小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

嘉工管樂奏 宇宙戰艦-大和號 

このアニソンは名曲中の名曲だと思う。
覚えやすく歌いやすく子供にも演奏できるメロディー。
しかも、多少演奏に稚拙さがあったとしても終わる頃にはわくわくするような高揚感を得ているという不思議な曲。

吹奏楽団の「宇宙戦艦ヤマト」の演奏がないか探したら、なぜか台湾の高校生かな?のが見つかった。

★【嘉工管樂奏宇宙戰艦-大和號





勢いはあるけどまだまだ荒い演奏ですな。
個人的には出だしの「宇宙~戦艦、や~ま~と~♪」まではもっとスローで入って、真ん中でテンポをやや上げていく感じで演奏してほしいかな。
最初っから飛ばすよりもじりじり引っ張るような粘りのあるミドルなテンポがいいとですよ。







★【宇宙戰艦 OP1



ささきいさお

1972年(昭和47年)に声優として、タツノコプロ製作のアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』にコンドルのジョー役で出演。
ガッチャマンの打ち上げの宴席において、余興のカラオケで主題歌を唄いこなしたことが評判になり、翌年『新造人間キャシャーン』の主題歌担当に抜擢され、ささきいさおの芸名でアニソン歌手としてデビュー。
以降、数々のアニメ・特撮作品の主題歌を歌い、特にテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』の主題歌が一世を風靡し、ミリオンセラーを記録する。
別名アニメソング界の大王。
子門真人水木一郎堀江美都子らと共に、アニメソングの黎明期を支えた歌手の一人である。

by wiki



ああ、コンドルのジョーって人気あったあった、主人公の大鷲のケンより人気あったねー。
でも子供心にあの目力なキャラ絵がけっこうコワかったりもしたw

この方はもともとロカビリー畑の出身なのね。
しかも最初はそんなに歌が上手くなかったとか、ロカビリーブームが去った後は不遇の時代を迎えるというがその頃に歌唱力を磨くべく努力していた…というのがスゴイです。







★【ヤマトOP






だいぶ昔、このアニソンをヨーロッパで本場オーケストラが演奏したとかいうニュースを聞いたことがあるけどどこだったかなぁ。

「めっさ聴きたい~っ!!そのオーケストラ演奏を生で聴きたい!!マジで聴きたい!!」

と思った。
あー、フルオーケストラで聴きたいー。
つべ *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 

この記事に対するコメント

I don't know Japanese
that is my school
it's really good
【2009/01/18 20:50】
URL | taiwan 嘉工people #- *編集*

Re: taiwan 嘉工people さま

> that is my school
> it's really good

いらっしゃいませ~v-273
台湾の方なんですかね?
あの学校の生徒さんでしょうか、
コメントありがとうございました!

Thanks!

私も台湾には一度行ってみたいですー。

【2009/05/25 23:00】
URL | こるち #- *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/217-ef5fa476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。