小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

2月22日は竹島の日~♪ 

takeshima2

画像提供:
★【JOKER×JOKER】管理人恭介さまより。


★【フィオリーナの以心伝心
管理人小林少年さまの
「日韓友好は実現可能か? 小林少年的試行錯誤 否定 肯定 なんでもありのネタブログ 日韓交流の最前線、九州は福岡からの情報発信」ブログでの

*竹島プロジェクト2007*
みんなで竹島の日を盛り上げよう!キャンペーン。


に、微力ながらこの問題を考えるきっかけになればいいなと思い参加させて頂いてます【じるこん堂】ですいらっしゃいませ~♪





2月22日は、いち地方自治体である島根県が「竹島は日本の領土である」と明確に条例で発言した日でーす。




時々、国内でもこの「竹島の日」に関して、

「韓国の国民感情を逆なでするような行為だ!」

と批判的な記事を見かける。(この方法は中国との外交においてもなぜか日本側のメディアから多々発信されるようだ)
しかし、この領有権に関して、当の韓国はすでに武力による実効支配を行っていることは周知の事実だ。

武力による実効支配一地方の掲げたささやかな声明文

普通に比べてみれば、どちらが攻撃的なのか一目瞭然だと思うが、「竹島の日」を制定した当時、日本にいる韓国人はなぜか県庁所在地まで出かけて行き、大声で泣き叫び、灯油をかぶって焼身自殺を図ろうとしたり、ナイフで自分の指を切断しようとしたり日本人には理解しがたいパフォーマンスを行ったと記憶している。(最近は意図的にそんなニュースもあまり放送されない?)



日本人的な感覚から

「それほど彼らにとってあの島は大事なものなのだ」(=日本人にはそうでもないよね)

と理解した風な意見も当時はあったと思うが、わたしには彼らの行動は単なる異常行動にしか映らない。
あんなのとまともに会話しようと思うのがそもそもの間違いなのじゃ?と思っている。



腰砕けの外務省を批判するもありだが(*)、この活動はいち市民がささやかながら日本人としての立場でこの問題を提唱している活動であるという点に個人的な好感をもって参加した。
(*竹島問題に関しては少なくとも2、30年ほど前は外務省は担当窓口すら置いてなかったと思う)

「こんなことしても何にもならない、無駄な行為だ」と揶揄するのは簡単なことだ。
日本人でも韓国人でも「右翼の無駄なあがきね!」と嘲笑してる人もいるようだ。
日本側が領土問題を提唱するとすぐ「右翼!」「右翼!」と揶揄する方がいる。
それでは「竹島(韓国名:独島)は韓国の領土だ!!」と主張する韓国人も全員「右翼」なのでは?と思うのだが、不思議と日本の主張を「右翼!」と大騒ぎする人ほど相手国の「右翼」に関しては当然のように沈黙するのが不思議だ。
もっとも、日本には在日が大勢いるのでどこまで本当の意味で日本人としての意見なのか見分けがつかないみたいだが…。
今までの政策がどうかは置いておき、私は今後日本ではきちんと外国人は外国人だと分かるように通名の法的利用は止めさせるべきだと思う。
それでなくとも、韓国本国では最近は簡単に実名のほか生年月日まで法的に変更できる法律が施行されている。(なんの為に?ねえ、なんの為に?…これじゃパスポートの意味がなくなるんじゃ!?)





何もしないで他人の言動を批判するのは実に簡単で、時にはそれをバカにすることで人はさも自分が理解のある人物だと優越感を抱くこともできる。

争いごとを避けたいのが日本人の人情だと彼らは知っている。
知っていて異常なほど大暴れしているのだとこちらも理解すべきだ。
政治家ですら「紛争の種になるならくれてやれ」とか「あんな小さな島いっそ爆破してしまえ」などと短絡的に言う者もいるくらいだ。
こういう短絡的で争いごとの苦手な政治家には領土問題の担当は任せたくないなぁ。


簡単に自国の領土を他国に明渡すことが長い歴史の上でどれほど危険なことか想像してみればいい。
個人的にはこの手の問題は50年だろうが100年だろうが簡単に放棄してはいけない問題だと考えている。

そして、たとえば国際紛争において領土を明渡す事態になっても決してニコニコと笑って差し出してはいけない。
また、領土問題が解決したのだから「友好を深めましょう」等とは決してこちらから言い出してはならないし、そんな尻馬に乗っもいけない。
たとえ一時的にそのような甘言をかの国がほのめかしても、そんな「友好」は次の日にはきれいさっぱり忘れてまた別のところで大騒ぎするのがあの国だし、それを真に受けることは鍋を持参して葱を背負ってのこのこ出かけていく鴨そのものの行為だと私は考える。

個人のドラマや歌の嗜好、あるいは恋愛についてまでとやかくいうつもりはない。
しかし「韓流がスキだから~」というレベルで領土問題を捉えるべきではないと私は思う。



「この問題はまだ解決にいたっていない」

領土問題が絡むとよくこう表現されるが、これも「事実を述べているだけ」であると同時に「ごたごたは早く解決しい、片付けたいと焦る日本人の心理を突いている」ということも理解するべきだ。
竹島に限らず、これは北方領土尖閣諸島についても言えることではないだろうか?
領土問題に関してはうっかり八兵衛じゃすまないのだ。




日本人には日本人のやり方がある。

それを忘れないでいたいという気持ちも込めて、【じるこん堂】は「竹島は日本の領土である」と静かに主張する。
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/160-c1ea9bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。