小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

『小さなお茶会』② 

もうすぐクリスマスですね。
さて、今回ももっぷとぷりん奥さんのお話です。その前にちょっと。


小さなお茶会』(猫十字社)はショートショートで1回につき大体4Pで構成されています。
それも最初の頃は2Pや1Pの回もあるので第1巻が出るのに53のエピソードが必要になりました。
1冊の単行本になるのに月掲載ほか季刊掲載含めあしかけ3年掛かったわけです。
そのページ数も、第3巻から1回に6Pになり、1冊に28エピソード。
第5巻にはひとつのエピソードに4~7ヶ月かけていたり、18Pのまとまった短編も番外編として盛り込まれ、23エピソードで2年弱。
第7巻までに10年分の季節が巡っているわけです。
なのでマンガのなかでも四季折々の出来事が、かわいらしくシンプルな線でこつこつと綴られていきます。

昔、ショートショートの小説家・星新一氏が原稿料が原稿用紙1枚につき○円と換算されることについて

「ショートショートには、1作何百枚の小説にはできない表現があり、技巧も必要なのに…」

とどこかでぼやいていました。

マンガではどうなんでしょうね。
月間誌で毎回36P書くのも大変でしょうが、『小さなお茶会』だと6ヶ月分の掲載がひと月でこなせるわけです。
どちらが大変かと言っても、作品を完成させると言う点では同じかもしれません。
絵を描くと言うのはあれで結構体力のいる行為なので、例えるなら長距離ランナーと短距離ランナーの違いなのでしょうか。

ですが、丹念に読んでみると、ページが少なくても小さなコマで工夫しているのがよく分かります。
小さな小さなコマを重ねてみたり、タイトルページの配分や断ち切りの使い方、時には贅沢に見開きの半分を1コマにしてみたり。
長編連載のマンガでは当たり前に出てくるこのようなコマ割りも、持ちページ6枚の中で使用されると「おお!」と軽く感動します。

ギャグ系はあるのでしょうが、このようなキュートなショート系のマンガは他にもあるんでしょうか。ご存知でしたら教えてくださいね。


さて、第1巻からクリスマスのお話をひとつ。

ぷりん奥さんは朝起きて、窓枠に積もった雪に肉球の跡を付けて(猫ですから!)ご機嫌です。
ぷりん


もっぷと言えば猫らしく寒がって布団から出ようとしません。
ぷりん奥さんに布団をはがされてぼやきます。

「あー、ぼくがせっかくつちかったぬくぬくがにげてく」

「ぬくぬくならまたわたしのを分けてあげます!
あったかいお茶のんで元気だして!
きょうはクリスマス・イブよ」

「これから朝ごはんをたべて、いちばんはじめに雪かきをやって、それからツリーを飾りつけて次にケーキをやくの!」

「とくべつな一日の中に宝石箱みたいにいろんなたのしいことをつめこむのって大好きだわ」


ぷりん奥さんは朝のお茶をもっっぷと飲みながらほくほくと語ります。

さて、雪かきになるともっぷは夏に失くしたにゃんたけ山のバッジとかきれいな模様の古いコインなんか雪の中から拾い、ほくほくとご機嫌になります。

「……。
どうしてもっぷにばっかりいいことがあってわたしにはないのかしら。
同じことやってんのに不公平だわ」


ぷりん奥さんはツリーの飾りつけにはいるとオーナメントの箱をひっくりかえしてみたり、ツリーの下に何か‘いいもの’が入っているんじゃないかとめくったり。

「そういうとこにはあんまりない気がするなぁ」

心なしかつまらなそうに飾り付けるぷりん奥さん。
しかしすぐ立ち直ります。

「ひょっとしたら卵の中にいいこと入ってるかもしれないわね。
わたし元気だしてケーキ作ってみるわ。
きっといいことあると思うわ」


そんなところにもないと思う…と思いつつなんとかしなくちゃねと焦るもっぷ。


「ぷりん奥さん、いいものあげる。手だしてみて。はい!」

「うわあ、うさぎりんごね。かわいい♪」

「さっきまで雪の中をぴょんぴょんしていた、いきのいいうさぎりんごだよ」

「ほんとつかまえるのに苦労したのね。ありがともっぷ!」

ぷりん奥さんは、ケガしたもっぷの手をみて、一生懸命不器用にりんごでうさぎをつくってくれたのがうれしくなって、もっっぷのほっぺたにキスをしたのでした。



もっぷのこういうやさしいところっていいなぁ。
二匹(ふたり)のこういったささやかな日常の中の優しさは、大人になるとますます心に沁みてきます。

そうです、私、もっぷとぷりん奥さんのような夫婦が理想なのでした♪

この記事に対するコメント

遅くなりましたが、開店おめでとうございます。また、いつも我が家にコメントをありがとうございます。しかもブックマークまで。。。嬉しいです^^
とっても素敵な処で少し恐縮しております。とてもセンスよくクリスマスバージョンにされてますね。このカラー、大好きな感じです。また、いろいろと教えて下さいね。
では、またお邪魔させて頂きます。。。
【2005/12/22 14:31】
URL | youming #- *編集*

>youming様
早速のご来店ありがとうございます~(^^)。いえいえこちらこそよろしくお願い致します。
こちらのテンプレートもクリスマスバージョンということで、年末までの限定ですので次またどうしようと考えるのも

た  の  し  い   です。
【2005/12/22 19:42】
URL | こるち #- *編集*

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/3-3db7409b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。