小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

総括の前にクリスマス♪ 

…ってあたしゃキリスト教徒じゃありませんが、クリスマスは大好きです!

イルミネーションやふわふわの冬服売り場、レストランのクリスマスディナーなんか出て気分を盛り上げてくれますが、この時期一番美しいのはなんといってもケーキ!
スイーツ売り場です。

今は高島屋デパ地下のデザート売り場で、見た目も美しく、しかも食べた瞬間に口がトロけてしまいそうなそれこそ「美味しい」という字がふさわしいケーキやデザート、スイーツが天から舞って降り積もったように広い売り場を埋め尽くしていて、毎年どれを買おうか迷うほどな環境にいるということが、小さい頃を思い出すとそれこそ夢のような気分になります。

そして美味しいものを知りすぎて、ちょっとやそっとじゃ驚かなくなっていたりしてちょっと寂しい気分にもなります。
とはいえブツを目の前にすると「わ^^-い!」とはしゃいでるから無問題か。




それでも小さい頃、近所の小さな個人商店でタヌキケーキ(タヌキの形をしたケーキ。知ってますよね!ね!)やどぎつい色のゼリー玉が乗った安っぽいショートケーキを買って食べた時のあのわくわくした気分を今も忘れてないから不思議です。
人間、原体験はかくも強烈という見本でしょうか。



昔、私の家は寒かった。

もう、物理的に寒かった。
信じられないくらい寒かった。
家の方針で、気温4℃になるまでは、ストーブ禁止だったのだ。(ひい!一応こたつはセーフ!だったけど)

家の中でぶるぶる震えて白い息を吐いているのは当たり前。
当然もこもこに厚着して、狭い居間に家族全員集まって小さなこたつにぎゅうぎゅうに埋もれているのが我が家の冬の光景だったのでした。
今ほど貧乏だったとは思えないんですが、「節約、省エネ」が我が家のモットー。
(省エネすぎて風邪ひいたら元の木阿弥では…?と考えるようになったのは一人暮らしをするようになってからのことですが)
電気代を節約するために家族全員が居間に集まって他の部屋の電気は消灯!
でも、お客が来て帰った瞬間に玄関の明かりを消すのはやり過ぎだろう!?
と徹底的にエコな暮らし。

当時住んでいた木造平屋の民家は、南に廊下と玄関&台所、風呂水周りがあって(なんでそんな間取りなんじゃ!?)、ささやかな日光が居間に当たるのは東向きの小さな窓から、午前中のほんの短い時間だけというへんてこりんな設計だった。
ので、冬などは外の方が暖かい日も多かったりした。
なんつー家だ。
寒いわけですがなっ!
あー、前面南向きのお家は天国のよう。

そんな風水も熱効率も異様に無視したヘンな家に結構長年住んでいたので、私の憧れは「明るくて寒くない家!」だった。w
まあ、そんな家だったので夏にクーラーは必要ないのがいい所ではあったの…かっ?


ともかく、やっとこストーブ点火許可も下り、家の中がほっと暖かい空間になるクリスマス時期が物理的にもほんわかできるイイ気分のイメージができているのだった。

ちっちゃいクリスマスツリーを一瞬だけ部屋の電気を消してぴかぴか点灯させて、恭しくケーキをこたつの上に乗せる。
なんちゃってローソクの明かりとミニツリーのピカピカのもとで食べるなんちゃってケーキは笑えるほどチープだったが、思い出すとなつかしフィルターがかかっているせいかとっても「シアワセ」な空気に満ち溢れている。
エコな割に、ケーキを食べ終わるとローソクを消して電灯をつけるのはさすがに暗闇では新聞や本が読めなかったからだろう。

だからと言って、今またあのチープクリスマスを再現しようとは思わないんだけど、今一緒に過ごしている家族が後々になってほんわか思い出せるようなクリスマスになっていればいいなぁと思う今日この頃。

もちろん恋人とまったり過ごすのもよし。
友だちとバカ騒ぎするもよし。
一人でホールケーキ食べるのもよし。
仕事で「それどころじゃねーよ!」なのもよし。

佐野元春の歌で「聖なる夜に口笛吹いて」♪(*)ってのがあり、今でもこの歌がこるちの一番好きなクリスマスソング。
1992年9月発売、アルバム『カフェ・ボヘミア』収録曲

ボヘミアという名のカフェに集うインディビジュアリスト達に捧げられた1986年発表の傑作アルバム。
ジャス、R&B、スカ、レゲー等さまざまなジャンルのサウンドが繰り広げられる元春ワールド。
ミックスをUKのエンジニア、アラン・ウィンスタンレーが担当。
ヒット曲、「ヤングブラッズ」「99ブルース」を収録。

Cafe Bohemia Cafe Bohemia
佐野元春 (1992/08/29)
ERJ

*詳細を見る


1 Cafe Bohemia (Introduction)
2 冒険者たち
3 夏草の誘い
4 カフェ・ボフェミアのテーマ
5 奇妙な日々
6 月と専制君主
7 ヤングブラッズ
8 虹を追いかけて
9 インディビジュアリスト
10 99ブルース
11 Cafe Bohemia (Interlude)
12 聖なる夜に口笛吹いて
13 Cafe Bohemia (Reprise)



ちょとばかりブルーでもこの日ばかりはどんな境遇の人でも

「Tonight's gonna be alrighit!」

ってだけの歌なんだけどね。


でも、ホント大好きなんだよな、この歌。
ちょっとブルーだけどほんわかした曲でさ。
だからちょっと宣伝してみた。




もうすぐクリスマスだなぁ。
(掃除しなきゃなぁ…)

シャンシャンシャンシャン♪

シャンシャンシャンシャン♪

シャンシャンシャン…♪


日記 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

この記事に対するコメント

おうちが

極寒ですね・・・
おうちの中で息が白くなるとは・・・人いちばい寒がり、しかもトシをとるごとに寒さが身に沁みるようになっている私には
(怖)です!!
でも夏涼しいのはとっても羨ましいですv-238

佐野元春がお好きなんですか?
残念ながら♪聖なる夜に口笛吹いて  を知らないので
ググってみよう・・・と思ったら既にリンクして頂いてましたね^^
至れり尽くせりですね~!!
【2006/12/16 18:45】
URL | はてるま #- *編集*

聖なる夜に口笛吹いて♪

☆はてるま様、まいど~。
>寒い家
おかげで丈夫な体に育ちましたw。

佐野元春が好きってほどファンではないんですが、この1992年に出たアルバムを買った頃はライブにも行ってましたね~。
いやー、あのヒトは素でヘン!w
でも、シンからいいヒトなんだろうなぁ。
「聖なる~」♪はラジオのクリスマス特集とかでもめったに流れないクリスマスソングなんですが^ ^;。
ジョン・レノンやワム、ドリカム、マライア、山下達郎、Bz…メジャーで名曲も多いし、毎年いろいろなクリスマスソングが登場しますが、この曲やっぱり一番スキなんですよ~。

あっ、もう来週クリスマスだー!
【2006/12/17 23:59】
URL | こるち #- *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/141-12565cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。