小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

そこはトルコですよ!!つ『日本沈没』 

過去記事の★【和むよなぁ…というか泣けるよぅ"(つu<,) 】で紹介しましたトルコと日本の交流(1890年:明治23年1985年:昭和60年の出来事)をAAで描いた★【昭和60年、テヘラン】の続きというには少し時間が立ち過ぎですが、もしかしてこういった2ちゃんねる等での周知が案外きっかけになったのかもしれませんね。

★【日本びいきの外人を見るとなんか和む Part23】より

509 名前:おさかなくわえた名無しさん :2006/04/30(日) 21:44:29 ID:

なごなご。
春の叙勲がありましたね。
別枠の外国人叙勲は21カ国の49人。
国別最多はトルコの13人で、イラン・イラク戦争中の1985年にテヘランから日本人200人以上を救出した トルコ航空特別機の当時の乗務員ら。
小泉首相が今年1月のトルコ訪問で元機長と懇談したのがきっかけとなた。

旭日重綬賞  イスメット・ビルセル(トルコ、元駐イラン大 72)
旭日中綬章  ユルマズ・オラル(元トルコ航空総裁 71)
旭日小綬章  アリ・オズデミル(元トルコ航空パイロット 75)
         オルハン・スヨルジュ(   〃     80)
旭日双光章  コライ・ギョクベルク(元トルコ航空機関士 63)
旭日単光章  アイシェ・オザルプ(元トルコ航空客室乗務員 53)
         エミネ・キョプルル(トルコ航空客室サービス長 45)
         セヴィル・アトゥジュ(元トルコ航空客室乗務員 50)
         デニズ・ジャンスズ(   〃         47)
         ナーザン・アキュンレル(   〃       51)
         ヌライ・シャルズ(  〃           46)
         マノルヤ・サカ(   〃           51)
         ミュゲ・チェレビ(  〃           45)

ちょっと遅いでつがwよかったよかった。



510 名前:おさかなくわえた名無しさん :2006/04/30(日) 21:53:51 ID:

おお!
改めてトルコの勇気ある人々に感謝!



実は2006年(平成18年)春の叙勲などは大して興味もなくTVのニュースで芸能関係の誰々が受賞した、くらいしか知らなかったのですがこれはこれでとてもよいニュースだと思います^^。


ところで、つい最近になって平成版『日本沈没』(草剛柴咲コウが出てたやつ)を観ました。

日本沈没 スタンダード・エディション 日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛 (2007/01/19)
ジェネオン エンタテインメント

*詳細を見る


そう言えば、この映画にも庵野秀明安野モヨコ夫妻が出演していた。

「どこで!?」

「あ、あれじゃない?
クサナギくんがレスキュー柴咲に会いに火山灰にまみれて歩いていく途中で道路に横たわる死体の数々、そこへ死んだ子供を抱えた女性が「あなた~、あなた~…」と幽鬼の様相でフラフラと歩いている…ちゅー場面の女性&毛布に包まって横たわる死体のあれ。
なんか不自然にカメラ回してあったよーな気がしたけど」


確証はないがそんな気がしまふ。

ほうー、監督って『さくや妖怪伝』で特撮監督やってた樋口真嗣じゃん!
うん、さすが特撮シーンはすごかった!予算が増えたのかな!?
あ、特撮監督は別の人ね…。

つーかさ、あのさ、観ててさ、突っ込みどころも満載だったんだけど…。
日本がプレートの関係で壊滅的な被害を受けてほとんど海に沈みます、海外に脱出して難民になります、その海外で難民受け入れに各国が排斥運動起こして日の丸焼いてます(どっかでみた光景だなオイ)、でもナントカ爆弾でプレート引き千切れば少しでも日本の国土は守れます、その作戦で中国やアメリカやフランスやイギリスが作戦に必要な掘削船を出してくれました…というところで

そこはトルコですよ!! インドはどうしたー!?

チリ海軍は!? タイはー!?


中国が出てきてなんでロシアが出てこんのやー!?あーん?
スペインの無敵艦隊は!?フィンランドは!?

つーか、ドイツ!!…は船持ってたっけ?」


とTVをガクガク揺さぶったこるちです。
ちゅーか、こんだけ自衛隊の協力受けておいて「民間潜水師」と「都のレスキュー隊員」が日本を救いましたっ、国民を守りましたってラストはそれどーなの?
あの場合、一番体張って頑張ってたのは自衛隊であろう?
なんか日本の政治家は自己保身ばっかでロクなのがいないよねー、国家の危機に必死になるトップがいないよねー…ってそんなイメージをひたすら強調する映画なんて正直すっげーつまらんとです。

