小さなお茶会 ~じるこん堂へようこそ~

匂いの迷路をひげの指すとおり進めば 少々思わぬことに出くわしても辿りつける…らしい。

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

夏休みだヨ! 映画だヨ! ① 

★『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン2



さらば、ジャック・スパロウ





ってさらばじゃないでしょうよ!!



『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式HP
★ついでに『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』公式HP





ああ、もう大嫌いなあのディズニーのオープニングがなければどんなにヨイか…。





でもスキなんだよぅ、ジョニー・デップキャプテン・ジャック・スパロウが。 (くそっ)


観終わった後で、どうもくろん君の体がユラユラ不自然に揺れています。
どしたの?と聞いたら

「キャプテン・ジャ~ック・スパロゥ♪」 (彼はすぐに憑依されやすい)

い、いや、似てないから…。




個人的にはやはり1の『呪われた海賊たち』の方が勢いがあり船長ジャック・スパロウの魅力全開!!って感じですが、今回の2『デッドマンズ・チェスト』でも船長ジャック・スパロウの愛らしさは健在です。(ストーリー上ちょっと弱ってますが)

もう個人的にはウィルとエリザベスの結婚式とか‘靴紐のビル’ことビル・ターナーとウィルの親子愛なんてどうでもいいんですけど、って感じなのですが彼らがゴタゴタしてくれないとジャックがどこへ行っちゃうかわからないんで頑張って活躍して、…って活躍してくれないと困るのよおおおおぉおおおぉおっ!!

キャプテン・ジャック・スパロウ

前作の1「呪われた海賊たち」を予習してご覧になることをオススメいたします。

あと、ジョニー・デップが思わず「設計図を見せてくれ!」と言ったくらい気に入ったというヴードゥー教の予言者ティア・ダルマのお家はじっくり観察しておくとよいでしょう。










<登場人物>
キャプテン・ジャック・スパロウ = ジョニー・デップ
海と自由と酒と女を愛する孤高の海賊。世界一速い海賊船ブラック・パール号の船長。


ウィル・ターナー = オーランド・ブルーム
海賊の血を引く情熱家。幼い頃遭難したところをスワン総督の帆船ドーントレス号に助けられ、ポート・ロイヤルの街で鍛冶職人として生活する傍ら独学で剣術の腕も磨く。総督の令嬢エリザベスとはまだ婚約中。


エリザベス・スワン = キーラ・ナイトレイ
総督の令嬢にして幼少の頃から海賊の生き方にも憧れる男勝りな一面も持つ。前作から3年後という設定の今作では「ウィルに剣術も習ったの」と言う通りなかなか男前な二刀流の腕前も披露する。(めざせアンジョリーナ・ジョリー!?)


ビル・ターナー = ステラン・スカルスゲールド
‘靴ひものビル’の愛称の元ブラック・パール号の海賊。前作でキャプテン・バルボッサに海に沈められるが、デヴィ・ジョーンズの手下になることでまだ死を免れている。



ディヴィ・ジョーンズ = ビル・ナイ
船乗りが最も恐れる深海の悪霊。海で死にかけたモノの前に現れる彷徨える幽霊船フライング・ダッチマン号の船長。「血の契約」を持ちかけ、その契約が果たされなければ海の魔物=クラーケンを自在に操り追い詰める。
彼の心臓は「死者の宝箱」デッドマンズ・チェストに隠されており、今作はこの心臓を巡って東インド貿易会社のベケット卿も絡んでいる。


ジェームズ・ノリントン = ジャック・ダヴェンポート
1作目でエリザベスに求婚していた提督。ジャックを逃がしたことがばれたため、今は軍籍を追われ、トルトゥーガで呑んだくれていてかつての品位は見る影もない。(が、こっちのノリントンの方が男前は上がっていると見た。)


ギブス航海士 = ケヴィン・R・マクナリー
ブラック・パール号ではジャックの右腕。昔イギリス海軍で働いたこともあるラム酒命の船乗り。前作からトルトゥーガでジャックに持ちかけられ海賊船の船員になっている。


スワン総督 = ジョナサン・プライス
カリブ海に点在するイギリス植民地を統治している。エリザベスの父親で娘思いだが、けっこうヘタレである。カツラは権威の象徴であるため大事にしている。


ティア・ダルマ = ナオミ・ハリス
パンタノ河流域に住むヴーデゥー教の予言者。ジャックの昔の恋人。「北を指さないコンパス」(羅針盤)や「持ち運べる陸」などジャックに与える。


ベケット卿 = トム・ホランダー
東インド貿易会社の権力者。ジャックの「北を指さないコンパス」(羅針盤)を奪うためウィルとエリザベスを捕らえる。その意図はいまだ不明。


ラゲッティ = マッケンジー・クルック
右目が義眼の元バルボッサの手下。1作目で呪いが解けて人間に戻った。


ピンテル = リー・アレンバーグ
同じく人間に戻った元バルボッサの手下。ラゲッティとは凸凹コンビ。(ハゲだが愛嬌があるのはナゼ…?)






<スタッフ>
監督 : ゴア・ヴァービンスキー

製作 : ジェリー・ブラッカイマー

製作総指揮 : マイク・スティンチャド・オーマンブルース・ヘンドリクスエリック・マクレオド

脚本 : テッド・エリオット&テリー・ロッシオ

キャラクター原案 : テッド・エリオット&テリー・ロッシオ/スチュアート・ビーティージェイ・ウォルパート

撮影監督 : ダリウス・ウォルスキーA.S.C.

プロダクション・デザイン :リック・ハインリスク

衣装デザイン : ペニー・ローズ

編集 :グレイ・ウッドスティーブン・リフキンA.S.C.

視覚効果&特殊アニメーション : インダストリアル・ライト&マジック

音楽 : ハンス・ジマー

音楽監修 : ボブ・バダミ

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://ilovemannga05.blog39.fc2.com/tb.php/99-66c8aea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。