小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

RED WARRIORS、再び。 ④カオスの中に輝く石 

ものすごく久しぶりに、というかほとんどレッズも忘れてた時にユカイ君がTVに出てて吹いたんだけど、当時のど真ん中を知る由緒あるレッズのファンの方のダイレクトなお話をコメントで聞けて、基本超アナログな自分なんだけど「ネットってこーゆーところがおもしろいんだなぁ!」といたく感心しました。コメントありがとうございました>くられ様 ^^。

そのTV番組【歌スタ】でのユカイ君の言動に、レッズを知ってるファンとまったく知らない人とでは賛否(ユカイらしいorなんだあいつ!?えらそーに!みたいな?)があったと知って、それもまた「へーーっ!!」と驚いたりして。

なんというか、個人的な感想なんだけど、ユカイ君にとっては「なんだあいつ、何様だと思ってんだ!?」と反発を食らうのはむしろ本望なのではないかと思われ。
なにしろ初期レッズ時代のコンセプトが「世間の鼻つまみモノ」「アウトロー」「唯我独尊」とかそんな感じだったような気がするし、ライブでも「オメーらなめてんのかごるらぁー!!」「ファッキュー!」くらい朝飯前?みたいな、世間の常識から外れたところで好き勝手に振舞うという暴れん坊ぶりがレッズの色だったように思うし。

こう書くと「昭和のDQNかよ…」と思われるかもしれないけどそんなんじゃないんだ。
そんなレッズが愛され支持されたのはそれを帳消しにしてしまうようなキュートさや愛嬌がレッズに、ユカイ君に同時に存在してたからなのだ。



★【RED WARRIORS 「WILD CHERRY」 LIVE AT武道館 1988




わはは、ユカイ君がキスしようとしてんのに「おわっw」と逃げるシャケがw
ああ、このライブを体験した人はほんっとうらやましい
まさにこのライブにはステージの神様が降りてきたと思える何かがある。
ライブって不思議な生き物みたいだと思う。
同じメンバーで同じ曲を演ったからって、同じあの世界を必ず創り出せるとは限らないんだから。

この歌だって下品て言っちゃ下品なんだけど、ユカイ君が歌うと今風に言えば「エロかわいい」…?ちょっと違うか^^;でもなんつーか、「ユカイだから許せる」みたいな感じなのよ。






★【RED WARRIORS 「NEVER GIVE UP」 LIVE 1990



これはファイナルライブだっけ?
要するに解散すると決めた後のライブ。
私はこの頃、レッズが解散したことすら知らない…。
後になってビデオで見ては胸の奥で何かが疼く感覚に惹かれ続けていた。



オレにはイカした女神がついているのさ ベイベー

まともに生きるなんて 考えちゃいないのさ
十字架をへし折って 生まれてきたオレさ

ゴミの山に埋もれた 
たったひとつだけの マイシャイニングスター


オレの生きる証さ
そいつを探し出すまで 

I'm never give up!  I'm never dei!

これがオレのやり方さ



この歌を聴く度、ユカイ君は今もその星を探しているんじゃないのだろうかとすら思う。
これもまた歌のチカラか…。






★【RED WARRIORS 「SHOCK ME」 LIVE 1987



1987年(昭和62年)のライブ…ファンの髪型が時代を感じさせます…^^;。
最初から「おらおらロック」なユカイ君。
でも、レッズの歌はこの頃から迷いのない明確な方向性があって、そこにファンは惹かれたんだろうなぁと思う。

SHOCK ME」って歌はものすごくノリノリなスピード感のある曲…というのとはちょっと違う。
むしろ、リズムもどっしりしていて地を這うような低空飛行なイメージ。
この歌ができたときのエピソードがまたシャケ伝説のひとつで揮っている。


まだそれほどメジャーでもなくみんなで四畳半の畳の部屋に集まって曲を作っているような頃。
ある日、シャケは夢を見る。
そこで彼は武道館のステージに立っている。
傍らでユカイ君が歌う。

「ショッーーク、ミーーーーーーッ!!!!!!」


シャケは目が覚めてばあぁーーっと5分くらいでこの曲を書いた。
そして、数年後彼らは本当に同じステージに立つのだ。



日記 *  TB: 0  *  CM: 7  * top △ 

この記事に対するコメント

喜び ふたたび

わぁ あたしの名前がっ 
突然の訪問にこころよく門扉を開いて下すってありがとうございます!
最近とにかく レッズ熱を冷まさないように徘徊してまして
彼らを語っておられる方がいると つい;

