小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

07月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

「ひぐらしのなく頃に」  踊る男子新体操…から実写映画まで 

タイトルだけ見て「えーー、あのアニソンで踊るんかい!?」と思ったら、曲はサントラの方だった。


★【「ひぐらしのなく頃に」で踊る男子新体操







確かTVシリーズのアニメの音楽は川井憲次氏だし、サントラって情景音楽だから案外踊りやすいかも?

TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に解」サウンドトラック Vol.1TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に解」サウンドトラック Vol.1
(2007/12/12)
TVサントラ島みやえい子

*詳細を見る




TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラックVol.2TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラックVol.2
(2006/10/06)
TVサントラ

*詳細を見る




TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラックTVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラック
(2006/07/21)
TVサントラ島みやえい子

*詳細を見る








島みやえい子の歌ってるあの主題歌って実は結構スキなんだよ。(あの、♪ハンゲハレハレイ~ ハンゲハレハレイ~♪としか聴こえないアレ。ほんとのタイトル忘れた)




★【島みやえい子「ひぐらしのなく頃に」PVバージョン】※現在は残念ながら視聴不可。









あー、やっぱりアニメのオープニングのイメージが強いからなんとなくPV版は違和感あるかなぁ。



「アニソンから出た歌い手はどんなに歌が上手くてもアニソンから抜け出せないんだよなぁ…」



とは隠してはいないが密かにばっちりヲタの某くん談。
アニソンでデビューする → ヲタなファンが着く → 一定のファンが増えメジャーになる → 一般のJ-POPファン層が着く → ヲタファンとJ-POPファンで歌い手に求めるものにズレが生じる → 根強いヲタファンの要望に応えるような歌を歌う → J-POPファン層が馴染まず離れる → ファンのヲタ率アップ → アニソンから離れられない

…という道を辿るのだそうで。
アニソン上等!アニソン本望!ならいいけども、アニソンを足がかりにいつかはJ-POPなシーンへ飛翔!というつもりだと歌う方もけっこう大変らしい。




ひぐらしのなく頃にひぐらしのなく頃に
(2006/05/24)
島みやえい子

*詳細を見る






「このゲーム、スゴイから!絶対やってみて!」

ゲームが流行ってた頃、某オタくんに薦められてがんばってやってみた。
ストーリーはともかくあの萌えキャラな絵にどーーーーーーーーしても馴染めず途中で挫折。

「萌えキャラに我慢してやってみて!最後までやればほんとスゴイの分かるから!」

と強くプッシュされつつも放置してたらゲームがアニメになってた。
「アニメで見たよー(やっぱあの萌えキャラに馴染めないけど…)」と報告したら

「アニメかー。
…あれはやっぱりゲームの方が絶対おもしろいと思うんだよなぁ…ブツブツ」



そんなに違う?ゲームとアニメ。
でもやっぱゲームはめんどくさいよ…。

最近実写映画になったからアニメをおさらいして「鬼隠し編」「綿流し編」「目明し編」(他にもあったっけ?)をまとめて見たら、前ほど萌えキャラにも残酷シーンにも免疫がついてぐったりしない自分がいたw

というか、しばらく距離を置いてまた見てみたら、あのアニメは結構おもしろい。
まったく何も知らずに見たら「訳が分からん!気持ち悪いわ!」だけども、全体を見た後でまた始めから見ると…



題字タイトルのメビウスの輪の意味はそれか!…と納得。

「ひぐらしのなく頃に題字




しかしマイナーゲームからTVアニメ、そして今年はとうとう実写映画化にニンテンドーDSのゲームに登場とえらい勢いですなぁ>「ひぐらしのなく頃に

実はママンと二人カラオケした時にアニメなんか知らないと思ってコレ歌ったりしてたんだけど、この前ママンたら昔の映画でひぐらしの何とかって名作映画のリメイクだと勘違いして実写版「ひぐらしのなく頃に」観てしまったらしい。




「なんかヘンだと思ったのよー、お客さん若い人ばっかりだし。
多分あたしと同じで間違えて懐かしく思って入ってしまったのね。
初老の夫婦がいたんだけど、その人たちは途中で席立ったわ」


「え?最後まで観たの?(アレの実写を…)」Σ(゚д゚;)

「観たわよー! だって映画代もったいないじゃない。
もー何あれ気持ち悪い!」(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・
(プンスカ)

不覚にもワロタw
ちなみにママンの前で歌ったカラオケの画面はアニメのオープニングまんまでしたw




★【「ひぐらしのなく頃に」アニメOP





未だに我が家で実写版「ひぐらし」観たのはママンだけです。
スポンサーサイト
つべ *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

嘉工管樂奏 宇宙戰艦-大和號 

このアニソンは名曲中の名曲だと思う。
覚えやすく歌いやすく子供にも演奏できるメロディー。
しかも、多少演奏に稚拙さがあったとしても終わる頃にはわくわくするような高揚感を得ているという不思議な曲。

