小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

1980年代のタイムマシン ③ 

まだありましたわ。

こんなのが…。








『ロマンアルバム・エクストラ 52
わが青春のアルカディア MY YOUTH IN ARCADIA-』
昭和57年(1982年) 12月
徳間書店 発行
定価 : 890円
アルカディア1982

ほんの2年で、本の装丁の差でこんなにも保存状態が変わるもんですね。
紙の違いってわかりやすい。





宇宙海賊キャプテンハーロック ←映画のごついハーロックよりも、TV版のひょろ長いハーロックの方がスキだったな…つかやっぱスキだ!

マンガのオリジナル版ハーロックになると、松本零士氏の絵柄色が強すぎるんで、一番スキなのがTVアニメ版のなんですよ。

ちゅーかね、声優の井上真樹夫さんの声がもう、子ども心に惚れてましたです。



Space Pirate Captain Herlock ←とかいって映画版でもやっぱり胸がざわざわと躍ってしまいました(^^;)。音楽付きです。

うっ!この音楽にもこ、心が…!
キャー---!ハーロックゥーー!私も宇宙へ連れて行ってぇえええ(はぁと)






しかし、どうも片目とか黒が似合うとか、アウトローとか孤高の海賊とかもう異様にダイスキなのは何なんだろう(??)

最近話題の映画『ダ・ヴィンチコード』を友人たちと観にいったんですが、その観た映画よりも前宣伝の『パイレーツ・オブ・カリビアン』の2作目(デッドマンズ・チェスト)の方が気になって、気になって(笑)。

いやー、『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカさんと同じ人物(ジョニー・デップ)とは思えませんねぇ。
実は1作目を観てないんですが、うう、孤高の海賊ジャック・スパロウ、ビジュアルが大好きだよ!!
なんとなくルパン三世な性格のような気がするんだが…。



7月に公開されるらしい。楽しみだなっと♪

アニメ *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/74-cadbc999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。