歌スタだろうがガキの使いだろうがタモリ倶楽部であろうが ゆかい節☆
迎合するようなコメントのほうががっかりしちゃいますよね

可愛さ 今も失ってないんだよね 40代も半ばの男の人が
ばしばしぶつかった過去も含めて ひっくるめて楽しんでるんですよね
ROCK(だけでなくても)をし続けるって本当にすごいことだと感じてます
まさに昨今のユカイ君のローリングしつづけてるっていうあれですね

この人たちの魅力は無邪気な可愛さだと・・・
こるちさんの思いにも深く頷いています

ZEPPだったか、ユカイ君とシャケが2人でひとつのマイクで唄う
お決まりのスタイルのときに
ユカイ君がシャケの肩をなぜか何度かこずいたときの二人の顔・・・
子供のようで たまらんかったです♪

また長文に・・・ごめんなさい 今回も楽しく拝見しました!
【2007/12/08 21:52】
URL | くられ #JezSLo8M *編集*

タモリ倶楽部に!?

v-273 くられ様

ユカイ君、タモリ倶楽部にも出たんですか!?
そ、空耳アワーとか(ジャポニカロゴスとかも)
すっごく好きなんだけど知らなかったー。
いったいどんな経緯で出ることになったのだろう?

そういえば私もつい最近知ったんですが、今年になってまた
レッズで活動再開(第3期ってところ?)してたらしいですね!
ZEPPもそのひとつだったんでしょうか。
そっかー、ユカイ君&シャケの姿がまた見られるとは…
なんだか感慨深いです。

こちらこそいろいろな情報ありがとうございます^^。
長短問わず熱いご意見はうれしいです~。
【2007/12/09 14:45】
URL | こるち #- *編集*

だいぶ前に

タモリ倶楽部は ストーンズ来日で東京ドーム公演のときに
近くのビルの窓から音だけ聞きながら ストーンズを語るみたいな企画でした;

正直ユカイ君のカットは少なかったです。発言もすくな。
不機嫌でさえあった。見ているこちらは痛々しくてね。(記憶では)
バラエティへの割り切り(してもらいたくないけど)は薄い頃でしょうか。

そうです!
期間限定の活動再開でした。
Rolling Rocksを6月にユカイ君がやったときに数曲シャケ参加。
11月に名古屋のELLというライブハウスの30th記念で
そこのお世話になったオーナーからの依頼がきっかけだそうです。
前後して10月にシークレットライブをONーAIR、同じ月にZEPP東京。

名古屋のライブハウスの話が一番初めに決まっていたそうです。
当然、わたしなんかは復活しようって話で
今回のことになったのかと思ってたんですけど、実は名古屋がきっかけだそうです。

ライフワークでユカイ君はRolling Rocksはやっていくそうですね。

ユカイ君は端々にレッズでやることはもう無いと匂わせています。
一回だけMCでオリンピックみたいに何年かに一度とか言ってたけど・・・
最後のほうは、ほぼもう無いっていうのが色濃くも感じられました。

レッズは過去であるというのは、ファンとしても重々承知のすけですが
あのときの熱い思いを蘇らせてくれるのは、彼らしかいないんですよねぇ かなしいかな。

私は6月Rolling~とzeppと名古屋に行きました。
当時は、お金なくて一回のライブに行くのがせいぜいだったのにね
大人買いってやつですねw

ZEPPはDVDとCDが出ます CDには名古屋の音源だけ入るそうで。
比較でいえば名古屋のライブのほうが彼らは楽しそうでした。
珍しく三国さんが居ないセットでしたが、
ごつごつ感があって箱も小さめで彼らと心が通った感じのライブでした。

他でやらなかったGuerrillaが印象に残っています。
【2007/12/09 22:10】
URL | くられ #JezSLo8M *編集*

DVDとCD

v-273 くられ様 いらっしゃいまし~。

それ!たしかセットで2万6千円くらいするやつですか?
実はレッズのビデオ、CD、レッズに関する音楽系雑誌等、訳あって手元には
もうほとんど残ってなくて今持っているのがライブ盤CD一枚なんですよ。
まさにもう、大人買いwするしかない感じなんですが…
ただ、このDVD+CDのボックスの発売はどこかにあったんですが、
音源も昔のものをそのまんまコピーしただけらしく、メーカー主導の
「商売」だってことでメンバーはあまり納得してない…、とかって聞いて
ちょっと手放しで喜べないところなんですよね。

