小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

恋に破れた男が絶望の果てにしたこと 

【ライブドア・ニュース 12月19日】より
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1566037/detail
- AP通信によると、米マサチューセッツ州で、恋に破れ絶望した男が、不要になった1万5000ドル(約170万円)相当の婚約指輪を、メモとともに、たまたまドアをロックせずに駐車場に停めてあった車の座席に残し、話題となっている。
地元紙によると、今月7日にこの指輪を発見したのは、37歳の同州ノースボロー在住の男性。指輪は、白い蝶リボンがついた小箱に入っていて、メモが添えられていた。メモには、

「メリークリスマス。ドアにロックしないでくれてありがとう。
でも車は盗まないよ。その代わり、プレゼントを差し上げよう。
僕の愛は終わってしまった。
だから、このプレゼントが、君の愛する人の手に届いてくれるとうれしいな。メリークリスマス」


と書かれていた。  
婚約指輪は3つのダイヤモンドが輝くプラチナ製のもの。発見した男性は指輪を鑑定に出し、発見してから4日後に警察に届け出た。警察によると、この男性は婚約指輪を持ち続けることに決めたという。【了】
http://katouen.jugem.jp/?eid=902
【陶芸ブログ 炎と土にたわむれて】より


指輪を車に残した男性は、絶望してたんでしょうか?
1万5000ドル(約170万円)もする高価な指輪をポンとどこかの誰かに渡してしまうほど自暴自棄だったと?
もしかしてこの男性は、恐ろしく金持ちでこれくらいの物を手放すことにはなんの未練もなかったのかもしれません。
あるいは物事に対して淡白な人物。

彼女に受け取ってもらえないなら僕にはこの指輪は必要ない。
だったら指輪が必要な誰かにプレゼントしよう。
そう素直に考えただけなのかもしれません。

彼にとっては、プロポーズしたであろう、もしかしてプロポーズすらさせてもらえなかったかもしれない女性との恋に破れたことがショックだったのは確かでしょうけど。
ロマンチストだったんですね。(馬鹿ともとれますが)
でも潔いです。
それはこのほんの短いメモに彼の人となりが表れているようで、私はこのメモがとても粋だなぁと思いました。

ニュースにしてもらえないだけかもしれないですが、粋な事件ってなかなかないです。

ただ、拾った男性は警察に届けるよりも先に鑑定に出して、あまりに高価だったので一応警察に届けるも(自分が盗んだと思われたらヤだと思ったんでしょう)、彼女には渡さず(彼女もいなかったのかも)自分の物にすることを選んだってのが対照的で、メモの彼の望みは結局どこまでも叶わず、寂しくも心温まる事件で私のお気に入りです。
ニュース *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/4-b710bed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。