小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

耳そうじニュース 

なんとなく5000ヒット!
うふ、うれしいなっと♪

お顔は存じませんが、ご来店ありがとうございます♪
さて、5000ヒット記念記事は私の大好き~な耳そうじについて。
好きな割りにはあまり知らなかった耳そうじの世界。
最近は「イヤーエステ」なるものも出現し、興味津々のこるちです。

「ネットで語り、エステで癒す」
耳かき、奥が深い!とれたて!ミックスニュース:大手小町
 ←【YOMIURI ONLINE】2006-2-18付けニュースより

耳カキスト」!わはは、そのネーミング上手いなぁ。

そうか~、日本人て耳かき好きな民族だったのね。

欧米人に湿性の耳あかが多いのに対し、日本人は乾性の耳あかが多いことが、我が国での耳かき隆盛につながったようだ。
江戸時代には耳かきの機能を備えたかんざしがブームとなり、“耳かき屋”もいたという。
「耳あかをとるという本質的な目的以外に、お手軽なリラクゼーション・アイテムでもあることが、何かと気ぜわしい今の日本人に受けているのではないか」と上野さんは見る。



江戸時代に行きたい!杉浦日向子さぁーん、江戸時代に連れて行ってよーう。
お江戸風流さんぽ道 お江戸風流さんぽ道
杉浦 日向子 (2005/06/07)
小学館

*詳細を見る

うっう、もう亡くなられたんですよね。(合掌)

個人的には「イヤーエステ」よりも「耳かき屋」の方が語呂的に好きかも♪
そうか、そうか、江戸時代からねぇ。




★「意外に知らない耳あかの話」 ←【gooヘルスケア】より


耳あかは、外耳道の皮膚にある皮脂腺耳垢腺というところから出る分泌物と古くなった表皮、外から入ったほこりなどが混ざり合ったものです。
汚いと思われている耳あかですが、実は重要な働きを担っています。
まず、耳あかは酸性で蛋白分解酵素が含まれているため、殺菌作用を持っています
そして耳の中に適度な潤いをあたえ傷つきにくくする皮脂がでており、皮膚を保護します

(中略)

ところで耳あかには、粉状になったドライタイプと湿り気のあるウェットタイプの2つがあります。
これは遺伝によるもので、日本人にはドライタイプ、欧米人にはウェットタイプが多いといわれています。
また、ユーラシア大陸を南下してきた縄文人はウェットタイプ、シベリアなどに長く留まった弥生人は、ドライタイプが多かったといわれています。

(中略)


では本題の耳そうじのやり方についてお話ししましょう。
耳あかは、自浄作用によって自然に外耳道の入り口へに排出されるようになっています。
あまり頻繁に耳そうじを行うと、外耳道の薄い皮膚を傷つけ、皮膚のびらん水様性の耳だれ、さらにはカビが生えてかゆみが増すなど、慢性の湿疹性外耳道炎を起こす可能性もあります。
ですから、耳そうじの頻度は2~3週間に1度くらいが適当です






工エエェェ(´д`)ェェエエ工!!
でも、大好きなんですぅうううぅ、耳そうじぃ~。

2週間もガマンできませぇええぇん。








ちなみに…





耳そうじとセックス、今後どちらかしてはいけないと言われたら、間違いなく耳そうじを取るであろうこるちです。

いや、例えばセックスの上手いヒトと耳そうじの上手いヒト、どっちがいい?と聞かれたら、


やっぱり

「耳そうじの上手いヒト!」

と即答します。多分。






あ、でもキライなヒトには耳そうじしてもらいたくないです。はい。


私の恋愛バロメーターは耳そうじが基準です♪



ニュース *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

この記事に対するコメント

杉浦日向子さん

大好きです!
基本的に江戸より上方派なんですが
(大阪在住のため)杉浦さんの描く『江戸』は、アヤシイ感じがして大好きです!
『百物語』、最高です~!
【2006/09/15 09:05】
URL | はてるま #- *編集*

『百物語』

★はてるま様、いらっしゃいませ~。
いいですよね~『百物語』!衝撃の一冊です。
「産目女の話」とか「手の怪」、「訪う気配」とか好きです。いや、全部好きかも。
>上方
上方と言えば尾形光琳、もう大好き!
何も知らず酒井抱一の絵も好きだな~と思っていたんですが抱一が光琳の百回忌の法要まで出すほど作品を再評価してくれたおかげで琳派が江戸に根付いた…とか、最近知ってほのかにうれしい私です。
今、東京の出光美術館で俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の「風神雷神図」がまとめて展示してあるのですよ。必見ですよ。
【2006/09/15 21:28】
URL | こるち #SFo5/nok *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/119-ad088a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。