小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

10月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

バイク番組『大人のバイク時間 MOTORISE』BS11 

最近は面白いと思う番組もなくニュース見ても腹が立つのでとんとTV見なくなってたんだけど、この前ふと見たらバイクの番組やってたので見てたら…

お、王子~っ!?

こんなところ(番組)で何やってんの~!?と箸からいも転がしちゃったじゃないか。


*王子…元GPライダー、中野真矢(2009年に引退してた…)の愛称

WGP→MOTOGPを観戦してた当時、彼はファンからそう呼ばれていたが、いつからそういうニックネームが付いたんだっけ?
まあとにかくかわいいライダーだった。
イタリア人やアメリカ人やオーストラリア人のライダーたちがアグレッシブなタイプだったので余計に王子のかわいさが際立って見えたものですよ。


中野真矢 カワサキ
*王子の現役の頃のイメージは私の中ではカワサキグリーンのままだ

GPを一番熱心に観戦してたのはもう10年以上前、当時好きなライダーの一人がこの中野真矢だった。
若かったのもあるのだろうけど、その走り方もレースに対する考え方もTVや雑誌のインタビュー越しではあるのだが、とっても真面目で爽やか、その童顔でかわいらしいお顔立ちもあいまって本当にピュアな青年という印象のライダーだった。

一番印象深いシーズンが2000年(平成12年)、王子23歳の時。
ヤマハから250CCクラスのGP参戦し、チームメイトはオリビエ・ジャック
この年の最終戦オーストラリアGP(フィリップアイランド)でこのチームメイトと優勝を争うレース展開で最終ラップまでトップを走行。
このままチェッカーを受ければ年間チャンピオンも目前という状況だった。
それが最後の最後のストレートラインでスリップストリームに付いて真後ろの2番手を走行していたチームメイト、オリビエ・ジャックにゴール直前でかわされ優勝を逃してしまった。(その差僅か0.014秒!)


2000 王子VSオリビエ


このため王子はこの年のGP250CCクラスの年間ランキングも2位に終わってしまう。

その時のハイライト↓



★Duelo: Olivier Jaque vs Shinya Nakano


どこぞの大臣が「1位じゃなきゃダメなんですか?どうして2位じゃダメなんですか?」とか言いそうだが、GPライダーにとって、この年間ランキングの1位と2位はそのステータスにおいて各世界選手権のレース毎の成績とはまた別格で雲泥の差だ。
もちろんその栄誉はライダー個人だけでなく、チーム全体のものでもある。

このレースにおいて定石を打つなら、この時王子はスリップストリームに付いていたオリビエの進路をブロックしながら何がなんでも先頭を守りチェッカーを受けるべきだった。
そうすればこのレースは優勝できたし年間チャンピオンにもなれたし、王子も当然それは承知していた。

…のに、なぜ彼はあの時ストレートラインでオリビエをブロックしなかったのか?


「ブロックすればいいのは分かっていた。だけど、正々堂々戦いたかった。ブロックして勝ちたくなかった」

後のインタビューで王子はこういうようなことを言っていたと思う。
優勝を逃して悔しくないはずはないのだが、黒目がちの瞳がそれはそれは真っ直ぐでほんとうに曇りのないかわいさだったのを覚えている。
王子が王子と呼ばれる訳だと納得したものだ。

そしてこの王子の真っ直ぐでピュアな想いに基づく選択を

「中野は バ カ だ !」

ヴァレンティーノ・ロッシがあの天使のようお顔で毒づいて一刀両断したのもよい思い出。
まあロッシの罵倒も当然といえば当然なのだが、私は日本人なので王子のあの時の気持ち(ブロックしないで勝ちたい)もなんとなくわかるんだよね…。

勝負において悪魔のように貪欲なロッシもバイクに乗っても降りてもどこまでも爽やかでスマートな王子もどちらも私は好きだったな。

あの頃はまだ加藤大治郎も生きていて本当に毎回レースが楽しみでしかたない頃だった…(遠い目)

ともあれオーストラリアGPでのフィリップアイランドサーキットがかなり印象深く、4年後の2004年にはオーストラリアまでMOTOGPを観戦しに行ったのだった。

あの時の印象深いレースがなかったらオーストラリア南端の町までGP観戦しに行こうなどと思わなかったかもしれないな。




そんな王子がバイクライフの楽しさを伝えたいとバイク番組のパーソナリティを務めていた。

久々に見た王子はすっかりまったりしちゃって楽しそうにバイクに乗ってたけど、今は亡き大治郎やノリックのことを思い出すと、現役を引退後も王子ならではの道を見つけバイクライフを楽しんでいる様子を垣間見えたのはなんとなくうれしいし、変な言い方だけど元気そうでありがたいというか、遠い親戚が元気にやってるんだな、よかったなという気分になった。

1977年10月10日生まれの王子も今年(2012年)で35歳か…

ややおっさんになったのは否めないがそれでもやっぱり笑うとこっちまで釣られて笑ってしまいそうになるほんわか雰囲気は変わらない(^÷^)
引退しても結婚しても王子は王子なのだな。

バイクの番組なんてめったにないしこれから楽しみにしよう。
今回のテーマ、バイクとコーヒーの回はなかなか良かったよ!
このテーマで今後もシリーズ化して日本中のバイク×カフェを紹介してほしいな。


 
★『大人のバイク時間 MOTORISE』

BS11 毎週火曜日 よる11時00分~11時30分放送
   (その後の火曜日にも再放送あり)



★中野真矢公式サイトshinya56.com

スポンサーサイト
バイク *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。