小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

ベルギーへの旅 ⑧ ブルージュ 前編 

まだまだつづくベルギーネタ(^^;)。

YH編で、なんだか印象の悪そうなブルージュですが、訪れたベルギーの都市の中で一番観光し甲斐のある観光地ーー!という感じでした。

ブルージュ市街のおおまかな地図はこちら【欧州エキスプレス】の「地図で見るヨーロッパ」→「ベルギー」→「ブルージュ」からどうぞ。
ブルージュのいろいろ。



実は、オランダから入国してベルギーで最初に泊まったのがこのブルージュという町。
駅からYHまではけっこう歩いたような気がします。
が、大きなスーツケースをゴロゴロ引いて歩いていけない距離ではありません。

ここは国内はもとより、ヨーロッパ各国からも日本からも観光客が訪れるだけあって風景のそこかしこが情緒的で観光の中心地はもとより、地元の裏路地のような場所でさえどこか懐かしさを感じさせる落ち着いた風情があります。

どっしりとした石畳に、蔦の絡まった壁、それぞれの家の扉や窓枠は個性的な色のペンキをを塗ってあるにも関わらず、それぞれが隣の色と調和しています。何故っ!?
赤と緑、黄色と青のように対称的な色であったり、同系色で並んでいたり、デザインもバラバラなのに通りには統一感が漂っている…。
何故、何故なんだ!? 
ステキすぎるぞ!ブルージュの町!





もうね、教会とか見学必至の見所も多いんですが、私はこの何気ない町の佇まいに心を奪われました。路地裏万歳♪
世界のドア参照。



さて、このステキ情緒満点のブルージュで、ちょっとだけ疑問がありました。



それは、あまりにも情緒的で静かな佇まいでありながら、世界中から観光客がやってくる一大観光地にも地元の人間は生活しているはずですが、いわゆる地元民の生活臭さが感じられないということでした。

生活するには学校も役所も本屋もレストランもスーパーも必要なわけで。
あの時は足で歩ける範囲でしか移動してないので、たまたまそんな部分を見聞きしなかったせいなのかもしれません。

町にあるお店は観光客用のお店であって、あまり地元民が利用する感じではなかったように思います。

それに、一番の疑問は「子供の姿が見えない」ということでした。
平日で学校に行っていただけなのか、たまたま遭遇しなかったのか。
始めは気にも留めないのですが、ふと
「そういえば、うるさいガキが全く見当たらないなぁ」
と思うと不思議でした。

ベルギーの子供は外で遊ばないのかな?とか。
そういえば、子供が集まりそうなお店とか皆無だし。





…と思っていたら、発見しました。
情緒的な佇まいの町並みに、同じような佇まいのゲーセン!?

珍しく小学生~中学生くらいの男の子達が連れ立って歩いていました。
彼らが吸い込まれていった店がどうやらゲームソフトを販売するお店のようです。
ベルギーで子供に見られたから入っても違和感ないだろう(いや、どう見ても東洋人でしょ!)とそのお店にこるちも入ってみました。


中はそう広くはない、一般的なジモピーのお店のようでした。
入り口から窓に面したところに大きめのオーバルテーブルがあり、ゲーム用のディスプレーが5、6個並べられており、そのどれもにジモピーの少年が張り付いてゲームに勤しんでおります。

こんなところにめったに観光客は来ないのか、こるちが入って来て皆一瞬手が止まります。
なんだか異邦人の侵入に無言の緊張感が漂います。
それとも男じゃなかったからギクリとでもしたんでしょうか?w

そんなことは放っておいて店を検分してみます。
窓際にはそのゲームプレイ用のテーブルがあり、店の中心はほぼゲームソフトやCDの販売スペースのようです。
こるちはゲームは全く門外漢ですが、なんか日本のアニメが元のゲームソフトもいくつか置いてあり、こんな田舎にも!とびっくりした覚えがあります。

買うつもりはないのでしばらく店内をうろうろし、彼らがどんなゲームをしているのか背後に立ってちょっと見物してみました。
わははは、なんかやりにくそう。www

よくあるサバイバルゲームっぽい感じのでしたが、背後に立たれて妙に肩に力が入るのか、それともクールにかっこよく決めようと判断力が鈍るのか…。

あんまり邪魔しちゃ悪いのでしばらく平常心を欠いたバトルを見学した後、向かいに座っている少年にニヤっと意味不明の笑顔を投げかけてお店を出ました。

出たとたん、それまで無口に黙り込んでいた彼らがピーチクパーチクしゃべりだしたのが面白かったです。


この町には子供はいないのか!?と思っていたところだったので妙に安心したことが印象的でした。
あ、でもそこは男の子ばっかりだったような?
女の子はどこで何をして遊んでたんでしょうね。

そういえば日本ではよくある子供用の遊具があるような公園も見た覚えがないなぁ。
旅行 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/52-3a679c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。