確か韓国では「日本が沈没するというすばらしく楽しみな映画だマンセー!」と大喜びして上映したらしいんだけど、まさかそのためにあんなつまらん内容にしたんじゃないだろうね。
とはいえ完全に日本の国土が沈没してないのでその韓国ではエンドロールで「日本人が全員死んでない!?こんな映画、詐欺ニダー!」と火病ったらしい…(どんな民族やねん)。

私も正直に感想はと言うと、草剛と柴咲コウのメロドラマをあの映画で時間使いすぎじゃ。(イライラしてまったよ…)
なんか恋愛モノ映画としては妙にプラトニックで終わっちゃってるし。
私だったら膝枕なんかで済まさないぞ。
ガツンとやっちゃて(失礼!)最後にはちゃんと女の体には男の子どもが宿ってて、すっかり崩壊した日本でこの先生きてるのが嫌になるくらい厳しい現実が待ってるかもいれないけど、この子と必死こいて泥喰ってでも生きて生きて生き抜いてやる!ってラストにするぞ。(これもなんかアリキタリですがな…)
なんか最後の女性首相?の国家声明なんて陳腐すぎて映画館だったら席立ってるぞ。
何よ「命をかけて日本を守った勇気ある二名に心から感謝の意を表し冥福を…」って?
確かにあのプレート分断作戦で日本列島は助かったわけだけども、あの場合あの規模の大災害でその「二名」(草なぎ&及川ミッチー)だけが特別な死だったなんてことあるわけないべ?

つまらん!特撮はすごいけど、人間ドラマがつまらん!!
さくや妖怪伝』の方がずっと後味がいいぞ。(監督違うけどさ)



実はパロディの『日本以外全部沈没』を観るためにこの元映画を観たくろん君が言った感想。

「…あのさ、映画ってさ、国際的な賞のためとか海外で上映するためにとかでさ、受けがいいモノ作ったってダメだと思うんだよね。
どんなに海外で酷評されたって、まずは自分たちで観ておもしろいってのが第一なんじゃないかなぁ。

自分の国でさ、

自分ちの観客の心を打たない映画じゃ

意味ないと思うんだよね
。」(´・ω・`)




「ぐへぇ」とか「なんじゃそりゃっ!」とかぶつぶつ言っていた私の隣でぼーーーっと観ていたくせに、この前の選挙では共○党に投票したくせに、TVを投げそうになった私の気持ちをすっきり代弁してやがりました。むぅ。

あ、でもオープニングの映像は結構好き。
日本てやっぱ綺麗な国だなぁと。(これが後に崩壊するという前フリですが)

★【First of Sinking of Japan(日本沈没):YouTube



映画の中では少数派としてしか描かれていなかったけど、「どうせ沈むなら、どうせ消えてゆくなら、この日本で死にたい」と海外脱出をあえて選択しない日本人も多いんじゃないか…?とか思っちゃったけど。



ちなみに、『日本以外全部沈没』も観たよ。

★【『日本沈没』の映画化で『日本以外全部沈没』も映画化!:エキサイトニュース

監督は…『イカレスラー』とか『まいっちんぐマチコ先生』とか『ズラ刑事』とか撮ってるとってもヘンな監督でした。>河崎実
筒井康隆も出演していて笑いました。
昔から役者になりたかったそうですから映画に出演できて本望でしょう。

特撮は「わざとですか?」「あえてですか?」という感じのチープさです。

日本以外全部沈没 日本以外全部沈没
小橋賢児 (2007/01/01)
角川エンタテインメント

*詳細を見る


津軽三味線映画『オーバードライブ』柏原収史くんが出ていて萌えました。
やっぱり顔がデカかったです。(ハンサムなのになぁ…)
あ、主人公は桜小路くん(小橋賢児)ですけど。
中国役人と韓国役人は日本人がやってますが、妙に似ていて笑えます。w

★【ニッポン音頭:YouTube



ただ、やっぱり日本てのはこてこてに自国マンセーのストーリーに酔いきれないんでしょうな。(この歌も映画の中では「なげぇーよ!!」と突っ込み)
最後にはなんとなく自虐ネタっぽくなっていくのがまた笑えそうで笑えないという。
ちなみにこの映画でこるちが一番好きな俳優はイカレエロ学者の寺田農おじさまです♪

寺田農(てらだみのり)


この人って渋くすれば渋いのに最近こういった壊れた役が多いよなぁ…。




映画版原点はこちら↓でどうぞ。

日本沈没 日本沈没
小林桂樹 (2003/09/25)
東宝

*詳細を見る





もっともっと原作はこちら↓で。

日本沈没〈上〉 日本沈没〈上〉
小松 左京 (1995/04)
光文社
この商品の詳細を見る


日本沈没〈下〉 日本沈没〈下〉
小松 左京 (1995/04)
光文社
この商品の詳細を見る



日本沈没』はまとめて観るとおもしろいでしょう。

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/181-4c788af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。