小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

猫十字社 『小さなお茶会』 ① 

<作品メモ>
昭和53年(1978)~昭和62年(1987)
白泉社 【花とゆめ】に掲載
単行本全7巻 (第1巻1981年~7巻1988年発行)


Sunday
Sunny day,(陽気な日曜日)

Monday
A little moody,(月曜日ちょっぴり憂鬱)

Tuesday
Tuny day,(火曜日は調子いいな)

Wednesday
Washing day,(水曜日はお洗濯です)

Thursday
Sunshiny,(ひなたの木曜日)

Friday
Feathery,(羽みたい金曜日)

And
Tea party
on Saturday!(そして土曜日はお茶会です!)

もっぷ


これは第1巻でもっぷがぷりん奥さんをお洒落してお茶に誘うときに歌っていた歌です。
実際ある歌なのか?と思ったんですが、ページの欄外に著作権云々の正し書きがないので作者のオリジナルでしょうか。

第1巻の始めの方はなんとなく二猫(ふたりと読みます)のバランスがぎこちないのですが、連載が進んでだんだんしっくりした絵になっていきます。

始めのころのドラえもんとのび太みたいな感じです。




もっぷとぷりん奥さんは猫の夫婦です。住所は【はなのめ村さかさいちご367】。
ちなみに当じるこん堂はもっぷ曰く

「ものすごくへんぴなところなんだ。
一本しかない道をのぼったりくだったり。
妙てけれんなところを通りぬけたりしなくちゃならないんだ」


だそうです。

それに対しもっぷの古い友人だった初代店主こるちは
「そりゃあうちへくるのにはちょっとばかり苦労してもらうさ。
だってきみ、(中略)
ぼくはこの本たちを集めるために
世界中を駆けまわりはしりめぐり
命をおとしかねなかったことだって一度や二度じゃない。

だから、ぼくとしてはこの書店にそんなかんたんに
辿りつかれたんでは腹がたつ。
迷路に迷ってひとりぐらい
生死の界で四苦八苦してくれるというと非常に愉快だ」

(第4巻参照)

と言ったとか。

小さなお茶会』は大好きなのでまたエピソードをご紹介するかもしれません。

おっと、粉雪が舞ってずいぶん冷え込んできました。
あったかい紅茶でも飲みましょうか。

この記事に対するコメント

毒入りチョコレートの館主です。さっそくこるちさんのお店に参りました。うちにリンクしてくださってありがとうございます。良ければこちらからもつながせてください。

ニュース>なんかほっこりくるニュースですね。ピアノマンのニュースにも驚いたけど、オチがああだったから残念でした。

猫十字社>あの時代の花ゆめは面白かったんだろうなぁと思います。猫十字社先生のマンガは未読ですが、書評を見て興味を持ちました。
【2005/12/23 21:51】
URL | 館主 #X.Av9vec *編集*

>館主さま。
いらっしゃいませ。遠くからわざわざありがとうございました。
実はこるちは月刊誌でマンガを買うことは稀な方でした。なにしろ中学時代のおこずかいは500円!、高校時代になってやっと1000円(涙)だったので。古本屋もマンガ喫茶もなく、地域にある本屋はとても遠く、小さいのが3店だけと正真正銘の僻地だったのです。
ちなみに私が持っている第1巻の巻末(1983年第7刷発刊分)に載っている花ゆめの‘最新刊’が『パタリロ!』第17巻、『赤い牙ブルー・ソネット』第7巻、『マルチェロ物語』第3巻、『黄昏シティ・グラフティ』第1巻、『ペギ丸ちゃん』、『天まであがれ!』第1巻の発売となっています。
ああ、『ガラスの仮面』が第25巻まで出ていたようです。…いつ完結するんでしょう。
その他『日出処の天子』、『エイリアン通り』、『ピグマリオ』、『綿の国星』などがまだ連載中だったようです。
【2005/12/26 19:45】
URL | こるち #- *編集*

私も子供の頃はビンボーだったので、月刊誌は買えない派でしたね。いつも友達に見せてもらってました。高校に入ってバイトするようになると、マンガを全巻大人買いできるようになりましたが。私も田舎に住んでいますが、最近は街道沿いにマンガ喫茶や古本屋が増えて嬉しいです。

「パタリロ」と「ブルーソネット」は(一部)読みました。パタリロのあのシュールな世界が良いですね。「マルチェロ」は未読ですが、樹なつみのファンで「OZ」あたりから読んでいます。でも「八雲立つ」が途中からフェードアウトしていって以来、彼女の新作には食指を動かされません。成田美名子ものもいくつか読みましたねえ。「がらかめ」は面白いと聞きますが、未完の長編と聞き手を出していません。ずっと焦らされそうなんですもの。
83年の花ゆめだなんてすごい!マニアに売れそうですね。私…小学生だったよな(年ばれる)
【2005/12/27 10:23】
URL | 館主 #X.Av9vec *編集*

>館主さま。
『OZ』は樹なつみの作品の中でもかなり人気あると思います。『マルチェロ物語』も昔のですが結構面白いですよ。
『がらかめ』………!?
ああ!『ガラスの仮面』!一瞬どんなマンガか分かりませんですた…。ふふ、最近のファン事情に疎いこるちです(涙)。
【2005/12/28 12:09】
URL | こるち #- *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/2-20f76429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。