そう言えば今の事務所がどこか失念したんですが、数年前のライブで
例のTHE HEARTのVoとセッションした時も、ユカイ君たちは

「あのクソ事務所、マザー糞タープライズがよ…」

とクソミソに貶しまくってたんですよね…。(冗談にしてはしつこかった^^;)
いろいろあったんだろうなぁって思うんだけど。
数年前の時はゲストとのセッション以外はほとんど一人で演ってたんです。


>ユカイ君は端々にレッズでやることはもう無いと匂わせています。

ソロになってから同じことずっと言ってましたよ…。
または、オリンピックみたいにたまにレッズ演るかも…とかも。
ファンが残念そうにもしくは期待して歓声を上げると、ユカイ君はいつも
複雑な表情をしてたような気がする。
期待されてうれしいぜ!みんなの期待に応えるぜい!
   &
今の自分を否定されたようで哀しい悔しいどいつもこいつも!!
…みたいな。

そういう時、やはり見ていて痛々しい気分になりました。
もうほんとにいっそ彼はレッズの亡霊から逃げるべきなのではないか
とすら思ったり。
個人的には、ユカイ君にはただ歌を楽しんでほしいだけなんだけど。


あ、ちなみに私が行ったその最後のライブってのも名古屋のELLです!
昔はもっとアングラなビルの地下にあって狭かったんですが、何年か前
今の大通りに面したキレイなライブハウスになったんではなかったか。

あのライブハウスで彼らが楽しく演れてたのならばうれしいかなぁ。


【2007/12/10 21:25】
URL | こるち #- *編集*

たびたび

何度もこんにちは!
DVD+CDのボックスとまた別に12/21に発売されます・

迷いに迷ってボックスの買いましたが、
CDは正直持ってるもんばっかり・・・ただただ映像が欲しくて買ってまいました;
映像もあんまり恵まれてない彼らだった気がしますが、
当時のビデオひとつも持ってなかったので自分としては、買っておいてよかったかな、と。
詰め合わせだからしょうがないけど、
途中で尻切れトンボで映像変わったりして・・・そこは mmmmmu でした

そんな背景がねぇ
なんだか事務所とかに恵まれない人たち?時代?だったんですかねぇ
マザーは他でも揉めてますもんね;
裏事情は詳しくないけど、今のアーティストは恵まれているのかもしれませんね。
とりまくスタッフさん(映像技術系とかも)もしっかりしていそう(な気がする)

ユカイ君のお気持ち・・・ごもっともだ
今を見て欲しいんだよね 誰だってそうだ
私だって何もやってないけど;そう思うもんね
ソロのユカイ君をしっかり見つつ、
通勤ではレッズで気分盛り上げるの生活をしよお 笑

さすが、こるちさん ELLは新しい場所です。ビルはアンティークな感じですが。
ユカイ君もMCで小さかったって言ってました~
当時の味のあるELLでのライブ見たかったなぁ。

色々お話きかせてくれてありがとう☆
【2007/12/11 01:41】
URL | くられ #JezSLo8M *編集*

通勤で気分盛り上げるのは

やはり「Casino Drive」v-341ですか?

v-273 くられ様 いらっしゃいまし~。

そそんな、
ボックス以外でも今月にまた発売っていったいどうしたんだ>レッズ
今年になってまた話題になるのはファンとしてはうれしいですけどね!
財布が~^^;。

マザーって昔は事務所としてすっごく人気あったんですけどね。
ハウンドドッグ、尾崎豊、レッズ、泉谷しげる、世良正則?とか
個人的にめっちゃ好きだったTHE HEART…とか
けっこう人気ある歌い手(曲者とも言う…)を擁してたので。
確かに今のアーティストさんたちの方が恵まれてるのかも
しれないですね、プロモーションとか映像技術的に。
ただ、それと引き換えに「常識的なお行儀のよさ」を求められるのかも。
そういった部分ではユカイ君みたいな屈折したタイプは
窮屈かもしれないなぁとも思ったりして。


私は通勤で音楽聴かないんですが、最近は頭の中でレッズの曲が
回ってるのでまるで音楽聴いているみたい?な状態です。(便利?)
ちなみに今の脳内曲はv-272「バラをワイン」ですv-254

【2007/12/12 23:12】
URL | こるち #- *編集*

また…

v-272「バラとワイン」v-254です…。
間違えますた_| ̄|○ilililあたしのバカ。
【2007/12/12 23:18】
URL | こるち #- *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/200-6c5f1098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。