小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

09月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

テレ東「ルビコンの決断」が終わっちゃったよ!? 

テレ東
★「ルビコンの決断

最終回で泣かせるなよ(;;)



HONDAが提供してた「未来創造堂」が好きだと以前書いたけど、この番組もとても好きだったので終わってしまってすごく残念。
なんかこういう仕事列伝みたいな番組が大好きで他にも「カンブリア宮殿」もお気に入り。

もともと好きな「ワールドビジネスサテライト」の看板キャスターの小谷さんとのすれ違う掛け合いがとても好きだったサブキャスターの大浜さんがいつの間にかいなくなっててさみしいなと思っていたら、いつの間にかこの「ルビコンの決断」に登場してて「ちょ大浜さんこんなところにーw」とこの時間を楽しみにしたのにぃ!

しかしこのルビコンの枠にそのまま「カンブリア宮殿」がスライドするみたいで木曜の夜のお楽しみは維持できるみたいでちょっとほっとしたんだけどね。
まあ、確かにこの二つの番組は趣旨がかぶっていると言えるけど、その表現方法が対照的でどちらも面白かったので残念は残念。

「カンブリア宮殿」の方がザ・経営、ザ・売上という感じで方法論を語りかけるドライなイメージで、「ルビコンの決断」は再現VTRを多様することによってよりドラマチックにその企業や経営者、開発者の心情を見ている人に訴えてくる‘浪花節’なイメージかな。
でも浪花節だけでなく、そこにキャスターのコメントを簡潔に差し込んで時代背景や経営理念を3行で説明してくれるという感じで分かりやすく親しみを感じるところが魅力でした。



そういえばNHKの「プロジェクトX」もそういう仕事人列伝な番組だし昔はあれはあれで好きだったのに、多分今だったらあの棒読みナレーションにイラッとしそうだ。
というか、NHKの媚中韓、反日自虐番組の数々のせいでどんな番組を見てもどこかで落とし穴作ってるんじゃないの?と楽しめなくなったし、そもそも見る気が失せた。受信料返せ。




ちなみにどちらの番組もキャスターがそれぞれいい味だしててそれだけで見てて楽しい。

「カンブリア宮殿」は、村上龍+小池栄子+社長 で、当初は「村上龍あんたはTVに出る顔じゃないでしょ、小説書けよ」「小池栄子が経済番組のサブキャスター?」と思っていたんだけど、村上龍は質問の切り口が面白いしあの悪相も見慣れてみるとそう悪くないと思えるから知性ってステキw
でも意外だったのが(失礼!)小池栄子がただのお飾りなキレイなおねいさんじゃなくて、これまたいいタイミングでストレートな質問や素直な印象を口にしてくれること。
村上龍がマニアックな質問をしたそばから小池栄子が笑えるコメントをたまに繰り出す絶妙なバランスが私のツボです♪


対して「ルビコンの決断」の木村佳乃+池上彰+大浜平八郎 もなかなかよいバランスで見ていて楽しいです。
ま、大浜さんが好きなのは個人的趣味wとして、木村佳乃は映画「ジャンゴ」や「キラーバージンロード」、最近では「告白」のザ・女優木村佳乃がもともと好きだったけど、この番組でスマートなそれでいて素直なコメントでさらに好きになりました。

カンブリアの小池さんが経済番組ということでかっちりしたスーツ姿&メイクなのと対照的に、ルビコンの木村佳乃は毎回シックで女性らしいドレス&ヘアスタイルで毎回そのファッションも楽しみだったなぁ。
池上さんは元NHK出身というので、そのさりげないコメントにちょっと警戒している部分はあるものの、「わかりやすい」という武器はやはり魅力ですね。(※編集かなり後記:この頃は池上さんもそんなに嫌いじゃなかったんだけどなぁ…。やっぱり元NHKなのは信用ならんのか、がっかりだよ。)

あと、再現VTRなのにけっこう気合入っていたと思う。もともとのドラマ(実話ベース)が面白いってのが一番大きいんだと思うけど、ワクワクしたりジーンときたり、今回の最終回では思いっきりもらい泣きしたり、時々そこいらの映画より面白いんじゃないかって思うくらい。
やっぱり映画って脚本が命だよなぁとか経営番組とは別のことも考えたりもしてたw



どうしてこの番組が好きだったかというと、この番組を見ていると前向きに「明日もがんばろう!」という気持ちになれるから。
いろいろ落ち込んだり不満に思ったり悔しかったりする日もあるけども、私はこの番組を見た後はそんな気分が霧散してすっきりリセットできるんだよね。
職種はそれぞれ違うけど、毎回いろいろ学ぶべきところがあって(だからって真似できないけどw)、生きていく上でとても参考になる。
理論的だけじゃなくて情緒的な番組でもあったからすとんと気持ちの中にも届く感じで。






だからまた「ルビコンの決断」パート2がそのうち再開しますように!!
年何回かの季節特番でもいいから帰ってきてくださーい!!

つか大浜さーん、今度はどこに行っちゃうのー(> <)!?
(※編集かなり後記:2017年現在、大浜さんは既にWBSのキャスターに戻っております。よかったよかった)


スポンサーサイト
日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。