「次に海外旅行に行くなら北欧だ!」と勝手に心に決めてますが何か?w



★【北欧専門旅行会社フィンツアー:24時間日本語サポートで安心!

デザイン好きのための北欧トラベル案内 デザイン好きのための北欧トラベル案内
北欧スタイル編集部 (2007/05)
エイ出版社

*詳細を見る


北欧スタイル (No.11(2006summer)) (エイムック (1241)) 北欧スタイル No.11(2006summer)(エイムック (1241))
(2006/07)
〓出版社

*詳細を見る


もっとも、北欧家具はステキだなと思いつつもそんなに国そのものには興味のなかった私。
ですが、この雑誌『北欧スタイル』の最新版(2007年夏版)の北欧コーヒーの特集を見て、北欧への旅は決定的に!(でもたしかかなり物価が高いハズ…それだけがガクブル)

それにしてもあの北欧コーヒーの魅力はなんなのでしょう!
スタバが好きでもシアトルまで行こうとは思わないのに、飲んだこともない北欧コーヒーを飲みにフィンランドまで行きたい!と思わせるその魅力とは一体何なのでしょうかっ。(映画の魔力か!?)


うう、フィンランドへお茶しに行きたーい!!

行ったらカフェをハシゴしまくるのだー!

北欧スタイル 13 北欧スタイル No.13
特集「
コーヒー天国北欧
北欧コーヒーは世界一!なぜなら…
(2007/07/24)
エイ出版社

*詳細を見る


やっぱりフィンランドではコーヒーを淹れるときには

コピ・ルアック

と、おまじないしてから淹れてるんでしょうか!?


★【ヘルシンキで『かもめ食堂』を観た後は…。:オフィシャルブログ海外リポート編
2006年6月6日記事より

カモメ食堂」の撮影場所にもなったのは“カフェ・スオミ(cafe suomi)”という実際に営業しているカフェだそうで、あの外観そのままで現在も営業しているそう。(メニューや営業形態はちょと違うそうですが)
映画公開後は日本人が観光でやってきたり、そうやって集まる日本人を見にフィンランド人がやってきて、そのうち映画を観て定食屋に興味を持ったフィンランド人もやってきたりとなかなか盛況のようです。
うふふ、あの食堂のモデルがあるならそりゃ私だって行ってみたいですわ。

★【ヘルシンキへ行こう!:フィンランド航空

★【荻上直子監督が語るフィンランド、ヘルシンキの魅力。『かもめ食堂』を巡る旅へ:フィンランド航空




かもめ食堂


もし行くんだったら10月頃かなー?
フィンランドでは10月4日がシナモンロール(korvapuusti:コルバプースティ)の日なんだって!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。