吹奏楽団の「宇宙戦艦ヤマト」の演奏がないか探したら、なぜか台湾の高校生かな?のが見つかった。

★【嘉工管樂奏宇宙戰艦-大和號





勢いはあるけどまだまだ荒い演奏ですな。
個人的には出だしの「宇宙~戦艦、や~ま~と~♪」まではもっとスローで入って、真ん中でテンポをやや上げていく感じで演奏してほしいかな。
最初っから飛ばすよりもじりじり引っ張るような粘りのあるミドルなテンポがいいとですよ。







★【宇宙戰艦 OP1



ささきいさお

1972年(昭和47年)に声優として、タツノコプロ製作のアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』にコンドルのジョー役で出演。
ガッチャマンの打ち上げの宴席において、余興のカラオケで主題歌を唄いこなしたことが評判になり、翌年『新造人間キャシャーン』の主題歌担当に抜擢され、ささきいさおの芸名でアニソン歌手としてデビュー。
以降、数々のアニメ・特撮作品の主題歌を歌い、特にテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』の主題歌が一世を風靡し、ミリオンセラーを記録する。
別名アニメソング界の大王。
子門真人水木一郎堀江美都子らと共に、アニメソングの黎明期を支えた歌手の一人である。

by wiki



ああ、コンドルのジョーって人気あったあった、主人公の大鷲のケンより人気あったねー。
でも子供心にあの目力なキャラ絵がけっこうコワかったりもしたw

この方はもともとロカビリー畑の出身なのね。
しかも最初はそんなに歌が上手くなかったとか、ロカビリーブームが去った後は不遇の時代を迎えるというがその頃に歌唱力を磨くべく努力していた…というのがスゴイです。







★【ヤマトOP






だいぶ昔、このアニソンをヨーロッパで本場オーケストラが演奏したとかいうニュースを聞いたことがあるけどどこだったかなぁ。

「めっさ聴きたい~っ!!そのオーケストラ演奏を生で聴きたい!!マジで聴きたい!!」

と思った。
あー、フルオーケストラで聴きたいー。
つべ *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

よもやこんなセカイが来るなんてw 

最初はなんじゃこりゃーーー!?と思っていたが、まとめて見るとみんなそれなりに楽しそうでいいねw

★【セカイのハレ晴レ。今日もまた何処かでハレ晴レ。第七版




大SOS連邦圏、すごいーwww
どーでもいいがリトアニアの女の子めっちゃアニメ的でかわいいんですけどw(個人的に一押し)









★【ハレ晴レユカイ LIVE






最近の声優さんて3次元でも歌って踊れる上にカワイイのなー。
そういえばこの歌も何気に元気が出るポジティブシンキングな感じ。

うーん、かわいくて元気でユカイってやっぱいいと思うわ。










★【アニソンン踊ってみた 鹿児島実業高校(男子新体操)







わはははははw
このコたちのこのセンス、すっきやわぁw
つべ *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

はっぱ隊はマジでスゴイかも…。 

最初はただシャレでおもしれーなぁwwwwwwとゲラゲラ笑って見てたんだけど、後日本気で落ち込んでいる時に見たらマジで癒された自分がいる…。
よくよく聞いてみたら歌詞もすんごいポジティブシンキング~b(^o^)d♪
けっこう歌としてもノリはいいし歌詞もいいし、でもただのバカ歌でもなくってちょっとセンチメンタルも入ってるし?
ただ聞いているだけなのに笑えるユカイな気分になれる歌って、案外希少かもしれないよー。
でもやっぱりHAPPA-TAIはっぱ隊はなんだけどーw





★【世界のはっぱ隊 動画まとめ






落ち込んでいるヒトにもマジお薦めの一曲です。






そういえば、最近アメーリカに旅行してきた相方。
グランドキャニオンで向こうの若い兄ちゃんに「日本人か?」と聞かれ、そうだと答えると彼がやおら

「YATTA♪YATTA♪」“o(゚∀゚)o”

と踊り出したそうだ。

動画とか見て外国人になんか受けてるとは知っていたけど、目の前でアメリカ人に踊られ「はっぱ隊、あなどれんなーと思ったw」そうな。

ちなみに「YATTAってどーゆー意味?」と聞かれたので「(うーん?)オーイェー!!…とか?そんな感じ」と答えたら「え!?そんだけ?」(´・ω・)みたいなビミョ~な顔したとかw
なにかもっと魔術的な高尚なイメージでもあったんだろうか?

そしてなぜか罵倒語を教えてもらう相方。

米「Damn it! Shit!」

日「ダメイッ!シィーット!」

米「Good! じゃあこれ日本語ではどー言うの?」

日「うーん、“くそっ!”とか?」

米「“くそっ!”“くそっ!”」(練習中)

日「そうそう。
  でも本気の時はこう言うんだ    U n c h i ~!!


米「U n c h i ?」

日「U n c h i !! Good!!」 

米「U n c h i ~!!」

日「U n c h i ~!!」

そしてお互いにニッコニコで握手。
*相方は何かあるとフツウに「Unchi~!」と叫ぶので嘘ではない…

相方曰く、罵倒語とかシモネタは万国共通だからとりあえず会話で「何て言うの?」と振ると相手もノリノリで教えてくれるそうだ。





しかしグランドキャニオンにこだまする日米合作の「「U n c h i ~!!」」 
何を教えてるんだ相方よ…_| ̄|○ililil

つべ *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。